left  
オールドホームステッダ―から洗剤が登場。
アンダーウェアブランドから、洗剤?!
僕たちも最初はそう思ったけれど、そこにはオールドホームステッダ―らしい理由が隠されている。
家庭用洗剤は低価格じゃないと売れない。
だから、あくまでも価格ありきで開発される。
どんなに良い成分があったとしても、高価なものになってしまえば世に出ない。
対して業務用の洗剤は落ちなかったり、洗濯ダメージが大きかったりすると機能として成り立たない。
だから、高価な成分だったとしても価格度外視で使われたりする。
当然、家庭用としては採算が合わない。
ところが、洗濯のプロに言わせると、洗剤や洗濯方法次第で着心地や持ちや大きく変わるのだそう。
どんなに良い風合いだったとしても、誤ったケア方法を続けると少しずつそれが損なわれてしまう。
今回の洗剤は、家庭でも使えるギリギリの価格帯でありながら、業務用の様に衣服を第一に考えたもの。
アンダーウェア用の洗剤としているが、シルクやウール、カシミアなんかも洗うことができるんです!


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/THE PERFECT DETERGENT FOR UNDERWEAR   
¥3,600+税
 
 
サイズ感はというと、インナーとしても使いやすいように少しタイトめ。
ただし、それはあくまでもOlde Homesteaderの中ではという意味で、肌着としては少しだけ余裕を持ったサイジングになっている。
これは、肌着は程よくゆとりを持った方が着心地が良いからに他ならない。
今までのタンクトップを着る目的は、コーディネートや透け防止だったかもしれない。
でもこれは、着る目的が心地良いからになってしまう。
単なる肌着ではなく、とっておきの1着になりそうだ。


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader /TANK TOP   
¥7,500+税
 
left  
使用したのは最高級ランクのスーピマコットン。
柔らかくしっとりとしているからとにかく肌触りが優しい。
さらに他のインナーシリーズよりもほんの少しだけ太めの糸を使い、細やかに編まれている生地がとにかく良い。
横方向にしなやかに伸びて、キックバックも強めだから、ストレスを感じにくいのに型崩れもしにくい。
そして特徴的なのが裏面の微起毛!
この裏起毛、一見よく分からないほどの"微"起毛なのだけど、肌に触れるとその違いは歴然。
普通の起毛をふわふわとすると、この微起毛はなめらか。
例えるなら、キメの細かい生クリーム。 正直、1度着たらもう終わりです。どう考えてもこの着心地は離れがたい!
一般的なTシャツと比べると、少しヘビーでしっかりとしている。
だから透け感も少ないし、1枚で十分成り立つのに着心地は極上。
いつものTシャツをこれに変えるだけで、カジュアルな雰囲気のまま高級感を感じる仕上がりに。
シンプルなアイテムだから、コーデを選ばず飽きずに着られるのも嬉しい。


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/HEAVY WEIGHT CREW NECK SHORT SLEEVE SWEAT   
¥9,500+税
 
 
一般的なものは、ウエストのゴムで固定する。
ところがこのショーツ、下着としては珍しくゴムは一切使用していない。
生地自体の高いキックバックで、全体的に優しくフィットしているのだ。
だから、ウエストだけで固定する場合と比べて、ストレスが格段に少ない。
実際に穿いてみると、この違いが実に大きい。
サイズの微調整は両サイドに配置されたリボンを結ぶ仕様。
マチを折りたたむことによって無段階に3インチ程度調整できる。
下着としてはいわゆる高級な価格帯だと思う。
でも、この作りでこの価格であればむしろ安いとすら感じる。
もちろん、その穿き心地はお墨付き。
分かりやすいブランドも良いけれど、こういう質の良い下着を揃えることこそ究極の贅沢に違いない


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader /Drawers Short   
¥7,500+税
 
left  
プリントユニークな鳥たちが繊細なタッチで描かれたBEAK TO BEAK(ビーク・トゥ・ビーク)。
リバティの創業者、アーサー氏の旅行記にあった「To My Wife」というメモから着想されたfrom London with Love(フロム・ロンドン・ウィズ・ラブ)シリーズの1つ。
このシリーズ、ロンドンの6つのラブストーリからインスパイアされたもの。
中でもBEAK TO BEAKはボーデンによるロンドン自然史博物館の珍しいはく製コレクションの広告ポスターをアイディアソースにしている。
繊細なタッチで描かれた鳥たちは、どこかユニーク。
よく見ると、鳥の羽の模様までも1羽1羽違う模様で彩られている。
この細かな模様がまた、美しい!これはもう、ただの生地というより絵画に近い。
さらに、この鳥たちの背景のカラバリも絶妙。
少しくすみのあるライトブルーに、ボルドー。
繊細なタッチと相まって、レトロな上品さを加えている
暑い季節にピッタリな開襟シャツも、表面がサラリとしているタナローンとマッチ。
シルエットもコンパクトだから、野暮ったくならずにスッキリまとまる。
凛とした心地の良いシャツです。


