地球環境のために生まれた新素材NANO-SAKURA

セルロースナノファイバー複合
100%天然バイオマス材料の生分解性樹脂製品

商品一覧を見る

NEWS

2020.06.29
Nano Sakura Shop 楽天市場店 オープンしました。

環境を守りながら、
豊かに暮らす。NANO-SAKURA

100%天然バイオマス原料を用いた生分解性樹脂材料 100%天然バイオマス原料を用いた生分解性樹脂材料

NANO-SAKURA は、石油由来の原料を一切使用せず、全て自然、天然バイオマス由来の原料を用いた新素材から作られています。NANO-SAKURA は、天然バイオマス材料ならでは生分解性を維持しながら、天然バイオマス材料の弱点だった、強度、耐熱性、成型性などを、セルロースナノファイバーとの混合により克服した、これまでにない、まったく新しい天然樹脂素材です。廃棄後もCO2 を排出せず、地球環境に限りなく優しい新素材。
「地球環境を守りながら、豊かに暮らしたい」NANO-SAKURA は、そんな方にお選びいただきたい製品です。

PRODUCT 商品一覧

スプーン

¥200円(税込)

詳しく見る

フォーク

¥200円(税込)

詳しく見る

ナイフ

¥200円(税込)

詳しく見る

カトラリー3点セット

¥500円(税込)

詳しく見る

小皿

¥400円(税込)

詳しく見る

大皿

¥500円(税込)

詳しく見る

マグカップ

¥500円(税込)

詳しく見る

食器セット

¥1,500円(税込)

詳しく見る

ボトル小
(100%天然バイオマス系生分解性フタ付き)

¥300円(税込)

詳しく見る

ボトル大
(100%天然バイオマス系生分解性フタ付き)

¥400円(税込)

詳しく見る

ABOUT NANO-SAKURAについて

現在、全世界で生産されるプラスチック量は年間約4億トン以上。そのほとんどは、石油由来の原料を使用しているため、その生産工程で大量の二酸化炭素を排出します。そして、これら従来型のプラスチックが、世界的な社会問題となっているマイクロプラスチックによる、深刻な海洋汚染の原因となっています。

NANO-SAKURA それは、この星の未来のために、
何ひとつ諦めなかった新素材。

石油使用料
ゼロ

100%天然
バイオマス原料

CO2排出なし

生分解性

当製品の100%天然バイオマス系生分解性樹脂製品の技術は国際連合の専門機関の技術としても登録されています。

従来型のプラスチックに対して、再生可能であり、CO2排出量も削減できる、植物を原料としたプラスチックが「生分解性・天然バイオマス」。
NANO-SAKURA は、この天然由来の生分解性・天然バイオマスを100%原料として使用しています。石油の使用量は完全にゼロです。

さらに、その生分解性・天然バイオマスに「樹脂製品」としての強度、耐熱性、成型性などを持たせるために、使用されている複合材料が、同じく100%植物由来の「セルロースナノファイバー」です。

NANO-SAKURA に使用されているセルロースナノファイバーは、木、竹、葉、間伐材、廃木材、古紙などの非可食系リサイクル材料から作られています。

NANO-SAKURA は、グリーンプラ、バイオマスプラの認証を取得しています。 NANO-SAKURA は、以下の承認番号以外にも、複数のグリーンプラ、バイオマスの認証番号を取得しています。
NANO-SAKURA 製品を
ご使用するにあたって

NANO-SAKURA で、現在主に用いられている樹脂「ポリ乳酸 (PLA : polylactic acid)」 は、コンポスト条件では2~3週間で生分解して、最終的には水と二酸化炭素に分解しますが、土中では3~5年、海洋中では10年ほど、水と二酸化炭素に生分解するのに時間がかかると言われています。

弊社の製品は、セルロースナノファイバーなどを含有していますので、この時間より早く生分解することを実験的に証明しております。しかしながら、ほとんど生分解しないポリエチレンやポリプロピレンなどのこれまでの石油系のプラスチックよりは生分解するものの、生分解するのに時間がかかる生分解樹脂の製品もありますので、むやみやたらに廃棄しないことを推奨します。
耐久性も十分にありますので、水洗いして再使用するなど、できるだけ資源の無駄使いとならないようご使用いただくことが発明者の願いです。使用後早めに水洗いをして、乾燥しておけば何度かは再使用することが可能です。

一方で、もともと食料などのバイオマスを原料とした生分解性プラスチックが主な成分なので、普通の石油系プラスチックなどよりは、カビなどが発生しやすいことも想像されるので、繰り返し使用するにしても、カビなどが観察されたら破棄されることをお勧めします。

また、弊社の他の開発中のデンプン系樹脂や、非可食性バイオマス由来のセルロース系樹脂は、土中や海洋中でも、もっと早く生分解し、水と二酸化炭素に代わることが分かっています。これは現在製品化を進めていますが今後の製品となります。