CLARITY・・・クラリティー

ダイヤの、内包物を含む度合いによりクラリティーのランク付けがなされています。
ダイヤの自然における生成過程において含まれる内包物が少ないほど、より輝く良質のダイヤといえます。
大抵のダイヤモンドは不純物を含みますが、少なくなればなるほどより希少性が高まり価値も上がります。

VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
拡大しても内包
物が見えにくい
肉眼では殆
ど分からない
肉眼では見えにくい 肉眼でも見えるものもある

color・・・カラー


ダイヤの持つカラーは無色透明がもっとも価値があるとされています。ダイヤモンド
には自然の色がさまざまについており無色透明になる程、その価値は高まります。

DからZまで23段階に等級付けされD,E,Fが最高位となります。

D E F G H I J K L M〜Z
無色透明 ほぼ無色透明
若干色が分かる、真正
面からは無色に見える
黄色が分かる