ミニピアノの音程精度について


カワイミニピアノは、正確な音程を体で覚え、楽しんでいただきために 正確な音程精度を追求したおもちゃです。
基準音-10セント、+20セントの中に入るように各音を調律しています。 (セントは半音の1/100の単位)
基準音Aは442Hzを採用しています。
これはコンサートピッチと言って多くのコンサートホールで採用されている基準音程のことで、現在の主流になっています。

正確でクリアな音を出すために


カワイミニピアノはクリアで美しく、正確な音を追求するために素材や音を出す仕組みを工夫しています。
従来のトイピアノは片持ち梁方式を採用していましたが、カワイミニピアノはそれまでの常識を打ち破り、 両端自由式アルミパイプ音源を採用しています。

片持ち梁音源は根っこの部分に力が集中し、だんだん狂いが生じてしまうのに対し、ミニピアノ方式では音源に 無理な力がかからないため音程が変化することはありません。

自然だから耳に優しい


カワイミニピアノは手の力でポンポン叩くように演奏していきます。
優しい自然でクリアな音がずっと楽しめます。

ちっちゃな手になじむ鍵盤


カワイミニピアノの鍵盤は、学校などで使用する鍵盤ハーモニカと同じミッドサイズを採用していますから、 ちっちゃな手にもなじみます。ミニピアノを卒業してほかの鍵盤楽器にスムーズに移れます。