NEW ARRIVALS
James Mortimer/OPEN COLLAR SHIRT” BEAK TO BEAK ”   
¥24,000+税
 
 
着た瞬間に感じるのは生クリームの様なきめ細やかさ。
極上の肌触りは、着ることの心地よさを思い出させてくれる。
質感はフラットで、マシュマロの様な柔らかさを携えて。
ある程度肉感もあるから下着も透けにくいのも嬉しい。
サイズ感はピッタリフィットではなく、少し余裕を持たせて。
さらに後ろ着丈が長く裾がラウンドしているデザインも、ビンテージがベースながら女性らしさを感じる。
トップスとして1枚で着ても良いし、インナーとして重ねても良い。
季節を問わず、デイリーにガンガン着たくなるタンクトップです!


NEW ARRIVALS
Olde H&Daughter / SLEEVELESS VESTS   
¥6,900+税
 
left  
プリントはイギリス軍の音楽隊をクレヨンで描いたMusical March(ミュージカルマーチ)。
リバティの創業者、アーサー氏の旅行記にあった「To My Wife」というメモから着想されたfrom London with Love(フロム・ロンドン・ウィズ・ラブ)シリーズの1つ。
このシリーズ、ロンドンの6つのラブストーリからインスパイアされたもの。
中でもMusical Marchはビクトリア女王と彼女の従弟であり夫になったアルバート王子の献身的な愛をバックボーンに描かれたもの。
ビクトリアとアルバートは絵画や彫刻、宝飾品からお城までを惜しみなく贈り、これがプレゼントを贈る習慣が始まったんだとか。
42歳でアルバートに先立たれたビクトリアは重い鬱病を患い、その後、彼女が旅立つまでの40年間めったに公の場に現れず黒だけを身に着けたそう。
クレヨンで描かれたポップな音楽隊に秘められた情熱的なラブストーリー。
もちろん、柄だけでも十分にカワイイのだけど、ストーリーを知るとより愛着が湧いてくる。
暑い季節にピッタリな開襟シャツも、表面がサラリとしているタナローンとマッチ。
シルエットもコンパクトだから、野暮ったくならずにスッキリまとまる。
凛とした心地の良いシャツです。


NEW ARRIVALS
James Mortimer/OPEN COLLAR SHIRT”MUSICAL MARCH”   
¥24,000+税
 
 
デザインはというと、50~60年代のビンテージを意識したもの。
ゆるっと余裕のある着こなしを生み出すドロップショルダ―と長くラウンドした裾。
サイズ感は高級素材を惜しみなく使い、タップリと余裕を持たせたもの。
リラックスモードを演出しながら、存在感を発揮している。
スビンコットンを使用したアイテムは、「スビンコットンを使用している」ことが最終目的地。
もちろんそれは、スビンコットンがあまりにも魅力的だからなのだけれど、これは違う。
あくまでも選択肢の1つがスビンコットンな訳で、カットソーとして精密な計算の上で成り立っている。
着た瞬間に背筋が伸びる服は少なくないけれど、肩の力が抜けて深呼吸したくなる様な服は多くはない。
このカットソーがまさにソレ。
肌が喜ぶスビンコットンを、存分に楽しみたい。


NEW ARRIVALS
Olde H&Daughter /CREW NECK SHORT SLEEVE   
¥11,000+税
 
left  
あくまでもシンプルなデザインだけど、日常使いしやすい様にディテールには少しこだわっています。
例えば、サイドのポケット。
右サイドにはマチのあるメッシュポケットを配置。
このメッシュポケット、500mlのペットボトルを入れるのに最適!
背負ったまま取り出すこともできるし、暑い季節だとペットボトルに水滴が付いてしまうけど、メッシュなら心配いりません。
折り畳み傘なんかを入れるのもオススメです。
さらに左サイドにはマチの無い薄めのポケットを。
こっちはパスケースなんかを収納するのに最適。
フロントのポケットはマチ付きでダブルジッパーだから以外と大容量。
メインの気室はあえて1か所に。
ちょっとしたアウターや大きめのポーチなんかも楽々収納できるデイリー使いにピッタリのサイズ感です。
ショルダーベルトもクッション入りで、当たりが柔らかいのも嬉しいポイントです!!


