ランゴー(ルーズ) Langgaard, Rued

生没年 1893-1952 デンマーク
辞書順 NML作曲家番号 21851
  • 商品番号:SSM1023

    Seattle Symphony Media

    ランゴー(1893-1952)
    アンチクリスト - 前奏曲
    R.シュトラウス(1864-1949)
    アルプス交響曲 詳細ページ
    [トーマス・ダウスゴー(指揮)/シアトル交響楽団]

    LANGGAARD, R.: Antikrist Prelude / STRAUSS, R.: An Alpine Symphony (Seattle Symphony, Dausgaard)

    発売日:2019年10月25日 NMLアルバム番号:SSM1023

    CD 通常価格:2,384円特価!:1,950円(税込)

    2018/19年シーズンよりシアトル交響楽団の音楽監督を務めるデンマークの指揮者トーマス・ダウスゴーによる興味深い選曲が冴える1枚。 《アンチクリスト=反キリスト者》をテーマにしたアルバムの冒頭に収録されたランゴーの作品は、タイトルそのままのオペラであり、6つの場面、それぞれにキリストの教えに反する者が登場して信条を歌うという内容。今回ダウスゴーは前奏曲のみを取り上げていますが、原典版の世界初演であることに注目。また、宗教とはまるで関係のなさそうなシュトラウスの「アルプス交響曲」は、構想段階でニーチェの「アンチクリスト」からの影響を受けているといわれています。 ダウスゴーは、オーケストラの性能を存分に引き出し、全編にわたり華麗な音を紡ぎ出しており、ベナロヤ・ホールに響き渡る音を丹念に捉えた録音も聴きどころ。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.226131

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    ヴァイオリンとピアノのための作品全集 第2集 詳細ページ
    [ゴンヴォ・シーム/ベーリト・ヨハンセン・タンゲ/ペル・サーロ/トーマス・セナゴー/デンマーク国立交響楽団]

    LANGGAARD, R.: Violin and Piano Works (Complete), Vol. 2 (Sihm, Tange, Salo, Danish National Radio Symphony, Søndergård)

    発売日:2018年12月21日 NMLアルバム番号:8.226131

    CD 通常価格:2,838円特価!:2,320円(税込)

    後期ロマン派の作曲家ランゴーのヴァイオリン作品全集第2集。2曲の世界初録音を含む3つの作品が収録されています。1915年に書かれたヴァイオリン・ソナタ第1番は、若きランゴーの思いがほとばしるかのような情熱的な楽想に満たされたロマンティックな作品。1918年に初演されたものの、出来栄えに満足できなかったランゴーは作品を封印、その後は演奏されることがありませんでした。しかし彼は決してこの曲を見捨てたのではなく、1945年になって改訂を加え現在の形にしています。その際、フランス語の「Viole=ヴィオラ・ダ・ガンバ」がタイトルに付されましたが、これは恐らく辞書の誤りで、ランゴー自身は「ヴィオラ」の音色を想定していたと考えられています。 「アンダンテ・レリジオーソ」はランゴーの最後のヴァイオリン作品。またオルガンとオーケストラを必要とする「日曜日のソナタ」は予測不能な展開を持つユニークな曲。ヴァイオリンとピアノは途中で姿を消し、最終楽章ではオルガンとオーケストラのみが混沌とした世界の終末を描き出します。現代社会へのランゴーの怒りが込められているという最後のオーケストラの激しい一撃が極めて印象的な作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.226130

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    〈ヴァイオリンとピアノのための作品全集 第1集〉
    下劣な者をひねりつぶせ
    ヴァイオリン・ソナタ 第4番 詳細ページ
    [シーム/タンゲ]

    LANGGAARD, R.: Violin and Piano Works (Complete), Vol. 1 - Écrasez l'infâme / Violin Sonata No. 4 (Sihm, Tange)

    発売日:2017年11月29日 NMLアルバム番号:8.226130

    CD 通常価格:2,838円特価!:2,320円(税込)

    音楽家の両親の下に生まれ、幼いころから才能を発揮したランゴー。11歳でオルガニストとしてデビューし、同時に作曲も学び始め、14歳で作曲家として正式デビューを果たしました。21歳の時に父親を亡くし、オルガニストを志望しますが、なかなか受け入れ先がなく、教会オルガニストの職を得たのはようやく46歳になってからでした。 生涯に400曲以上の作品を残し、そのほとんどが大規模な管弦楽作品ですが、晩年になって突然、何曲かのヴァイオリン作品をまとめて作曲したことでも知られています。DACAPOではその全曲を3枚のアルバムとしてリリースします。 第1集では、未完に終わったソナタ(世界初録音)を含む4作品を収録。なかでも、最も有名なヴォルテールの言葉からタイトルを引用した「Ecrasez l'nfame-下劣な者をひねりつぶせ」はまさに戦いの叫びをあげるかのような激しいヴァイオリンのフレーズが印象的。全編攻撃的でありながらも、最後に瞬時希望も提示され、未解決のまま曲を閉じます。他の曲も後期ロマン派の雰囲気を色濃く示しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:6.220631

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    ピアノ作品集 第3集 詳細ページ
    [タンゲ]

    LANGGAARD, R.: Piano Works, Vol. 3 (Tange)

    発売日:2017年06月30日 NMLアルバム番号:6.220631

    CD 通常価格:2,838円特価!:2,320円(税込)

