レシピトップ > 料理から探す > スープ
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ボリュームたっぷり

野菜もたっぷりクラムチャウダー

野菜もたっぷりクラムチャウダー

この「チャウダー」というは、アメリカで生まれた具沢山のスープの事です。あさりや牡蠣など二枚貝のクラムチャウダー、魚のフィッシュチャウダー、とうもろこし入りコーンチャウダー。じゃがいもや玉ねぎなどの野菜も入って温かくてボリュームたっぷりです。

さて、同じクラムチャウダーでも、所変われば名前も変わります。白いクリームタイプはニューイングランド風、トマトが入った赤いものはニューヨークスタイル。

野菜もたっぷり入れて、その時々の気分で材料や味付けを変えて楽しんで下さい。北風が吹く季節にお薦めの「食べるスープ」です。

材料(4人分)

あさり 1パック
ベーコン 4枚
セロリ 1本
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
じゃがいも 2個
カブ 小2個
小麦粉 大さじ2
牛乳  1と1/2カップ
2カップ
オリーブオイル 大さじ2
顆粒コンソメ 小さじ1
ドライオレガノ 少々
ドライタイム 少々*バジルなど他のハーブでもよい
適量
こしょう 少々

作り方

  1. あさりは砂抜きをしてよく洗う。ベーコンは薄切り、セロリは筋を取って1cm角に切る。他の野菜も皮をむいて1cm角に切る。カブはやわらかそうな茎を10cm程残し、1cm長さに切る。
  2. 鍋に水2カップとあさりを入れて中火にかける。あさりの殻がすっかり開いたら火を止める。ゆで汁は残し、あさりの身を取り出して殻は捨てる。
  3. 別鍋にオリーブオイル大さじ2とベーコン、セロリ、玉ねぎ、にんじんを入れて玉ねぎがやわらかくなるまで炒める。小麦粉を加えて焦がさないように炒める。
  4. 牛乳を加えて混ぜ、あさりのゆで汁と顆粒コンソメ、塩小さじ1、ハーブを加える。じゃがいもとカブと茎を入れて10分煮る。
  5. 野菜が全部やわらかくなったら、あさりのむき身を入れて塩、こしょうで味を整える。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

    カッテージチーズは、自己主張はそんなにないけれど、やんわりと優しくツナやほうれん草とのからみよし。

  • ピーマンの肉詰め
    ピーマンの肉詰め

    お弁当にも。冷めてもおいしいように鶏ミンチで作りました。ボリュームはあるけど、カロリーは控えめ。

  • ガリシア風フィッシュパイ

    冷凍パイシートとツナ缶で手軽に作るパイ。ペロリと食べられる美味しさ。

  • 新にんじんとココナッツのサラダ

    人参に含まれるβカロチンは脂溶性。ドレッシングをかけたり、オイルで炒めると吸収力がアップ。

  • パタニスカス・デ・バカリャウ

    干し鱈のかき揚げは、日本のようにパリパリした感じではなくてもっとふんわりとした食感です。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)