カロミリス(マノリス) Kalomiris, Manolis

生没年 1883-1962 ギリシャ
辞書順 NML作曲家番号 28406
  • 商品番号:GP748

    GRAND PIANO

    カロミリス(1883-1962)
    ピアノ作品全集 詳細ページ
    [ショーズ]

    KALOMIRIS, M.: Solo Piano Work (Complete) (Chauzu)

    発売日:2017年10月27日 NMLアルバム番号:GP748

    CD 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    オスマン帝国出身、イスタンブール、ウィーン、ウクライナのハリコフを経由して、28歳の時にアテネに定住し、近代ギリシャ音楽の発展に寄与した作曲家カロミリス。“現代ギリシャ音楽の父”と讃えられますが、カロリミス自身はワーグナーとリムスキー=コルサコフを支持していたため、その作品にはロマン派風の響きと、ロシア国民楽派風の豊かな響きが入り混じっています。 ピアノ作品は決して多くありませんが、「バラード」や「狂詩曲」と題された初期の作品は、タイトル通りショパンやリストの影響が強いものの、後期の作品はカロミリスが後半生に熱意を注いだ「ギリシャ民謡研究」の成果ともいえる独特なリズムが用いられた前衛的で独創的なテイストで書かれています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.572451

    NAXOS

    カロミリス(1883-1962)
    狂詩曲、交響詩集 詳細ページ
    [ロシア国立シンフォニック・カペラ/フィデツィス]

    KALOMIRIS, M.: Rhapsodies Nos. 1 and 2 / Lyrics / Minas the Rebel (Russian State Symphonic Cappella, Karlovy Vary Symphony, Fidetzis)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2011年01月12日 NMLアルバム番号:8.572451

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    「ギリシア音楽の父」として称賛される作曲家カロミリス(1883-1962)。もともとはオスマン帝国スミルナ出身、イスタンブールで音楽を学びましたが、ウィーンに留学後はアテネに在住。アテネに国民音楽院を創設し、ギリシア音楽の発展を目指しました。民謡に基づくオペラや交響曲が有名です。ワーグナーとリムスキー=コルサコフを賛美していたといい、自身の作風もドラマティックで重厚なものとなっています。このアルバムには、ピエルネが管弦楽用に編曲した狂詩曲や、朗読を伴う「聖ルークス修道院にて」など6つの作品が収録されています。作品はギリシアの民族音楽のリズムと複雑な対位法を多用した、独特の息の長い旋律線を持つ特異なものばかり。どことなく東洋的な雰囲気も漂わせるという、まさに百花繚乱の世界です。

    収録作曲家: