レシピトップ > 料理から探す > パスタ・グラタン
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > クリスマス

クリスマスの“ポテトアンナ”

クリスマスの“ポテトアンナ”

“ポテトアンナ”というのは、確かフランスの家庭料理だったと思います。私は昔、クリスマスメニューの一つとして、肉の付け合せのような感じで作っていました。

クリスマス・イブが結婚記念日なので、最初の2、3年はがんばってディナーを作っていたのでしょうね。力の入ったものばかりだと疲れるので、こんな簡単な料理を一品加えたのだと思います。懐かしい思い出ですが、今もクリスマスが近づくとポテトアンナが食べたくなります。

この料理はじゃがいもを水にさらさないのですが、その方が甘くなり、フツフツと煮立った生クリームもまた甘くて冬にぴったりのグラタンです。

材料(4人分)

じゃがいも 4個(500g)
にんにく 1かけ
生クリーム 150ml
チーズ 大さじ3
*溶けるタイプのシュレットチーズなど
プレミアムシーソルト 小さじ1/2
*他の塩を使う場合は量を減らして下さい。 
こしょう 少々

作り方

  1. じゃがいもは皮をむいて薄い輪切りにする。水にさらさないでボウルに入れ、プレミアムシーソルト小さじ1/2とこしょうをふって混ぜる。 
  2. 耐熱容器ににんにくの切り口をこすりつけて香りを移す。じゃがいもを入れて表面を平らにし、上から生クリームを注ぐ。 
  3. 200度に余熱したオーブンで20分焼く。取り出してチーズをのせてさらに10分焼く。
  4. じゃがいもに爪楊枝を刺してスッと通るようなら出来上がり。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 豚ロースの白ワイン煮

    お肉をしっかり食べたいような時に作る豚肉のワイン煮。簡単につくれます。

  • ガリシア風フィッシュパイ

    冷凍パイシートとツナ缶で手軽に作るパイ。ペロリと食べられる美味しさ。

  • オムライス

    チキンライスの量は思うまま、かぶせるオムライス。簡単にできます。

  • きのこ入りクリームパスタ

    生クリームを煮詰めるだけの簡単ソース。くどくならないように牛乳を少し加えるのがポイント。

  • かぶとソーセージのクリームコーン・シチュー

    インスタントのルーも使わず煮込むのも短時間。野菜の甘さとソーセージのボリューム感もしっかり。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)