NEW ARRIVALS
Battle Lake Outdoors×MOONLOID /DAY PACK   
¥16,000+税
 
 
老舗シュラフメーカーNANGA(ナンガ)から遊び心満載のアイテムが登場。
その名もミニスリーピングバッグ。
その名の通り、手のひらより少し大きなこの寝袋は人間じゃなくてスマホのためのもの。
6.5インチのスマホならスッポリと入ってしまうサイズ感。
寝袋と同じ様に顔を出す部分もあって、ドローコードで絞めることもできるからアクティブシーンにも使いやすい。
カラビナが付いているから、ベルトループやバッグにも簡単に引っ掛けることができる。
バッグに入れれば出し入れが面倒だけど、ポケットに入れると落とすのが心配。
でも、これがあればそんな心配も無用!
安全に簡単に持ち運ぶことができる。
それに加えてこのデザイン。
スマホを入れると、寝袋にスッポリ包まれた姿が何とも愛らしいんです!!


NEW ARRIVALS
NANGA /Mini sleeping bag phone case   
¥2,500+税
 
left  
リサイクルラバーを使用したサステナブルなChaco


過去モデルのため50%OFF!

早い者勝ちです!
NEW ARRIVALS
Chaco /M's FLIP ECOTREAD   
¥5,800+税¥2,900+税
 
 
インナーがベースになっているとは言え、着てみれば上質なニットの様。
いつものTEEシャツよりも断然心地よく、高級感と上品な雰囲気に仕上がる。 まさに普段着の一張羅といったところ。
付属のBOXも、当時を彷彿とさせるデザインなので、プレゼントにもオススメです。




NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/ CREW NECK SHORT SLEEVE BORDER    
¥12,000+税
 
left  
Olde Homesteader(オールドホームステッダー)がスタートしたきっかけは、半世紀以上も前にアメリカで作られていたデッドストックのアンダーウェア。 仕立ての良いシャツの様に美しいステッチワーク。
伝統的で少しゆったりとしたシルエットに素朴で味わいのある生地。
そして何よりも、肌に触れた瞬間に感じる心地よさ。
それは、いわゆる古き良き時代を象徴するもののようでもあり、
大量生産が常識となった今だからこそ必要なもの。
日常で何気なく使われている「モノ」の本質に向き合い、
本当にいいと思えるプロダクトだけを作っているジャパンブランドです。






>>>レディースページ<<<


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/CREW NECK SHORT SLEEVE   
¥10,000+税
 
 
BALBRIGGANと呼ばれた綿素材のアンダーシャツ。
ヨーロッパを中心に、長い間インターロック(スムース)の編地が使われてきました。
インターロックは、その名前の通りリブ編みが二重に重なった両面編み。
表裏どちらも同じ表情をしているのが特徴です。




NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/HENLEY NECK SHORT SLEEVE BORDER    
¥14,000+税
 
left  
二重に編んでいるから、手間やコストはかかるけれど、その分良いこともたくさんある。
まずは滑らかな肌触りによる心地よさ。
そして、イギリス軍やスイス軍で実際に採用されていた耐久性の高さ。
大量生産の時代になり、その手間やコストから現代では一般的ではなくなってしまったインターロック。
それを、当時のヴィンテージを元に丁寧に再現されたのが、このHENLEY NECKに採用されている編地なのです。
もちろん、編地だけではありません。
特にヨレやすい首裏は当時のディテールそのままに2重に。
袖口や裾にはヴィンテージに多く見られるあぜ編みリブを採用。





>>>レディースページ<<<


NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/HENLEY NECK SHORT SLEEVE    
¥12,000+税
 
 
このMARILYN 2はMARILYN 1ほどではないものの、股上が少し深め。
ヒップラインは丸みを帯びていて、ヒップに沿うようなシルエット。
実際に穿いてみると、ヒップラインが立体的でキレイに仕上がる。
正直、ヒップの立体感は私史上No.1でした。
それもそのはず、なんと両サイドのバックポケットの奥には隠しタックが入っているというこだわり様!
ディテールは、たたいているリベット、大きめの特徴的なバックポケットにペケカン。
MARILYN 1とは異なり、MARILYN 2はLEEをモチーフとしているのがおもしろい。
オンスはしっかりと肉厚の13オンス。
もちろん、赤耳付きセルビッチデニム。
現行のMARILYN 2はMARILYN 1と同じ
11オンスに変更されているのですが、
ビンテージに忠実なのはこの13オンスの方。
今では店舗限定モデルとなった13オンスを特別に入荷しました!!




