ネイル工房

COLUMN vol.06

2019.07.10
CATEAGORY
#How to

ミラーパウダーで
ニュアンスアート

もっと楽しく、もっとキレイに。
あなたのネイルアートを応援する
How toコラムです。

今回のテーマ
ニュアンスアート
ミラーパウダー

基本編で説明したミラーアートに慣れてきたら、 やってほしいのがニュアンスアートです。
ポイントさえ押さえれば、凸凹ニュアンスアートの達人になれますよ。

TODAY'S POINT

ニュアンスアートのポイント

  • 凸凹は2回に分けて描く
  • 凸凹を守るためノーワイプの筆は扱(しご)く

HOW TO

アートのやり方を詳しくご紹介

  • STEP01

    プレパレーション後、ベースジェルを塗布、硬化した状態です。

  • STEP02

    大体の形を少量のビルダージェルで作り硬化します。

    POINT

    形を作るのが苦手な方はベースジェルの未硬化ジェルを拭き取ってから描くとセルフレベリングしないので、ゆっくり描けますよ。

  • STEP03

    2回目の形の形成です。ビルダージェルで盛り、硬化します。

    POINT

    こんなに!?って思うくらいでOK。完成までの工程でノーワイプジェルを2回塗るので凸凹が浅いと目立たなくなります。

  • STEP04

    ノーワイプトップジェルを全体に塗布し硬化します。

    POINT

    溝がジェルで埋まらないように全体に塗った後、扱いた筆で溝のジェルを取るように筆を動かし凸凹がなくならないようにします。

  • STEP05

    チップでミラーパウダーを擦りつけます。

  • STEP06

    ダストブラシで余分なパウダーを除去します。

  • STEP07 finish!

    ノーワイプトップジェルを塗布し硬化して完成です。

ミラーパウダーで
ニュアンスアート

いかがでしょうか?
とても簡単にできるニュアンスアートです。
今回はシルバーで説明しましたが、
色々な形やカラーでお試しください。

FOR MIRROR POWDER

アート例

クリックしていただくと、使用カラーやアイテムの詳細がご覧いただけます。

Reccomend #1

ユニコーンパウダーのローズでポップな印象のネイルアートですが、実は小指がニュアンスアートなんですよ。 囲みアートにはチェーンが良く使われますが、ニュアンスでの囲みアートもお勧めです。

INFO+

Reccomend #2

ミラーアートの上から人魚粉でニュアンスアート。 ミラーパウダーの表面をノーワイプで仕上げた後、 好きなカラーのグラデーションジェルで模様を描き人魚粉をつけて硬化して完成です。 模様部分は人魚粉がついているので、トップで仕上げる必要はないんです。

INFO+

MIRROR POWDER

ネイル工房のミラーパウダーのご紹介

  • カラーミラーパウダー

    ミラーパウダーの改良と豊富なカラバリでメタリックアートを楽しめます。

  • 初代ミラーパウダー

    銀色のパウダーは粒子が少し粗めです。透明偏光パウダーは偏光パールのような輝きをプラスします

  • 偏光パールミラーパウダー

    ホワイトのパウダーで真珠のような不思議な輝きに…ブラックベースでカラーミラーにも変身します。

  • ユニコーンパウダー

    初代ユニコーンパウダーの改良とカラバリ8色追加でパワーアップしました。光で偏光する輝きに魅了されます。

  • フェアリーミラーパウダー

    粒子を最大限に細かくした偏光パールパウダー

  • ローズユニコーンパウダー

    ギラギラしすぎないローズカラーのユニコーンパウダー

一番上に戻るボタン