レシピトップ > 料理から探す > スープ
レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

ジャガイモのスープ「カルド・ヴェルデ」

さんまのマスタード・かりかりパン粉焼き

スープの味と香り

スープにはブイヨンが必要だと思い込んでいませんか。野菜はそのままでもおいしいもの。固形スープやだしの素を使わなくても十分においしいスープは作れます。
また、料理には調味料がとても大事。特に塩は、そのものの旨みだけではなく、他の味を引き出し活かすという働きもあります。そして、南欧ではオリーブオイルも大事な調味料の一つ。シンプルなスープだからこそ、旨みのある塩や香り高いオリーブオイルを使いたいと思うのです。

カルド・ヴェルデ

北ポルトガルを代表するジャガイモのスープ。固いチリメンキャベツを細切りにしていっしょに煮ますが、日本では手に入りにくいので、小松菜などの青菜を千切りにして使います。最後に加えるオリーブオイルの香りがとても効果的。スパイシーなドライソーセージを一切れ浮かべるのがポルトガルスタイルです。

材料(4人分)

ジャガイモ 2~3個
玉ねぎ 1/2個
小松菜(*ほうれん草やチンゲン菜でもよい) 数本
ニンニク 1かけ
ドライソーセージの輪切り 4枚
オリーブオイル 大さじ2
仕上げ用オリーブオイル 適宜
塩、こしょう 適宜
700cc

作り方

  1. ジャガイモは一口大に切って水に5分ほどさらす。玉ねぎは薄切り、ニンニクは縦半分に切って青い芽を取り除く。ジャガイモは一口大に、小松菜は葉のみ千切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルと玉ねぎ、ニンニクを入れて火にかける。こがさないように玉ねぎが柔らかくなるまで炒めて、ジャガイモと水、塩少々を加えて煮る
  3. ジャガイモが柔らかくなったら火を止めて粗熱を取る。ミキサーにかけてなめらかなピュレ状にする。
  4. 鍋に戻して塩、こしょうで味を調え、小松菜を加えて柔らかくなるまでさっと煮る。
  5. 器にスープを入れてドライソーセージを1枚浮かべる。香りのよいオリーブオイルを少したらす。

ケール
写真はチリメンキャベツ(ケール)。ポルトガルの八百屋さんでは刻んだものも売っている。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ツナとキノコのトマトソース・スパゲティ

    ブロックのツナがまるごとぎっしり。塩と上質のオリーブオイルだけの贅沢なツナ缶をつかったパスタ。

  • 牛肉のカタプラーナ

    下ごしらえが簡単。今年のクリスマスはカタプラーナで手早くディナー、いかがですか。

  • カルディラーダ

    魚介類と野菜をトマトソースで煮込んだ、ポルトガル風ブイヤベースと言えるようなものです。

  • オリーブチキン~ローズマリー風味~

    鶏もも肉を使ってフライパンで仕上げ。オリーブの風味がソースににじみ出て深みのある味に。

  • 新にんじんとココナッツのサラダ

    人参に含まれるβカロチンは脂溶性。ドレッシングをかけたり、オイルで炒めると吸収力がアップ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)