ファッチョ(フランコ) Faccio, Franco

生没年 1840-1891
辞書順 NML作曲家番号 215410
  • 商品番号:8.660454

    NAXOS

    ファッチョ(1840-1891)
    歌劇《アムレット(ハムレット)詳細ページ
    [パーヴェル・チェルノフ(テノール)/クラウディオ・スグラ(バリトン)/ユリア・マリア・ダン(ソプラノ) 他/パオロ・カリニャーニ(指揮)/ウィーン交響楽団/プラハ・フィルハーモニー合唱団]

    FACCIO, F.: Amleto (Hamlet) [Opera] (Černoch, J.M. Dan, Sgura, Kaiser, Prague Philharmonic Chorus, Vienna Symphony, Carignani)

    発売日:2019年08月30日 NMLアルバム番号:8.660454-55

    CD 2枚組 通常価格:2,640円特価!:2,400円(税込)

    1881年、ミラノ・スカラ座でボーイトの台本を用いたヴェルディのオペラ《オテッロ》が初演された際、指揮を執ったのはボーイトの親友であるフランコ・ファッチョでした。彼は当時様々な理由で停滞していたヴェルディの創作意欲に火を付け、ボーイトとヴェルディの間を取り持つことで《オテッロ》の完成における立役者となったことでも知られています。 ファッチョ自身も優れた作曲家であり、この《アムレット》も同じくボーイトの台本に拠って書かれた歌劇。どちらもシェークスピアの戯曲を原作としているあたりに、ボーイトの挑戦的な試み…“新しいドラマ性の追求”が感じられます。この歌劇、1865年の初演時は成功を収めましたが、1871年の再演時、主役を歌ったテノールが病気のために思うように声を出せず上演は失敗。その後は歌劇自体が忘れられてしまいましたが、最近になって再評価され、上演も増えつつあります。2016年ブレゲンツ音楽祭でのライヴ収録。

    収録作曲家: