Les Ménestrels & Virtus Classics

フルーティスト瀬尾和紀が、選曲から演奏、録音に至るまで全てにこだわり抜いた自主レーベル。室内楽曲に焦点を当て、フルートの作品に留まらず、知られざる佳作や珍しい編曲を通して、音楽の新たな側面に光を当てる。

  • 商品番号:VTS-011

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    瀬尾 和紀(フルート)福井 麻衣(ハープ)
    Couleurs à la française
    彩光 ア・ラ・フランセーズ
    詳細ページ
    [瀬尾 和紀(フルート)福井 麻衣(ハープ)]

    発売日:2020年03月18日

    CD 価格:3,000円(税込、送料無料)

    フルートとハープ。モーツァルトの協奏曲でもおなじみの、この楽器の組み合わせから生まれる極上の響きは、とりわけ18世紀以降のフランスで人気を博し、2つの楽器のために数多くの作品が生まれてきました。このアルバムでは、ともにパリ音楽院で学んだフルートの瀬尾和紀とハープの福井麻衣が共演、「フランスのエッセンス」を知り尽くした2人が多彩な響きと音色を駆使し、フランス近代のデュオ作品を心行くまで聴かせています。 アルバムの収録曲は、どれもフルートとハープのための基本的なレパートリーですが、作曲家の生年をほぼ追って並べられた1曲1曲には、強いこだわりと優れたセンスが感じられます。サン=サーンスやフォーレのふんわりとした優しい曲から、随所に東洋的な雰囲気も含むラヴェルやサティ、ハープの特殊奏法がふんだんに用いられたアンドレスの「ナルテックス」まで、19世紀から20世紀フランス近代音楽の流れも体験できることでしょう。 お互いの個性を尊重しながら、対話と主張を繰り広げる瀬尾と福井の演奏は、聴き手の心を遥か遠い世界へと誘います。

  • 商品番号:VTS-8

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    パトリック・ガロワの芸術・1
    パリ音楽院卒業試験曲集
    詳細ページ
    [パトリック・ガロワ(フルート)/瀬尾和紀(ピアノ)]

    Flute Recital: Gallois, Patrick - ENESCU, G. / FAURÉ, G. / GAUBERT, P. (The Art of Patrick Gallois, Vol. 1 - Morceaux de concours de Paris)

    ■器楽曲(フルート)

    発売日:2019年11月22日 NMLアルバム番号:VTS-008

    CD 価格:3,300円(税込、送料無料)

    ”まさに現代を呼吸するフレンチ・スクール”
    フランスを代表するフルーティスト、パトリック・ガロワの集大成ともいえるアルバム第1弾!
    フルートの“フレンチ・スクール”に対して、たった1つのイメージをあてはめるのはおよそ不可能といってよい。それは数々の重要な、そして現在も活動中の人物によって代表されるスクールとして命脈を保ち続けている。奥義を伝えるべき師から師へと受け継がれ、姿を変え、理解されていくべき伝統なのだ。(パトリック・ガロワ)   「パリ音楽院卒業試験曲集」と聞くと、どうしても堅苦しい雰囲気が思い浮かびますが、パリ音楽院においては「試験」は全て「コンクール」であり、師の教えを離れた若き奏者たちの思い思いの創造の翼を広げる機会なのです。実際にこれらの曲は「様々なコンクール用小品集」であり、試験だけで用いられるのではありません。全てのフルート奏者にとっての必須曲であり、また演奏のためのスタンダード・レパートリーにもなっています。 もちろん、全ての曲がよく知られているわけではありませんが、どれも近代フランス周辺の作曲家たちが腕によりをかけて書き上げた逸品ばかり。ゆったりとした序奏部と、華やかで技巧的な速い部分で構成されており、最後は華やかなカデンツァで締めくくるという決まった形式を採りながらも、作曲家たちの個性が存分に発揮された芸術性の高い曲集です。 今回、この曲集に取り組んだのは名フルート奏者、パトリック・ガロワ。聴きどころの多いこれらの作品をいとも易々と演奏し、味わい深く聴かせます。そして注目はピアノを担当する瀬尾和紀! フルート奏者でありながら、幾度となくガロワの伴奏を務めるなど、すでにピアニストとしても名を馳せる彼の演奏をお聴きください。

  • 商品番号:VTS-7

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    R.シュトラウス & フランク:
    ヴァイオリン・ソナタ 詳細ページ
    [瀬崎明日香, エマニュエル・シュトロッセ]

    発売日:2019年02月20日

    CD 価格:3,080円(税込、送料無料)

    大胆、且つ、繊細に。この10年の成長に目を見張る(小林研一郎)フランクとシュトラウス、2つのソナタの魅力を追って艶やかな美音と深い音楽性で聴衆を魅了するヴァイオリニスト瀬崎明日香。ヨーロッパで研鑽を積み、幾多のコンクール入賞歴を持つだけでなく、すでにイザイやサン=サーンスのアルバムをリリース。その煌めく才能を存分に開花させています。 今回、彼女が取り組んだのは、フランクとシュトラウスのヴァイオリン・ソナタ。ピアノとの対話が美しいフランク、若々しい情熱が漲るシュトラウス。どちらの作品も高度な技巧が駆使された名曲であり、瀬崎は真摯、かつひたむきに曲に取り組み、その本質を丁寧に伝えています。   【プロフィール】 瀬崎明日香(ヴァイオリン) Asuka Sezaki  6歳よりヴァイオリンをはじめる。東京藝術大学附属音楽高等学校に入学後、15歳で日本演奏連盟主催≪演連コンサート≫に出演。東京文化会館小ホールにてパガニーニの「24のカプリース」全曲演奏しセンセーショナルにデビューを果たす。故田中千香士、堀正文、景山誠治の諸氏に師事し、東京藝術大学を首席で卒業後は文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリ国立高等音楽院第3課程(大学院)に留学しヴァイオリン科、室内楽科を修了。同音楽院においてはレジス・パスキエ、ジャン=ジャック・カントロフ、クリスチャン・イヴァルディ諸氏のもとで学ぶ。2011年にはローム・ミュージック・ファンデーションの奨学金を得てローマのフェリックス・アーヨ氏のもとで更に研鑽を積む。  宝塚ベガ音楽コンクール第1位、第64回日本音楽コンクール第1位、レオポルト・モーツァルト国際コンクール第3位、ヴィエニアフスキ国際コンクール第4位入賞、トリエステ国際室内楽コンクール最高位受賞、フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクール優勝、1697年製ストラディヴァリウス≪レインヴィル≫を2年間貸与された。モーリス・ラヴェル国際音楽アカデミーにおいてシブール市賞、ラヴェル賞などを受賞。青山財団よりバロックザール賞受賞。千葉市功労賞受賞。  毎日新聞社主催日本学生音楽コンクール、日本音楽コンクールなどの審査員を務めるほか、秋吉台ミュージック・アカデミーでは後進の指導にあたる。また社会活動として千葉市文化芸術振興会議委員や株式会社ネイチャーズウェイの環境顧問を務めるなど、チャリティー、アウトリーチ活動にも積極的に携わっている。

    収録作曲家:

  • 商品番号:VTS-3

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    ショスタコーヴィチ(1906-1975)
    交響曲 第11番《1905年》Op.103(ピアノ連弾版) 詳細ページ
    [伊賀あゆみ/山口雅敏]

    SHOSTAKOVICH, D.: Symphony No. 11, "The Year 1905" (version for piano 4 hands) / Tahiti Trot (arr. for piano 4 hands) (Ayumi Iga, Masatoshi Yamaguchi)

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2018年05月30日 NMLアルバム番号:VTS-003

    CD 価格:3,054円(税込、送料無料)

    「まだ誰も録音していないショスタコーヴィチを弾いてみないか?」この沖秀明氏の言葉から始まったというプロジェクト。数多くの難曲をレパートリーに持ち、常に新しいレパートリーの探求を続けることで(時には自身で編曲も行うほど)、「進化系デュオ」と異名を取る伊賀あゆみ&山口雅敏の2人にとって、このプロジェクトがどれほど魅力的であったか想像もつきません。譜面を手にした彼らは、すぐに演奏に取り組みますが、難題にも突き当たります。テクニカルな問題はやすやすとクリアした彼らでしたが、この作品の重要なファクターである「第4楽章の最後で鳴らされる象徴的な鐘の音」がショスタコーヴィチの譜面には記載されていなかったのです。 そこで彼らは自ら鐘の音を再現する試みを行いました。そして、トラック5に付け加えられたヴァージョンは、彼らが導き出した結果の一つです。様々な思いが込められた交響曲 第11番Op.103のピアノ連弾版。オーケストラで聴く《1905年》とは全く違う、ピアノの響きのみが醸し出す緊張感に満ちた静寂と、音の交錯が聴きものです。もちろん世界初録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:vts-002

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    4 Hands EVOLUTION ~進化系ピアノ連弾~ 詳細ページ [伊賀あゆみ & 山口雅敏 ピアノデュオ]

    Piano Duo Recital: Iga, Ayumi / Yamaguchi, Masatoshi - SOUSA, J.P. / RACHMANINOV, S. / KHACHATURIAN, A. / GAVRILIN, V.A. (4 Hands Evolution)

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2013年10月23日 NMLアルバム番号:VTS-002

    CD 価格:3,143円(税込、送料無料)

