ビンダー(カール) Binder, Carl

生没年 1816-1860
辞書順 NML作曲家番号 19687
  • 商品番号:555301

    CPO

    オッフェンバック(1819-1880)
    歌劇《天国と地獄(地獄のオルフェ)》より
    交響的音楽とバレエ 詳細ページ
    [ハワード・グリフィス(指揮)/ベルリン=ドイツ交響楽団]

    OFFENBACH, J.: Musique symphonique et ballets d'Orphée aux enfers (Deutsches Symphonie-Orchester Berlin, Griffiths)

    発売日:2019年09月27日 NMLアルバム番号:555301-2

    CD 価格:2,640円(税込)

    生誕200年記念! オッフェンバックの新発見作品収録!《地獄のオルフェ(天国と地獄)》は、当時流行していたグルックの「オルフェオとエウリディーチェ」をパロディ化したオッフェンバック初の成功作となったオペレッタ。神話を題材にしながら、鋭い社会風刺が仕込まれており、大人気となったものの、批判も数多く生まれ、世論は大炎上しました。それを知ったオッフェンバックは作品に何回かの改訂を施し、更に論争の火に油を注いだことで知られています。 このアルバムにはオーケストラ曲とバレエ曲が収録されていますが、中でも「ネプチューンの王宮」は最近になって発見された曲。古い書庫に大切にしまわれていたというこの未知の曲も含め、オーケストラ・ピースを得意とするグリフィスとベルリン=ドイツ交響楽団が魅惑的な演奏を繰り広げます。