なごみ工房のおすすめする盆提灯の選び方

様々な盆提灯をご用意

こだわりの盆提灯でご先祖をお迎え盆提灯の選び方

盆提灯とは?WHAT’s BON CHOCHIN?

盆提灯とは、お盆に先祖の霊を家にお迎えするための灯火のことを指します。
お盆は、浄土で暮らしているご先祖様をお盆に招待し、仏様や先祖の恩に感謝をする1年に一度の行事になります。
ご先祖様は、お仏壇を通して常にそばに感じる存在です。
「浄土にいながら、常にそばに感じることができる」その役目がお仏壇であるならば、
盆提灯はお仏壇にお迎えするための目印のような役割がございます。
お盆は、ご先祖と私たち日本人にとって大切な期間なのです。

なぜお盆をする?Why play a tray?

お盆とは、ご先祖様が7月~もしくは8月13~16日に浄土から地上へ戻られると考えられています。ご先祖様を一年に一回、家にお迎えし一時を共に過ごすことにより、ご冥福をお祈りし、先祖の霊を供養します。
日本で初めてお盆が行われたのは西暦606年といい、聖徳太子の時代にはすでに行われた伝統的な日本の風習となります。

盆提灯はどこに飾る?Where to decorate the lantern?

盆提灯は盆棚・精霊棚の前もしくは仏壇の前に飾るのが基本です。
迎え火、送り火として灯火する場合には玄関、もしくは窓際に飾ります。

盆提灯の種類Bon lantern types

盆に使う提灯には大きく分けて床置きと吊すタイプの提灯の2タイプに分かれます。
床置きの提灯は、昔ながらの形となる三脚提灯デザインの提灯が基本となります。
木製だけでなく、人気がある光が回転するタイプもあります。
最近主流になってきているおしゃれな提灯も基本は置き型が主となりますが、床置き型からコンパクトなミニ提灯もあり、小型仏壇に適した卓上が可能となっています。
吊す型に関しては、岐阜提灯(壷型)・御殿丸・住吉・博多長などがあります。
一番よく出ているのは壷型のもので、白紋天という初盆に使う提灯になります。

盆提灯のかたちで選ぶ

盆提灯には大きく分けて、5種類の形があります。
置く場所や、ご希望の用途に合わせてお選び下さい。

  • 初盆セット
  • おしゃれタイプ
  • 床置タイプ(大内行灯)
  • 家紋提灯
  • その他

故人様がお家に帰ってくるための目印になります。
しきたりはありませんので、条件にあった盆提灯をお選びください。

ピックアップ

今年の新商品

2020年人気商品

大特価商品

タイプ別ランキング

初盆セット 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

おしゃれタイプ 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

床置タイプ 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

家紋提灯 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

その他 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

対柄床置きタイプ 人気ランキング

対柄床置きタイプ 人気ランキング

その他の商品を詳しく見る

木製床置きタイプ 人気ランキング

木製床置きタイプ 人気ランキング

CONTACT 盆提灯のご相談はこちら

お盆はいつする

お盆は8月15日、7月15日の日が中心となります。
13日に行う迎え火(※この日を盆の入りと呼びます)に始まり、16日の送り火にて締めくくられます。

初盆の時には何を着れば良い

招く方も、招かれる方も喪服を着ることが基本と言われておりますが、地味な服装であれば問題ございません。
初盆以降も、正式な法要を行う場合でも、地味な服装であれば大丈夫です。

お盆の時の挨拶の言葉について

招いた方への挨拶としては、「今日はお暑い中、当家先祖(もしくは故人)のためにお盆供養にお越しいただき、本当にありがとうございます」という言葉が基本となります。
招かれた方の挨拶は、「今日はお盆供養にお招き頂き、ありがとうございます」という言葉を基本とすると良いでしょう。

マンションの場合の迎え火と送り火

マンションなどの共同住宅の場合、玄関先やベランダ、バルコニーで実際に迎え火や送り火を焚くことは非常に難しいと思います。
その代わりの方法として、盆提灯を玄関に吊したり、門前灯としてお飾りして使って頂く事は出来ます。そのほかに、窓際に吊していただいたり、置いて頂く事もよろしいかと思います。

盆提灯はいつ購入すれば良い?

お盆の時に用いる提灯としては6~7月が中心となりますが、四十九日中に使う霊前灯としても、お使い出来ますので一年を通してお買い求め頂く事が出来ます。
地域によっては、葬儀時に喪主の方へ送る事もあります。

盆棚・精霊棚はなぜ作る

お盆の時に、特別に作られる棚のことを盆棚、精霊棚、魂棚と呼びます。
精霊棚はご先祖様を迎える舞台となり、ご先祖様のお位牌を中心に盆飾りをします。
また、仏壇の前に精霊棚を置き、お仏壇を中心にお盆に合わせたお飾りもされます。
棚は屋内だけでなく、屋外にも設置する場合もあります。
※地域によっては水棚という棚を設置することもあります。

盆棚・精霊棚へのお供物について

盆棚へのお供物は地域によって差異がありますが、大まかには以下のようになります。
1・稲、アワ、キビ、トウモロコシ等の穂
2・里芋などの農作物(里芋の葉は供え皿ともなります)
3・ほおづき、ハマナスなどの赤い実
4・素麺や、うどんなどの麺類(そのまま束となっている状態でお供えします)
5・水の子(ナスやキュウリ、カボチャなどを賽の目に切り水鉢や蓮のはや差お芋の葉の上に供えると水の子となります)
6・お団子
7・供え皿となる蓮の葉(里芋の葉)
8・盆花
※あくまで昔からの作法でございます。それぞれ出来る範囲で、お盆を迎えて頂ければと思います。

送り火と迎え火の意味

ご先祖をお迎えするのが迎え火、送るのが送り火となります。
迎え火は先祖が帰ってくるときの目印となり、送り火は私達がしっかりとご先祖様を見送っているという証になります。
迎え火は先祖が帰ってくるときの目印となり、送り火は私達がしっかりと玄関口で行う場合もあれば、お墓で行う地域もあります。
お墓で迎え火ようの提灯に蝋燭の火を灯し家までご先祖様を導く地域もあります。

迎え火と送り火はいつ?

迎え火は8月13日もしくは7月13日、送り火は8月16日もしくは7月16日に行うのが一般的ですが地域によっては差異がございます。
上記日程ですが、忙しくなっている現代では必ずしもこの日程でやる必要はありません。
出来る日程範囲でお願い申し上げます。

初盆用の提灯について教えて

初盆の際には、白生地で白い火袋を持った提灯を飾る地域が多いようです。
盆提灯と同様の形式の製品の他、何種類か様式がございます。
ただし、白木提灯を使わない地域や、屋外のみ白木提灯を用いる地域もあります。
最近では、おしゃれなタイプの白い提灯も出ております。

お盆の準備と過ごし方例 お盆の準備と過ごし方例
盆提灯の飾り方 盆提灯の飾り方
  • お線香はこちら
  • 初盆セットはこちら
  • お盆用品はこちら

CONTACT 盆提灯のご相談はこちら

楽天サイトを見る
おしゃれな盆提灯AGASATO おしゃれな盆提灯TSUDOI
お問い合わせはこちら 初盆セット