レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

時々ゴーヤチャンプルが無性に食べたくなるんです。

ゴーヤチャンプル

ゴーヤは、子供のときは苦くて食べられなかったと思うのですが、いつ頃からか時々無性に食べたくなるようになりました。

ゴーヤが好きというよりも、ゴーヤチャンプルという料理が好きです。野菜の苦味やお肉の甘み、ポロポロした感じのかための豆腐。最後に入れる卵が素材みんなを仲良くまとめてくれます。 苦味がちょっと、という方はゴーヤを塩もみするとやわらぎますが、厚めに切るより薄くスライスした方が苦味を感じにくくなります。

このレシピの材料は、ゴーヤチャンプルの定番中の定番です。塩味であっさりとした炒め物は、ご飯のおかずにもビールや焼酎のおつまみにも、やっぱりよく合うのです。

材料(4人分)

ゴーヤ 1本(約200g)
木綿豆腐 1/2丁(200g)
ランチョンミート 100g *豚薄切り肉100gかベーコン80gでもよい
1個
にんじん 4cm(40g)
しょうがみじん切り 少々
オリーブオイル 大さじ1
プレミアムシーソルト 少々
こしょう 少々

作り方

  1. 木綿豆腐の水切りをする。電子レンジで2分加熱してザルに上げ、一口大にほぐして15分置く。
  2. ゴーヤは縦半分に切って、スプーンで種と白いわたを取り薄切り(1~2mm)にする。ランチョンミートは角切りに、にんじんは千切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルとしょうがを入れて熱する。香りが立ってきたらゴーヤとプレミアムシーソルト少々を入れて炒める。ゴーヤがかたいようなら水大さじ2を加える。木綿豆腐、ランチョンミート、にんじんを加えてさらに炒める。
  4. 卵をときほぐして加え、混ぜて火が通ったらプレミアムシーソルトで味を整えてこしょうをふる。

● 豚肉やベーコンを使う場合は、しょうがみじん切りを入れて豚肉(ベーコン)、ゴーヤの順に炒めて下さい。

*ランチョンミートは、豚肉をハムのように加工した缶詰。沖縄料理には欠かせない食材でゴーヤチャンプルやポーク卵などに使われる。いろいろなメーカーのものがあり、商品名『チューリップ』はデンマーク製、『スパム』はアメリカ製。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • トマト鍋

    意外と子供さんからお年寄りまで食べやすい鍋料理。締めはご飯で。

  • ピーマンの肉詰め
    冷やしうどん

    オリーブオイルのこくが加わって、いつもとちょっと違う"冷やしうどん"。

  • 甘くて辛いキーマカレー

    スパイスで体ほかほか。甘くて辛くてスパイシー、食欲をそそられる香り。

  • シーザーズサラダ

    びっくりするほど美味しい特製ドレッシングをかけて。

  • もやしときゅうりの和え物

    さわやかな香りとさっぱりとしたコク。実は、オリーブオイルとわさびは相性好しです。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)