待望の再入荷!
RE ARRIVALS
ANATOMICA /MARILYN 2   
¥27,000+税
 
left  
ユッタニューマンの中で、このSIMONE(シモーネ)は日本ではなかなか珍しいモデル。
滑らかな曲線を描くソールに反して少し角ばった印象のある長方形のアッパー。
サンダルなんだけど、どこかパンプスの様なドレッシーなイメージをも持っています。
そんなシモーネをベースに今回はアッパーをスエードで作ってもらいました。
スエードのアッパーは柔らかいので痛くなりにくく、ユッタニューマンならではの履き心地をより一層際立たせてくれます。
ベーシックなカラーなので、ショーツなどのカジュアルなボトムだけでなくスラックスなどのキレイめのボトムにも合わせやすい。
気軽に履けて、歩きやすくて、上品で味わい深いサンダル。 それがユッタニューマンのシモーネです。




NEW ARRIVALS
JUTTA NEUMANN/ALICE   
¥54,000+税
 
 
アッパーもフットベッドもレザーというのも大きなポイント。
何年も履き続けているのですが、履き込むほどに増していく味わいもたまりません。
新品よりもちょっと履き込まれているくらいがカッコいい。
安いサンダルではないですが、長く長く大事に育てていきたいと思えるのは、
もちろん履き心地が良いからだけではありません。
革製品のハンドメイドにこだわり続けているブランドだからこそ、時が経つほどに魅力が高まってくる。
便利な世の中だからこそ、そんな価値観を持つユッタニューマンが支持されているのかもしれません。




NEW ARRIVALS
JUTTA NEUMANN/ALICE   
¥54,000+税
 
left  
このALICE(アリス)はユッタニューマンを代表するモデル。
ブランドのアイコンとも言える形です。
普通じゃ面白くないから、今回はそのアリスをベースに今回はアッパーをメタリックの牛革で仕上げてもらいました。
履き心地はそのまま、ユッタニューマンには珍しくなんともキャッチ―な1足に。
上品なコーデにも、カジュアルにもモードにも。
いつものコーデに合わせるだけで、箔がつきます。



NEW ARRIVALS
JUTTA NEUMANN/ALICE   
¥54,000+税
 
 
シンプルなカードケースに見えるけど、実はゴリゴリの本格派。
使用しているレザーはフランス軍が使用していたレザーパッチを取り寄せ、漉いたもの。
当時はこのレザーパッチに焼き印を入れて名札代わりにしていたそう。
レザー自体がビンテージだから、それぞれに個性があって1つ1つの表情が違う。
全てが同じではないし、細かな傷なんかも付いていたりするけど、大量生産とは違ってそれがいい。
レザーパッチだったものを丁寧に漉いてリメイクしているところも、何だかロマンを感じるもの。
もちろん、もともとが丈夫な牛革だから品質もお墨付き。
さらに、そんなタクティカルな背景を持つレザーに合わせたのが、なんともポップなクリアカラー。
これこれ。 単にビンテージのレザーパッチを使いましたって言うのじゃなくて、その対極とも言えるポップなクリアカラーを合わせるところ。
素材に甘えず最後の最後まで企画を練り倒すところが、さすがアナトミカ。



NEW ARRIVALS
ANATOMICA/CARD CASE   
¥2,000+税
 
left  
ポケットもフロントも袖も、留めているのは軽くて使い勝手の良いスナップボタン。
確かに、この方が畳みやすくて持ち運びしやすいし、開け閉めも簡単。
胸ポケットは一見すると左胸1か所だけだけど、実は左右2か所の隠し胸ポケットが配置されている。
さらに、腰ポケットも左右に1か所ずつ。
合わせるとフロントポケットは全部で5か所配置。
特に3か所の胸ポケットは中のものを落としづらいから、安心感もある。
シンプルなデザインだから、日常生活にも合わせやすいユーティリティシャツ。
まさにミリタリーとアウトドアの良いところどりと言ったところ。
しかも、それをDESCENTE dddでやってしまう。
そのバランスが何とも絶妙なんです。



NEW ARRIVALS
DESCENTE ddd/UTILITY SHIRT   
¥16,000+税
 
 
二重に編んでいるから、手間やコストはかかるけれど、その分良いこともたくさんある。
まずは滑らかな肌触りによる心地よさ。
そして、イギリス軍やスイス軍で実際に採用されていた耐久性の高さ。
大量生産の時代になり、その手間やコストから現代では一般的ではなくなってしまったインターロック。
それを、当時のヴィンテージを元に丁寧に再現されたのが、このCREW NECKに採用されている編地なのです!!



NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/CREW NECK LONG SLEEVE   
¥11,000+税
 
left  
インナーというよりは丁寧に仕立てられたロンTEEという方がしっくりくる。
ボーダーはクラシカルな雰囲気がたまらない。
その配色やパターンが馴染みやすく、無地の様に着ることができるのにひねりが効いている。
特に1枚で着た時のバランスが絶妙です。
付属のBOXも、当時を彷彿とさせるデザインなので、プレゼントにもオススメです!!



NEW ARRIVALS
Olde Homesteader/CREW NECK LONG SLEEVE BORDER   
¥13,000+税
 
 
アメリカンアスレチックウェア特融のチューブボディは、サイドに縫い目が無いからチクチクしたりゴワゴワしたりしない。
ドライな質感だから汗をかいても張りつきにくく、心地いい。
サラリとした着心地は、アメリカコットンだからこそなんです!!



NEW ARRIVALS
GOODWEAR /SLEEVELESS POCKET ONEPIECE LONG   
¥7,400+税
 
left  
このワンピ―ス、ガンガン着てもヘタれにくいし、着心地は良いし、かなり重宝しています。
特に暑い季節なんかは、なるべくストレスを感じたくないからアメリカコットンのワンピは最高。
ロング丈なのも、より1枚で着やすくて安心感もある。
ノースリーブなら、より女性らしい雰囲気に。
日常生活やお出かけにはもちろん、リラックスしたいときにも持ってこい。
カラバリも豊富だから、集めるのも楽しくなりそう!!



NEW ARRIVALS
GOODWEAR/S/S POCKET ONEPIECE LONG   
¥7,200+税
 
 
このベルトは普通のベルトとはちょっと違う。
バックルにベルトの端を通した後は、ピンを穴に差し込むだけ。
ユニークなデザインに注目しがちですが、個人的には通常のバックルベルトより嵩張りにくいところがお気に入りポイントです。
通常であれば、バックルとピンの間にベルトを通すのでタックアウトしたときにトップスがボコッと膨らみがち。
このベルトは、ベルトがバックルを跨ぐ必要が無いので、通常のバックルベルトに比べて滑らかなんです!!



NEW ARRIVALS
TORY LEATHER/Spur Buckle Belt   
¥8,000+税
 
left  
毎シーズン革新的な技術を取り入れた新作をリリースしてきたSUICOKEの2020年の新作がVON! 見た目は何やら普通のビーサン・・・? いやいや、これがVibram(ビブラム)社が新開発したハイテク素材でできているんです。 その名もMorflex(モルフレックス) HEA。 これが抜群に軽いのにめちゃくちゃ強いんです!

NEW ARRIVALS
SUICOKE 2020SS /VON   
¥9,000+税
 
 
フロントは日常生活には欠かせないジッパーフライ。
全てのポケットに水抜き用のメッシュ素材を使用しているから、ポケットに水が溜まる心配がもない。
さらに左の太ももには全面メッシュのポケットも。
街使いにももちろんだけど、山や海、アウトドアやフェスにも。
機能がたっぷり詰まった快適ショーツです!!


NEW ARRIVALS
WILD THINGS/CAMP SHORTS   
¥9,000+税
 
left  
こだわりが最もよく表れているのがアウトソール。
Vibramソールからさらに機能性をアップさせたChacoオリジナルのCHACOGLIP(チャコグリップ)を採用。
このCHACOGLIP、同じZ/1シリーズでもメンズとウィメンズで溝の形状や深さを変えているというこだわり様。
Z/1は、裸足だけでなくソックスを合わせることもできる定番モデル。
だから、色んな履き方をできるから、初めてChacoを履く方にはZ/1が断然オススメです!



NEW ARRIVALS
Chaco /Z/1 ClassicMens   
¥9,500+税
 
 
いわゆるビーチサンダルや他メーカーのスポーツサンダルと比べると、Chacoのサンダルは重たいです。
しかし、この重さこそがスニーカーの様な安心感を生み出す重要なポイントでもあります。
つまり、ファッション性の高さだけではなく、
しっかりとうらづけされた履き心地の良さこそがChacoの魅力なんです!!


NEW ARRIVALS
Chaco/Z1 Classic Women   
¥9,500+税