A.V.チャイコフスキー(アレクサンドル・ウラディミロヴィチ) Tchaikovsky, Alexander Vladimirovich

生没年 1946- ロシア
辞書順 NML作曲家番号 144123
  • 商品番号:MEL1002497

    Melodiya

    A.チャイコフスキー(1946-)作品集
    シンプル・トーンによるエチュード 詳細ページ

    発売日:2017年07月21日

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    ボリス・チャイコフスキーの甥であるアレクサンドル・チャイコフスキー(ピョートル・イリイチとは血縁関係なし)。彼は現代ロシアで最も著名な作曲家の一人であり、ユーリ・バシュメットとの音楽的協力でも知られています。 このアルバムには2曲の協奏曲を収録。1993年に初演された「シンプル・トーンによるエチュード」は、バシュメットに献呈された作品で、ロマン派、印象主義、ジャズ、ミニマリズム、ロックンロールに至るまでの様々な時代のイディオムが使われています。「2台のピアノと管弦楽のための協奏曲」はネイガウス門下のアレクサンドル・スロボジャニクと彼の息子のために書かれた作品。最初は独奏ピアノの協奏曲でしたが、初演の終了後に第2ピアノのパートが付け加えられたもので、このヴァージョンでの初演ではチャイコフスキーはこのパートを演奏したということです。 2曲を指揮するのはマリス・ヤンソンス。以前もBR KLASSIKに「交響曲第4番」(900107)を録音するなど、アレクサンドル・チャイコフスキーを愛奏しており、この録音でも共感に満ちた素晴らしい演奏を披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:900107

    BR KLASSIK

    ルトスワフスキ、シマノフスキ、
    A.チャイコフスキー(1946-)

    管弦楽作品集 詳細ページ
    [バイエルン放送響/ヤンソンス]

    LUTOSLAWSKI, W.: Concerto for Orchestra / SZYMANOWSKI, K.: Symphony No. 3 / TCHAIKOVSKY, A.: Symphony No. 4 (Bavarian Radio Symphony, Jansons)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2011年06月08日 NMLアルバム番号:900107

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,224円(税込)

    バイエルン放送交響楽団の最新リリースは、ヤンソンスが深く思いを寄せているという3つの作品です。どの作品も色彩感に溢れ、エキゾチックであるとともに、平和への思いも込められています。ルトスワフスキの「管弦楽のための協奏曲」はポーランドの民謡をベースとしながら、作曲家が全く新しいアプローチによって、アバンギャルドな佇まいを持たせた興味深い曲。バルトークからの影響も感じられるオケ好きにはたまらない逸品です。シマノフスキの「交響曲第3番」は合唱、テノール独唱、ヴァイオリン独奏を伴う大掛かりな曲。13世紀のペルシャの神秘的な詩が用いられ、独特の和声と、炸裂する音響が入り乱れた20世紀初期の名作の一つです。アレクサンダー・チャイコフスキーは、あの有名な「チャイコフスキーたち」とは関連ありません。1946年にモスクワで生まれ、1972年までモスクワのコンセルヴァトワリーでナウモフにピアノ、フレンニコフに作曲を学びました。作風は新古典主義であり、主にピアノ曲を書いていましたが、最近はこのような管弦楽作品も多く手掛けています。この交響曲第4番は合唱とヴィオラ・ソロを伴う作品。名ヴィオラ奏者ユーリ・バシュメットの依頼により、ヴィオラ・パートにより重要性を付加したというもので、コラールのパッセージに深い思いが込められている「平和への祈りの音楽」です。

  • 商品番号:MEL1002557

    Melodiya

    現代ロシアの合唱作品の系図 Vol.1 詳細ページ [エフゲニア・クリヴィツカヤ (オルガン)、エカテリーナ・メヘチナ (ピアノ)、アンドレイ・ヴィンニツキー (打楽器)、マリヤ・チェルマキナ (ソプラノ)、ミハイル・コテルニコフ (テノール)、アレクサンドル・ソロヴィエフ (指揮)、モスクワ音楽院室内合唱団]

    Choral Music - SHCHEDRIN, R.K. / CHALAYEV, S.R. (Anthology of Contemporary Choral Music by Russian Composers, Vol. 1) (Soloviev)

    発売日:2019年01月18日 NMLアルバム番号:MELCD1002557

    CD 通常価格:2,838円特価!:2,320円(税込)

    2012年から2017年まで、モスクワ音楽院の各ホールで行われた同音楽院室内合唱団の演奏会より、主に宗教的あるいは教訓的なものを中心に、現代ロシア合唱界で重要な作品ばかりを集めたアルバム。 合唱のレパートリー拡大に努め、指導者としてこの合唱団を大きく育てたボリス・テヴリンが2012年に世を去ったのち、その教え子であったアレクサンドル・ソロヴィエフが師の遺志を継いで、同時代の作曲家たちの作品を積極的に取り上げていきました。彼らの活動の集大成として音楽院とメロディア・レーベルが共同企画し、ロシア作曲家協会の全面的サポートを得て、これまでにない規模で制作されるロシア現代合唱作品アンソロジーの第1弾です。