レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > ワインに合う

ズッキーニのスパイシーソーセージ焼き

ズッキーニのスパイシーソーセージ焼き

ズッキーニは好きな野菜の一つです。大きく育って値段が安くなる夏にはよく食べますが、懐かしい記憶を呼び覚ます野菜でもあります。

初めて食べたのは、何十年も前の夏、ミュンヘン。ドイツ人の友達の家に呼ばれていった時の事です。大きなオーブン皿にきゅうりを半分に切ったようなものがたくさん並んでいました。チーズをのせて焼いただけのシンプルな料理だったと思いますが、今まで味わったことのない味覚でした。

本日の料理はスパイシーなソーセージ(の中身)をのせて焼いたオーブン焼きです。豚肉にドライオレガノとクミンが入るとソーセージらしい味になります。思い出の料理は、日々変化しながら続いています。

材料(4人分)

ズッキーニ 2本
玉ねぎ 1/4個(50g)
豚ミンチ 150g
オリーブオイル 大さじ1
バジル 数枚
●スパイス類
プレミアムシーソルト 小さじ1/3
おろしにんにく 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1/2
チリペッパー 少々
こしょう 少々
ドライオレガノ 少々
クミンパウダー 少々

作り方

  1. ズッキーニはへたを切り落とし、縦半分に切ってスプーンで中身を少しくり抜く。くり抜いた部分はみじん切りにする。玉ねぎもみじん切りにする。 
  2. ボウルに豚ミンチ、ズッキーニと玉ねぎのみじん切りとスパイス類を入れてよく混ぜる。 
  3. 2を4等分して細長くまとめてズッキーニにのせ形を整える。耐熱容器に入れて上からオリーブオイルをかける。 
  4. オーブンを200度に予熱して20~25分焼く。取り出して仕上げにバジルをちぎって散らす。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • えんどう豆と鶏肉の煮込み

    ポルトガルの家庭でよく作られる料理。冷凍でも作れますが、えんどう豆の季節にはオススメです。

  • いか・たこ・えびのポルペッティ

    家庭料理らしく作り方は簡単ですが、盛り付けによってはレストランのメインディッシュ のようにも見える一皿。

  • きのこ入りクリームパスタ

    生クリームを煮詰めるだけの簡単ソース。くどくならないように牛乳を少し加えるのがポイント。

  • かぶとソーセージのクリームコーン・シチュー

    インスタントのルーも使わず煮込むのも短時間。野菜の甘さとソーセージのボリューム感もしっかり。

  • ツナ入りコールスローサラダ

    ポルトガルのツナ缶で。キャベツと玉ねぎを塩でもんで一緒に合えるだけの手軽さ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)