    後期ロマン派に属するデンマークの作曲家、オルガニスト、ルーズ・ランゴーの作品集。20世紀初頭のデンマークにおける同世代の作曲家に比べると、かなり前衛的な作品を書き、各々の曲の特異なタイトルでも知られる人です。 このピアノ作品集第3集でも世界初録音を3曲含む興味深い作品を聴くことができますが、なかでも「昆虫館」がユニーク。昆虫たちがゾクゾクするほどの精緻な描写で音にされた組曲です。作曲されたのは1917年ですが、一部でピアノの内部奏法が用いられていたりと、時代を先取りした作品です。 シリーズを通じて演奏しているのはデンマークのピアニスト、ベーリト・ヨハンセン・タンゲ。ランゴーのオーソリティです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.226119

    DACAPO

    ゲーゼ/ランゲ=ミュラー/ランゴー:
    デンマークのロマンティック・ピアノ三重奏曲集 詳細ページ
    [デンマーク・ピアノ三重奏団]

    Chamber Music - GADE, N.W. / LANGE-MÜLLER, P.E. / LANGGAARD, R. (Danish Romantic Piano Trios) (Danish Piano Trio)

    発売日:2016年04月27日 NMLアルバム番号:8.226119

    CD 通常価格:2,310円特価!:1,936円(税込)

    中央ヨーロッパでは広く愛されていた「ピアノ三重奏曲」というジャンルは、実はデンマークではそれほど長い歴史を持っているわけではありません。ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンが数多くの作品を書いていたのに、デンマークではそれらは全く手付かずでした。ようやく19世紀の半ばになって、何人かの作曲家たちが「ピアノ三重奏曲」を書くようになったのですが、例えばシューマンやメンデルスゾーンに傾倒していたゲーゼの作品はドイツ風であり、なかなか北欧独自の響きを獲得するまでには至らなかったようです。しかしランゲ=ミュラーの三重奏曲には明らかに北欧の民謡が使われるなど、独自の作品が生まれていくようになります。 そんなデンマークの現代の三重奏曲を聞いてみたければアルバム「5つの現代ピアノ三重奏曲集」(8.226583)もあわせてどうぞ。

  • 商品番号:2.110409BD

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    音楽劇「アンチキリスト」 詳細ページ

    LANGGAARD, R.: Antikrist (Royal Danish Opera, 2002) (Blu-ray, HD)

    発売日:2015年12月23日

    Blu-ray日本語字幕なし 通常価格:4,620円特価!:3,648円(税込、送料無料)

    作曲家ルース・ランゴー(1893-1952)がこの「世界の終わり」についての歌劇を書こうと思い立ったのは、1921年、彼が弱冠27歳の時でした。若い作曲家は自身のメッセージを音楽で完璧に伝えることができると確信していたに違いありません。彼はそのために様々な資料を集め台本を書き「悪の視点によるキリストの受難曲」としての作品を書き上げたのです。 しかしデンマーク王立劇場に提出されたこの作品は、「台本に曖昧性が高い」と拒否され、別の台本を調達することができるのなら上演を考慮しようと言われてしまいました。何度か書き直しをしたもののの、その2年後に結局のところ劇場からは上演を拒否されてしまうのです。1936年、ランゴーはこのオペラに再度手を加え、原曲のかなりの部分を省略し、最終的にはオペラではなく「オラトリオ」のような形に落ち着きました。各々の登場人物が一人ずつ登場し、彼らは決して一緒に歌うことはなく、あくまでも単独で主張します。 ここに付けられた音楽はまるでリヒャルト・シュトラウスを思わせる重厚な後期ロマン派の響きを持つもので、全体的に不可思議な活気に満ちています。ダウスゴーをはじめとした名手たちによる演奏で、知られざる作品をぜひ味わってみてください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:6.220576

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    弦楽四重奏曲集 第2集
    ばら園での遊び
    弦楽四重奏曲 第4番「夏の日々」 詳細ページ
    [ナイチンゲール弦楽四重奏団]

    LANGGAARD, R.: String Quartets, Vol. 2 (Nightingale String Quartet)

    ■室内楽

    発売日:2014年02月19日 NMLアルバム番号:6.220576

    SACD-Hybrid 通常価格:2,640円特価!:2,120円(税込)

    ランゴー(1893-1952)の多彩な弦楽四重奏曲の全てを知るためのシリーズ第2集。世界初録音となる「ばら園での遊び」のばら園とは、彼が20歳の時の夏休みに、両親とともに保養に出かけたスウェーデンの温泉地、ブレーキンデの家の名前で、ここに2か月間ほど滞在したランゴーは、この時の良い体験を生涯忘れることがありませんでした。この作品全編に漂う甘い回想、そして「モーツァルト」と題された第2楽章は偉大なる作曲家を模倣するとともに、以降の作品に使われるモティーフの萌芽が認められる興味深いものとなっています。他の2曲も、若い作曲家のなみなみならぬ意志が感じられる力強くしなやかな仕上がりとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:6.220535

    DACAPO

    ランゴー(1893-1952)
    天体の音楽 詳細ページ
    [デンマーク国立響/ダウスゴー]

    LANGGAARD, R.: Music of the Spheres (Dausgaard)

    ■現代音楽

    発売日:2010年10月27日 NMLアルバム番号:6.220535

    SACD 通常価格:2,640円特価!:2,120円(税込)

    このランゴーの「天体の音楽」は、珍しい曲として紹介される機会は多いのですが、上演が困難なせいか、なかなか聴く機会に恵まれない作品として知られています。トーン・クラスターや、ピアノの弦をはじくなどの前衛的な手法が使われているせいもあり、「ものすごく神秘的な作品」として知られてしまっていますが、実際に聴いてみると、とても静かで壮麗な曲。前衛的な手法も奇をてらったものではなく、「どうしてもその音が必要だったから」その技法を用いただけだということがおわかりいただけることでしょう。ソプラノや合唱が入ってくる部分はホルストやマーラーすら思わせる深淵なものです。ランゴー独特の宗教観、死生観が反映された作品群、素晴らしい演奏と録音でお楽しみください。

    収録作曲家: