マニア(ポール)

生没年 -
辞書順 NML作曲家番号 11493
  • 商品番号:OC850

    Oehms Classics

    ブリタニック・オルガン 第11集
    ヴェルテのイギリス人オルガニストと
    ドイツ人オルガニスト - 即興演奏集
    詳細ページ

    BRITANNIC ORGAN (THE), Vol. 11 - Rare Historic Welte Rolls played on the Britannic Organ, Improvisations by British and German Organists

    発売日:2016年01月27日 NMLアルバム番号:OC850

    CD 2枚組 通常価格:3,960円特価!:3,184円(税込、送料無料)

    「ブリタニックのオルガン」第11集は、イギリスとドイツのオルガニストたちによる即興演奏を収録したものです。オルガンの即興演奏は、バッハ以前の時代から聴衆たちを魅了してきたもので、まさにオルガニストたちの腕のみせどころであり、技術と音楽性を問うものでした。しかし演奏家と作曲家が分業になり始めた20世紀頃になると、即興演奏の意義が少しずつ変化しているのかもしれません。この2枚組に収録されているオルガニストたちの妙技を聞いてみてください。一つの主題から数多くの楽想が溢れ出し、融け合い雄大な世界が創られていくのがわかるはずです。 このヴェルテの自動オルガンのロールには、現在では名前すら残っていない作曲家たちの作品が多く残されており、当時、いかに多くの作曲家やオルガニストたちが活躍していたのかを再確認することができるものでもあるのです。1909年から1912年、まだ現代のように録音技術が発展しておらず、オルガンの音を記録するためには、このヴェルテのシステムがうってつけでした。年を追うごとに多くのオルガニストがロールに演奏を記録し、1920年代には一大ムーヴメントになったのです。100年の時を経た今でも、彼らの演奏は全く色褪せることなく、数多くのロールは再生される時を待っているのです。