ダムロッシュ(レオポルド) Damrosch, Leopold

生没年 1832-1885
辞書順 NML作曲家番号 243732
  • 商品番号:TOCC-261

    Toccata Classics

    ダムロッシュ(1832-1885)
    管弦楽作品集 詳細ページ
    [アズーサ・パシフィック大学響/ラッセル]

    DAMROSCH, L.: Festival Overture / Symphony in A Major / SCHUBERT, F.: Marche Militaire (arr. L. Damrosch) (Azusa Pacific University Symphony, Russell)

    発売日:2015年10月28日 NMLアルバム番号:TOCC0261

    CD 通常価格:3,080円特価!:2,600円(税込)

    このアルバムの作曲家レオポルド・ダムロッシュ(1832-1885)は、プロイセンで生まれ、ヴァイオリンを学び目覚しい才能を発揮するものの、音楽家になることを両親に反対され、ベルリン音楽大学で医学を学び、1854年に医学博士号を取得します。しかし、その類い稀なる才能をフランツ・リストに認められたため、結局は音楽家になることを決意します。その後はブレスラウ(現ポーランド領)にオーケストラを設立し、指揮者としてこの地で活躍しますが、1871年にアメリカに移住、ニューヨークにも重要な音楽機関(オラトリオ協会)を設立し、バッハやヘンデルなどのバロック作品を演奏、またメトロポリタン歌劇場でも指揮をするなど目覚しい活動をしたのです。 そんな彼自身の作品からは、当時の例に漏れずワーグナーやブラームスの影響も感じられますが、なんと言ってもオーケストレーションの見事さは特筆すべき点と言えるでしょう。交響曲の第3楽章に置かれた悲痛な「葬送行進曲」が耳に残ります。また、シューベルトの「軍隊行進曲」オーケストラ版は彼のお気に入りのアンコールピースでした。