    フルーティスト瀬尾和紀 独自レーベル VIRTUS CLASSICS 第2弾
    超絶×2!! 華麗×2!! 連弾ヴィルトゥオーゾ時代到来
    アクロバッティックな4手の交差、ダイナミックな体の動き、そして個と個による異次元への化学反応。視覚をも魅力する連弾作品のみならず、オリジナル編曲や知られざる作曲家の作品を手掛ける伊賀あゆみ&山口雅敏ピアノデュオによるデビューアルバム。そのエンターテイメント性と鍵盤上のバトルともいえる演奏スタイルは正に“進化系連弾”。 収録曲の核となる連弾ヴィルトゥオーゾ(超絶技巧)曲は、銘器と謳われた1912年製ニューヨーク・スタインウェイによりその輝きを一層増している。話題のデュオ”アンダーソン&ロウ”による斬新な編曲、現代ロシアバレエ音楽の名匠ガヴリーリン、ロシア・ジャズのツファスマン、そしてクラシックとジャズを融合させたローゼンブラット、ビカノフらの作品にも光を当てる。 2人が敬愛するホロヴィッツの超絶ピアノ独奏用編曲をさらに華麗にリメイクさせたオリジナル連弾編曲など、数多くの作品が世界初録音!!! ピアノ連弾の新時代、今はじまる・・・

  • 商品番号:VTS-001

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    "TONAL TWILIGHTS"
    - シェーンベルク初期作品集 -
    詳細ページ
    [瀬尾和紀:フルート]

    TONAL TWILIGHTS - Schoenberg Transfigurations

    ■器楽曲(フルート)

    発売日:2013年03月27日 NMLアルバム番号:VTS-001

    CD 価格:3,143円(税込、送料無料)

    甘やかに崩壊する響き
    その脆き瞬間を、しなやかに描き出す
    19世紀末から20世紀初頭にかけて・・・。これほどまでに音楽が爛熟した時は他にないでしょう。ワーグナーの半音階進行が音楽を優しく蕩けさせ、彼の意志を継いだマーラーやR.シュトラウスらによって、その柔らかくなった表皮と肉片が少しずつ剥がされていく様子を、当時の聴衆たちは、かすかな腐臭と共に感じていたのです。いよいよ響きが壊されていくにつれて現れてきたのは、予想もつかなかった「十二音、無調」という冷たくも美しい音楽でした。そこには甘やかな響きはなく、厳しい規律を伴った音の建築物だったのです。しかし、心ある人はそこにもまた「冴えた美しさ」を見出し、その構造を究めていく道を選んだのです。このアルバムには、そんな時代の変わり目に生まれた一連の音楽・・・シェーンベルクの傑作が3曲収録されています。演奏しているのは、実力派フルーティスト瀬尾和紀を中心としたアーティストたち。彼の才能に惚れ込んで集まった各々の奏者たちの火花散る演奏は、凛としながらも限りない優しさも内包しています。シェーンベルクってこんなに素敵だったんだ・・・。聴く人全てにこの感動をお届けします。

    収録作曲家:

  • 商品番号:LM-002

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    ギーゼキング(1895-1956)
    室内楽作品集 第2巻 詳細ページ
    [ドートリクール/ル・メートル/ガテ/バルデイルー/ドレイフュス/アルディ/ヴァグシャル/プソフォス四重奏団]

    GIESEKING, W.: Chamber Music, Vol. 2 (Dautricourt, Le Maitre, Gattet, Baldeyrou, Dreyfuss, Hardy, Wagschal, Psophos Quartet)

    ■室内楽

    発売日:2011年11月24日 NMLアルバム番号:LMEN002

    CD 価格:3,143円(税込、送料無料)

    瀬尾和紀プロデュースによるギーゼキング作品集第2弾!!作曲家ヴァルター・ギーゼキングを正しく評価しようという気運が、今後は世界的に高まっていくのではないか。その契機をもたらすアルバムが完成に至っ たと書きつけても、決して大げさにはあたるまい。彼に捧げた、この上なく似つかわしいオマージュ(木幡一誠) 20世紀を代表する名ピアニスト、ヴァルター・ギーゼキング(1895-1956)。彼は作曲家としても素晴らしい才能を持っていました。その作品は現代的なエッセンスを取り入れながらも、極めて親しみやすく、また広範囲な表現力を有するものばかり。第1弾(LM-001)で、その深淵かつ思索に満ちた世界を垣間見せてくれた、フルーティスト瀬尾和紀と彼を巡る仲間たち。今作でも緊密なアンサンブルを聴かせてくれます。今作ではフルートの出番がないのが残念と語る瀬尾さんですが、彼のギーゼキングにかける熱い思いはこのアルバムからも強く伝わってきます。歴史の隅に眠る原石を磨くかのような優しいタッチは、曲の魅力を存分に私たちの眼の前に見せてくれています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:LM-001

    Les Ménestrels & Virtus Classics

    ギーゼキング(1895-1956)
    室内楽作品集 第1巻 詳細ページ
    [瀬尾和紀/サルク/パク・ジョンファ/ヴァグシャル]

    GIESEKING, W.: Chamber Music, Vol. 1 (Kazunori Seo, Salque, Jong-Hwa Park, Wagschal)

    ■室内楽 ■器楽曲(フルート)

    発売日:2010年06月23日 NMLアルバム番号:LMEN001

    CD 価格:3,143円(税込、送料無料)

    フルート界の貴公子 瀬尾和紀 自主レーベル Les Menestrels 始動!! 20世紀の名ピアニストの知られざる顔、 室内楽作品での親密な表情を名手たちが描き出す

    収録作曲家: