右側のサムネイルをクリックで画像が拡大表示されます。

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ XS カラー NATURAL/ROYALを着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ XS カラー OFF WHITEを着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ XS カラー OFF WHITEを着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ XS カラー OFF WHITEを着用

ANATOMICAの隠れた名品と言えば、コレ

1994年パリにてピエール氏によってスタート「ANATOMICA(アナトミカ) PARIS」。
ピエール氏は現代のセレクトショップの源となったショップ「GLOBE」とその延長上に「HEMISPHERE」を作った後に、
これまでの既成概念を打ち破りスタートしたのが、このANATOMICA。

その後、2008年にピエール氏と日本のアパレル界を代表する寺本氏が運命の出会いを果たす。
きっかけは、寺本氏がデザインしたサイドシームの無いデニムパンツ。
そのデニムパンツにピエール氏が感銘を受け、以降は寺本氏がデザインを、ピエール氏がディレクションを担当することに。

固定概念にとらわれず、フィッティングを重要視した普遍的で上質なものを作るために試着を繰り返し、
ミリ単位で修正を加え、生まれたのがANATOMICAのスタイル。
そこから生まれるのは、めまぐるしく変化するトレンドを重視したファッションとは異なる、何年にもわたってその価値を実感できるアイテムたち。

そんなANATOMICAと言えば、ポケTEEの印象が強いかもしれない。
でも、言いたい。
このMARINIER CREW NECK TEE(マルニエール クルーネック Tシャツ)もかなり良いと。

シルエットは、身幅とアームホールに余裕を持たせたゆったりとしたシルエット。
着丈はほんの少し短め。

面白いのが、ネック。
こういうバスクシャツって、大抵は開きが浅くて幅広のボートネック。
ところが、これはクルーネックでできているんです。
だから、一枚で着ても様になるし、シャツやジャケットのインナーとしても使い勝手がいい。
ボートネックの様にクシャクシャっと首周りがもたついたりしないんです。

もともとの、デザインソースは60年代のフランス海軍のユニフォーム。
それを活かしているのが、胸、背中、肩に入っている補強。
生地が伸びてしまうのを防いだり、動きのサポートをしてくれる。
ANATOMICAが作るからには、ただのバスクシャツではありません。

実は、使用しているコットンはアメリカ製。
でも、モチーフとしているのはフランス海軍のユニフォーム。
そして、生産は日本。
ANATOMICAならではの感覚で、それぞれのとくいぶんやへ落とし込んでいるのも面白いところ。

そして、バスクシャツとしては珍しい丸胴(ホールガーメント)。
身頃のサイドに縫い目がなく、ぐるりと筒状の仕立てられているこの仕様。
着心地が優しいので1枚でも着やすいのが嬉しい。
中でも、ボーダーなどの柄の丸胴仕様はとっても希少です。

一見、普通に見えて普通じゃない。
ANATOMICAらしい仕掛けが詰まったMARINIER CREW NECK TEE。
まさに、こだわりのある大人にピッタリのアイテムです。

サイズ(cm)
  身丈 身幅 肩幅 袖丈 袖口幅
XS 62 100 42 21 15.5
S 67.5 100 46 22 16
M 69.5 106 48 22.5 16.5
L 71.5 112 50 23 17
XL 73.5 118 52 23.5 17.5
※商品の特性上、個体差がございます。予めご了承くださいませ。
型番
530-521-15
素材
コットン100%
原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
ANATOMICA(アナトミカ)
カテゴリ
トップス