レシピトップ > 料理から探す > パウンドケーキ、マフィン
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ハロウィン向け

ハロウィンの"かぼちゃのスコーン"

ハロウィンの"かぼちゃのスコーン"

ハロウィンはすっかり日本でも定着しましたが、元々は10月31日の夜から始まる古代ケルトの信仰行事だったそうです。アメリカで徐々にお祭りとして盛んになりましたが、愉快なかぼちゃの顔やカーニバルのような変装が楽しいですね。

今回は、ハロウィンが近いのでかぼちゃのスコーンを作ってみました。一つのボウルに材料を順番に入れて混ぜて、生地を手でまとめて型で抜きます。作業が簡単なので子供さんといっしょに作っていただけます。

ほのかに甘いかぼちゃのスコーンは、表面はサクッと中は少ししっとり。どなたにも食べやすい味だと思います。

材料(6~7個)

かぼちゃ(種と皮を取って) 120g
薄力粉 180g
ベーキングパウダー 小さじ2
ひとつまみ
ハチミツ 大さじ2(砂糖でもOK)
牛乳 大さじ5
オリーブオイル 大さじ3
パンプキンシード 少々(なくてもOK)

作り方

  1. かぼちゃは種と皮を除いて一口大に切る。お皿に並べてラップをかけ電ンジで3分加熱する(500Wの場合)。大きめのボウルに入れてなめらかになるまでつぶす。
  2. はちみつ、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。オリーブオイルも加えて混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてボウルにふるい入れる。へらに持ち替えて生地がポロポロになるまで混ぜる。手で軽くこねてひとまとめにする。
  4. まな板にラップを敷いて3の生地をのせ手で2cm厚さにのばす。直径5cmくらいの型やコップなどで最初に4個型抜きする。
  5. 残った生地をまとめて同様に型抜きする。最後に残った生地は手でまるめる(6 ~7個できる)。パンプキンシードをトッピングする。
  6. 天板にオーブンシートを敷いて並べ、180度に予熱したオーブンで20分焼く。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • きのことソーセージのアヒージョ

    オリーブオイルとにんにくで煮込んだ小皿料理。

  • 定番!マカロニグラタン

    ライパン一つで炒めながらできる熱々の手作りグラタン、お試し下さい。

  • トルティーヤとモッツァレラチーズのサラダ

    アメリカ西海岸とメキシコがミックスしたような、ボリュームたっぷりのサラダ。

  • ジンジャー・レモン・ハニーのオイルマリネ

    オリエンタルな香りがすてきな鶏肉料理。外はカリッと中はジューシーな焼き上がり。

  • クロアチア風カツレツ

    豚ロース肉でハムとチーズを挟んでオリーブオイルで揚げたもの。チーズがトロリ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)