レシピトップ > 料理から探す > サラダ
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > お弁当向け

ポテトサラダにオリーブオイル~オリーブオイル風味のポテトサラダ

ポテトサラダにオリーブオイル

晩ご飯を作るとき、ポテトサラダは結構気持ちに余裕がないと作れないかもしれません。ジャガイモを丸ごとゆでるのに時間がかかるし、冷まさないといけないし。時間がないときは一口大に切ってからゆでますが、なんとなくジャガイモのホッコリ感が違うような気がします。単純だけどある程度時間がかかる料理は、ほんとは手間を惜しまないで作るときちんとした味になると思いつつ、手抜きではないけれど反省する時もあるのです。

ポテトサラダは、マヨネーズだけで味をつけようとするとかなりの量を使うと思います。私はジャガイモの味がするものが好きなので、マヨネーズは控えめにして塩、こしょうやフレンチマスタード、そしてオリーブ油をマヨネーズに加えます。すごくフルーティーなオイルを使うと、味も香りもぐんとよくなってしっとり感が出ます。

ポテトはフォークか手で半分くらいつぶす感じ。千切り野菜は見た目がジャガイモの半量くらいまでにすると、ポテトとのなじみがいいです。お弁当や朝のサンドイッチにも便利なので、多めに作ってもりもり食べたいおかずです。

材料(4人分)

ジャガイモ 4個
きゅうり 1本
玉ねぎ 1/4個
にんじん 少々
キャベツ 1、2枚
少々
こしょう 少々
●マヨネーズソース
マヨネーズ 大さじ2
オリーブ油 大さじ2
フレンチマスタード  小さじ1

作り方

  1. ジャガイモは丸ごと水からゆでる。竹串がスーと通るくらいに柔らかくなったらザルに上げてお湯を切り、皮をむいて熱いうちにファークなどでつぶす。
  2. ゆでている間に野菜を切る。きゅうりは薄い輪切り、玉ねぎは薄切り、他の野菜は千切りにする。全部ボウルに入れて、塩で軽くもんでしばらく置く。水でさっと洗い流して水気を絞る。
  3. マヨネーズにオリーブ油を加えてよくまぜ、フレンチマスタードを入れてまぜる。
  4. ジャガイモが冷めたら塩、こしょうで味付けして、マヨネーズソースと野菜を加えてまぜる。

*マヨネーズソースは全部入れなくてもいいです。ジャガイモの量やお好みで加減して下さい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 豚肉とうすいえんどう豆

    ポルトガルのお惣菜。日本の煮ものに似ていますがオリーブオイルとハーブが入ります。

  • 大根と塩豚と山椒のスープ

    塩の味がとてもよくわかるシンプルなスープ。短時間でも味わいのある仕上がりに。

  • トマターダ・コン・オーヴォシュ

    卵入りトマトソース。トーストしたバゲットにトマトソースと半熟卵をたっぷりのせてどうぞ。

  • エビとガーリックのオリーブ油焼き

    エビを食べて満足、オイルにパンを浸して二度楽しむ。きつね色に焼けたガーリックもという方は、三度楽しめる。

  • 春色キャベツサラダ

    フルーティーなオリーブオイルと塩とさわやかなレモンでシンプルに味付け。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)