ビャルナソン(ダニエル)

生没年 1980- アイスランド
辞書順 NML作曲家番号 151322
  • 商品番号:DSL-92232

    Hardy Classics

    South of the Circle
    現代北欧の弦楽四重奏曲集 詳細ページ
    [シッギ弦楽四重奏団]

    Chamber Music (String Quartet) - BJARNASON, D. / RAGNARSDÓTTIR, M.D. / SIGURÐSSON, V. / SVEINBJARNARDÓTTIR, U. (South of the Circle) (Siggi Quartet)

    発売日:2019年09月27日 NMLアルバム番号:DSL-92232

    CD 通常価格:2,750円特価!:2,240円(税込)

    2012年、レイキャビクで開催された「ヤング・スカンジナビア・コンポーザー・フェスティヴァル」でデビューしたシッギ弦楽四重奏団は、現代の作曲家と積極的にコラボレーションし、多くの委嘱作を初演しています。彼らはルネサンスから古典派、ロマン派の作品も演奏しますが、何より20世紀から21世紀のレパートリーに情熱を傾けており、即興演奏やエレクトロニクスなども取り入れた実験的な演奏にも力を注いでいます。 このアルバムに収録された5人の作曲家の作品は、彼らにとってまさに腕の見せ所といったもので、シャコンヌの形式を模した「Stillshot」、断片的な旋律を残しながら混沌の中にに沈んでいく旋律でアイスランドの野に咲く花を描いた「Fair Flowers」、ミニマル要素の強いスヴェインビャルナルドッティルの「Ōpacity」、アルバム中では最も旋律的なジーグルトソンの「ネブラスカ」、緊張感溢れる「セリモニア」のどれもが主張の強い音楽です。

  • 商品番号:DSL-92213

    Dorian Sono Luminus

    RECURRENCE 詳細ページ [アイスランド響/ビャルナソン]

    Orchestral Music - JÓNSDÓTTIR, T. / VILMARSSON, H.A. / THORVALDSDÓTTIR, A. (Recurrence - ISO Project, Vol. 1) (Iceland Symphony, Bjarnason)

    発売日:2017年11月24日 NMLアルバム番号:DSL-92213

    CD+Blu-ray Audio 通常価格:3,135円特価!:2,560円(税込)

    アイスランドを代表するオーケストラ「アイスランド交響楽団」は、1950年の創設以来、長きに渡って国の文化を支えていました。2008年に来日も予定されていましたが、残念なことに金融危機のあおりを受け、直前に中止となり日本のファンを落胆させたことでも知られています。現在オーケストラのアーティスト・イン・レジデンスを務めるビャルナソンは、指揮者、作曲家、指導者として様々な役割を果たすとともに、自作を含む現代音楽を意欲的に取り上げ、コンサート、録音の両面で広く称賛されています。 このアルバムでも彼自身の作品の他に、アイスランドで名高い女性作曲家ソルヴァルドスドッティルの想像力を刺激する作品や、ロックバンドのメンバーとしても知られるヴィルマーソン、電子音楽とアコースティックの響きの境界を探るヨンスドッティルの作品など、実験的な作品が並んでいます。

  • 商品番号:DSL-92214

    Dorian Sono Luminus

    BEYOND 詳細ページ [ロサンゼルス・パーカッション・クァルテット]

    BJARNASON, D.: Qui tollis / CERRONE, C.: Memory Palace / MCINTOSH, A.: I Hold the Lion's Paw (Beyond) (Los Angeles Percussion Quartet)

    発売日:2017年11月24日 NMLアルバム番号:DSL-92214

    2CD+Blu-ray Audio 通常価格:6,655円特価!:5,440円(税込、送料無料)

    人種の坩堝でもあるロサンゼルス。あらゆる野心や創造的な夢がうずまく都市です。ここで活躍するロサンゼルス・パーカッション・クァルテットは、これまでにも意欲的なアルバムをリリースしてきましたが、今作でも5人の作曲家による独創的な作品を演奏しています。 ビャルナソンの「Qui Tollis=世の罪を除きたもう主よ」は爆発的なバスドラムの唸りが印象的な作品。自然の風景を音に取り込むのが巧みなソルヴァルドスドッティルの「アウラ」は砂の嵐と風のチャイム。マッキントッシュの「I Hold the Lion's Paw=私はライオンの足を握る」では長編小説のように劇的に音が変化していきます。郷愁たっぷりのギターの旋律が印象的なセローンの「メモリー・パレス」、メタリックな響きがまるで宝石の輝きのようなライドの「フィア=リリース」と、普段耳にすることのない珍しい音響が、高音質で迫力たっぷりに迫ります。