オブライエン(チャールズ) O'Brien, Charles

生没年 1882-1968 イギリス
辞書順 NML作曲家番号 224510
  • 商品番号:TOCC-464

    Toccata Classics

    オブライエン(1882-1968)
    〈室内楽作品全集 第1集〉
    ピアノ三重奏のためのソナタ 第1番・第2番
    ピアノ三重奏のための2つのワルツ 詳細ページ
    [カルニッツ/ヴォルポフ/ポリャンスキー]

    O'BRIEN, C.: Chamber Music (Complete), Vol. 1 (Kalnits, Volpov, Poliansky)

    発売日:2018年04月27日 NMLアルバム番号:TOCC0464

    CD 価格:1,950円(税込)

    英国イーストボーンで生まれ、エディンバラに移住。スコットランドの旋律を縦横に駆使した美しい作品を残したオブライエンの室内楽作品集。既にリリースされている管弦楽作品集とピアノ曲集に続く全集録音です。 2曲のピアノ三重奏曲は、明朗な管弦楽作品に比べると内省的で荘厳な雰囲気を宿しており、ブラームスとエルガーの影響も感じられます。それに比べ“2つのワルツ”はリラックスした曲想の中に陰影ある響きを組み合わせた郷愁溢れる作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-299

    Toccata Classics

    オブライエン(1882-1968)
    〈管弦楽作品全集 第3集〉
    エランゴワン演奏会用序曲 Op.10
    ユモレスク組曲 Op.8
    ワルツ組曲 Op.26 詳細ページ
    [リエパーヤ響/マン]

    O'BRIEN, C.: Orchestral Music (Complete), Vol. 3 (Liepaja Symphony, Mann)

    発売日:2017年03月24日 NMLアルバム番号:TOCC0299

    CD 価格:1,950円(税込)

    エディンバラ出身の作曲家、チャールズ・オブライエン。管弦楽作品集第3集となるこのアルバムでは、第1集にも収録された「エランゴワン」序曲の別ヴァージョンで幕を開けます。彼が愛したウォルター・スコットの小説「ガイ・マナリング」に楽想を得たこの作品。開始部分や、主旋律の素材は第1集のOp.12とほぼ変わりませんが、こちらの方が4分ほど短く、また全体の印象がどことなく違います。細部のこだわりの違いを探すのも聞き比べの楽しさでしょう。他の2つの曲集「ワルツ組曲」と「ユモレスク組曲」はどちらも自然の美しさを賛美した曲で、とりわけ「ワルツ組曲」での優美さが印象的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-263

    Toccata Classics

    オブライエン(1882-1968)
    〈管弦楽作品集 第2集〉 詳細ページ
    [リエパーヤ響/マン]

    O'BRIEN, C.: Orchestral Music (Complete), Vol. 2 - To Spring / The Minstrel's Curse / Mazurka / Berceuse / Scottish Scenes (Liepaja Symphony, P. Mann)

    発売日:2016年05月25日 NMLアルバム番号:TOCC0263

    CD 価格:2,600円(税込)

    第1集(TOCC0263)も好評だった、エジンバラの作曲家、チャールズ・オブライエン(1882-1968)の管弦楽作品集の第2集。このアルバムに収録されているのは、数々の交響詩と序曲です。シューマン風の趣きを持つ演奏会用序曲「春へ」と、リスト風の荒々しさを持つ「吟遊詩人の呪い」、これらは交響詩と呼んでも差し支えないほどの充実した内容を持っています。 そして軽妙な2つの小品「マズルカ」と「子守歌」をはさみ、オブライエンの本領発揮とも言える組曲「スコットランドの情景」が続きます。哀歌に始まり、色彩豊かな舞踏のコントラストのはっきりしたこの作品は、時折エルガーを思わせる雄大な雰囲気を持っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-257

    Toccata Classics

    オブライエン(1882-1968)
    ピアノ作品全集 第2集 詳細ページ
    [メイリー=スミス]

    O'BRIEN, C.: Piano Music (Complete), Vol. 2 (Mailley-Smith)

    発売日:2016年02月24日 NMLアルバム番号:TOCC0257

    CD 価格:2,438円(税込)

    第1集(TOCC-257)の抒情的な雰囲気が聴き手の心を捉えたオブライエン(1882-1968)のピアノ曲集第2集です。現在ではほとんど忘れられてしまった人ですが、エディンバラの風景が溶け込む彼の音楽は、どれも静かな佇まいの中に強い憧憬と主張があるもので、一度聴いたら忘れられない魅力を持っています。 今回もメイリー=スミスの共感溢れる演奏で。冒頭の「狂詩曲」からグイグイきます。控えめなワルツ第1番、彼の孫のために書かれた3つのワルツなど、ユニークで興味深い曲ばかり。Toccataレーベルから発売されている管弦楽作品集(TOCC-262)も一聴の価値あるものです。もっと広く聴かれてもよい人です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-256

    Toccata Classics

    オブライエン(1882-1968)
    ピアノ作品全集 第1集 詳細ページ
    [メイリー=スミス]

    O'BRIEN, C.: Piano Music (Complete), Vol. 1 (Mailley-Smith)

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2014年09月24日 NMLアルバム番号:TOCC0256

    CD 価格:2,438円(税込)

    スコットランドの作曲家、チャールズ・オブライエン(1882-1968)の魅力的な旋律は、彼が住んでいたエディンバラの風景が反映されています。トロンボーン奏者だった父を始め、彼の家系には音楽家が多く、彼も自然に音楽を愛するようになりました。数多くの作品を残しましたが、現在ではそのほとんどが忘れ去られてしまっています。しかし最近、復興の兆しが見えており、このアルバムの他にも、管弦楽作品の録音が進行しているなど、この静かで美しい作品に注目する人が増えています。ピアニスト、メイリー=スミスは2011年にロイヤル・フィルハーモニーと「皇帝」を演奏してデビューした新進気鋭の若手。すでに何枚かのCDをリリースしていて、どれもが絶賛されています。ここでも共感溢れる瑞々しい音楽を聴く事ができます。

    収録作曲家: