ドスタル(ニコ) Dostal, Nico

生没年 1895-1981 オーストリア
辞書順 NML作曲家番号 26959
  • 商品番号:ROP-6147

    Rondeau Production

    ドスタル(1895-1981)
    喜歌劇《王妃ネフェティティ》 詳細ページ

    発売日:2018年02月23日

    CD 2枚組 通常価格:3,000円特価!:990円(税込)

    紀元前14世紀、エジプト新王国時代第18王朝のファラオ、アクエアテンの王妃ネフェルティティ。謎めいた王妃であり、「彼女の埋葬室が発見された」というニュースは何度も世界を駆け巡っています。ただし、このドスタルの喜歌劇は考古学に忠実なものではなく、ツアーガイドと歴史学者、泥棒、警備員らが古代エジプトにまつわる陰謀に巻き込まれるというお話。全体がユーモアに満ちた対話とキャッチーなメロディに彩られた楽しい作品ですが、1936年の初演以降は全く演奏されることがなく、この2017年の上演が復活蘇演となります。Rondeau Productionとドイツ放送、バイエルン放送、MDRの共同制作です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:777974

    CPO

    ドスタル(1895-1981)
    喜歌劇「ハンガリーの結婚式」 詳細ページ
    [タルンツォフ/リール/ジステラー/コスタル/シュミディンガー/フランツ・レハール管/ブルケルト]

    発売日:2016年08月26日 NMLアルバム番号:777974-2

    CD 2枚組 通常価格:5,390円特価!:4,400円(税込、送料無料)

    フランツ・レハールの没地であるバート・イシュルで開催されているレハール・フェスティヴァルでは、長年に渡り珍しいオペラ、オペレッタが上演され、作品の普及に努めています。この音楽祭、2015年の演目は、1939年にシュトゥッツガルトで初演されたニコ・ドスタル(1895-1981)の「ハンガリーの結婚式」というレアな作品でした。ドスタルはオーストリア帝室軍楽隊付きの作曲家、ヘルマンの甥で、もともとはウィーン音楽アカデミーで教会音楽を専攻したという人。1946年からオーストリアに在住し、オペレッタやワルツの作曲家、そして編曲者として活躍しました。 物語はカールマン・ミクサートの小説を基にし、ヘルマン・ヘルメッケが台本を制作した、女帝マリア・テレジアがハンガリー女王として君臨していた1750年頃のお話で、農家の若き娘ヤンカと、マリア・テレジアに派遣されたシュテファン伯爵、そして彼の側近アルパード、玉の輿狙いの娘エテルカの恋の騒動が描かれています。ロマンティックな騒動を最後に収めるのは女王マリア・テレジアというところも、当時人気が出た理由でしょう。美しいメロディ満載の見事な作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99173

    Gramola Records

    Leichte Muse - 軽やかな女神
    ツェムリンスキーからガーシュウィンまで
    詳細ページ
    [イルディコ・ライモンディ/ミヒャエル・レスキー/ウィーン・ユンゲ・フィルハーモニー管弦楽団]

    Vocal and Orchestral Music - GERSHWIN, G. / LEHÁR, F. / ZEMLINSKY, A. (Leichte Muse) (Raimondi, Junge Philharmonie Wien, Lessky)

    発売日:2018年11月16日 NMLアルバム番号:Gramola99173

    CD 通常価格:2,838円特価!:2,320円(税込)

    ウィーンを中心に活躍するソプラノ、イルディコ・ライモンディが歌う20世紀初頭のウィーンで流行した歌曲とアリアを中心に収録した楽しい音楽集。十二音音楽の探求で知られるシェーンベルクの別の一面が垣間見える“キャバレー・ソング”ブレットル歌曲集をはじめ、ツェムリンスキーの世界初録音を含む一連の歌曲と管弦楽曲、ドスタルとレハールのオペレッタからのアリア。そして最後に置かれているのがガーシュウィンです。「シュトラウスの曲で」は当時大流行していたヨハン・シュトラウスの曲をモティーフに書かれた洒落た歌。「ストライク・アップ・ザ・バンド」はおなじみのノリの良い曲です。 ライモンディは20世紀の近代歌曲を得意とするソプラノ歌手で、このアルバムに収録されたレパートリーは彼女の十八番と言える曲ばかりです。オーストリアの17歳から27歳までの若手奏者によるエリート集団「ウィーン・ユンゲ・フィルハーモニー管弦楽団」の絶妙な伴奏も聴きどころ。

  • 商品番号:SWR19038CD

    SWR Klassik

    フリッツ・ヴンダーリヒ
    オペレッタ・アリアを歌う
    詳細ページ
    [オリジナル・SWR・テープス・リマスタード 1954-1965]

    Operetta Arias - LEHÁR, F. / KÁLMÁN, E. / FALL, L. / STOLZ, R. (Wunderlich) (Original SWR Tapes Remastered, 1954-1965)

    発売日:2017年10月20日 NMLアルバム番号:SWR19038CD

    CD 2枚組 通常価格:2,750円特価!:2,240円(税込)

    35歳という若さで、テノール歌手ヴンダーリヒが突然この世を去ってから既に50年以上経過していますが、彼の美しい声と素晴らしい歌唱は現代でも忘れられることはありません。バッハ、モーツァルトでの上品な歌唱も定評がありましたが、何よりヴンダーリヒと同世代に流行していた数々のオペレッタの歌唱は、ヴンダーリヒの魅力を余すことなく伝えています。 このアルバムには、ヴンダーリヒよりも早くからオペレッタを熱心に歌っていたテノール歌手、リヒャルト・タウバーが作曲した《DER SINGENDE TRAUM - 謳う夢》からのアリアも含まれています。 SWR所蔵のオリジナル・テープからデジタル・リマスタリングを行っています。