レシピトップ > 料理から探す > パスタ
レシピトップ > 材料から探す > イワシ、ツナの缶詰
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

ごちそうツナ缶でパスタランチを

ツナとキノコのトマトソース・スパゲティ

国産のツナ缶と比較すると、ラミレスのツナ缶は高く感じますよね。でも、缶を開けた時にその価値がわかります。ブロックのツナがまるごとぎっしり。
アミノ酸や各種調味料、合成保存料もなし。塩と上質のオリーブオイルだけです。

これが本来のツナの味、本物を味わっていただけたらと思います。ツナ缶のオイルも残さず使ってパスタとサラダを作ってみましょう。

材料(4人分)

●トマトソース
トマトの水煮 2缶(内容量250g、総量400gの缶)
玉ねぎ 1個
ニンニク 1かけ
赤唐辛子1本
オリーブオイル大さじ4
砂糖小さじ1/2
適宜
●パスタ
スパゲティー 400g
ツナ缶 大1個
しめじ 1パック
エリンギ 1パック
オリーブオイル大さじ4
塩、こしょう少々
バジルやパセリなど適宜
●サラダ
レタス、サラダ菜、ベビーリーフなど 適宜(*写真はレタス、ロメインレタス、トレビスなど)
ツナ缶のオイル+オリーブオイル 大さじ4
ワインビネガー 大さじ2(*米酢、リンゴ酢、レモン汁でもよい)
塩、こしょう 少々
あればブラックオリーブ適宜

作り方

【トマトソース】
  1. 玉ねぎとにんにくはみじん切り、赤唐辛子は種を取る。
  2. 鍋にオリーブオイル大さじ4と1、塩小さじ1を入れて火にかける。玉ねぎがやわらかくなったらトマトの水煮をつぶしながら入れる。
  3. 砂糖を加えて中火(蓋はしない)で2/3量になるまで煮詰める。トマトソース出来上がり。

余ったトマトソースは冷凍できますので多めに作ってもだいじょうぶ。アンチョビやドライオレガノ、チリペッパーを加えると味にメリハリがつきます。

【ツナときのこのトマトソース・スパゲティ】
  1. 別鍋にたっぷりのお湯をわかして塩を適量加え、スパゲティを表示時間通りにゆでる。
  2. ゆでている間にフライパンを火にかけてオリーブオイル大さじ1を入れて食べやすく切ったきのこを入れて炒める。
  3. トマトソース適量と油を切ったツナを加えて温める。塩、こしょうで味を整える。ゆで上ったスパゲティを加えて混ぜる。
  4. お皿に盛り付けて上にトマトソースをかけ、バジルを添える。
【サラダ】
  1. 野菜は洗って水気をよく切っておく。
  2. 器に塩少々とワインビネガーを入れてかきまぜて溶かす。オリーブオイルを加えてよく混ぜる。
  3. 器に野菜を盛ってドレッシングをかけ、こしょうをふる。
    サラダ

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • オリーブチキン~ローズマリー風味~

    鶏もも肉を使ってフライパンで仕上げ。オリーブの風味がソースににじみ出て深みのある味に。

  • ジャガイモのスープ(カルド・ヴェルデ)

    北ポルトガルを代表するジャガイモのスープ。最後に加えるオリーブオイルの香りがとても効果的。

  • カルディラーダ

    魚介類と野菜をトマトソースで煮込んだ、ポルトガル風ブイヤベースと言えるようなものです。

  • イワシのパン粉焼き

    イワシの新鮮トマトソース煮の缶詰をつかって。パン粉と調味料をかけて焼くだけ。

  • 長いもとスモークサーモンのサラダ(オリーブドレッシング)

    オリーブオイルとオリーブを刻んでスパイス代わりにしてドレッシングに加えました。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)