サバネーエフ(レオニード) Sabaneyev, Leonid

生没年 1881-1968
辞書順 NML作曲家番号 160030
  • 商品番号:TOCC-308

    Toccata Classics

    サバネーエフ(1881-1968)
    〈ピアノ作品集 第1集〉
    ピアノ・ソナタ「スクリャービンの思い出」Op.15
    前奏曲集 詳細ページ
    [パウエル]

    SABANEYEV, L.: Piano Music, Vol. 1 (J. Powell)

    発売日:2016年03月30日 NMLアルバム番号:TOCC0308

    CD 価格:2,600円(税込)

    ロシアの大地主レオニード・パヴロヴィチ・サバネーエフ(1844-1898)は、自然学者として広く知られていました。彼が書いた「ロシアの魚-淡水魚の生活と捕獲」(1875)は最も広く読まれた本でもあります。 作曲家や音楽評論家として知られるその息子のレオニード・レオニードヴィチ・サバネーエフ(1881-1968)は、スクリャービンの親友であり、その作品を擁護した人でもあります。そんな彼の作品は、この第1集に収録された小品などからも、間違いなくスクリャービンの影響が強く読み取れます。そして音の響きについても独自の考えを持っていて「オクターブを53に分割する」という説を主張するなど、興味深い論文も書いています。どの曲も憂鬱さの中に力強さが感じられる、神秘的な雰囲気が魅力的です。

    収録作曲家: