トップ > レシピライブラリー > ホホバ・オイリー肌改善・クリーム
ホホバ・オイリー肌改善・クリーム

所要時間約20分

印刷用ページを表示

ホホバ・オイリー肌改善・クリーム

オイリー肌にお悩みの方必見!

皮脂バランスを整えてくれるホホバオイルのクリームはいかがでしょうか。

少し粘度があり、乳液のようなクリームです。

化粧水のあと、顔になじませるようにつけてください。

完成量
約35ml(約2週間分)
保存方法
要冷蔵
保存期間
2週間
おすすめポイント
とろみのあるクリーム
ニキビ肌にもおすすめ

容器の消毒方法・計量について

ボトルの消毒
除菌アルコールを少量入れ、キャップを閉めて容器内全体に行き渡るよう振り混ぜます。ワンタッチキャップや中栓を使用する場合は装着して滴下して下さい。キャップを取り、アルコールを揮発させれば完了です。
器具、ジャーの消毒
ティッシュなどに除菌アルコールを含ませ、器具や容器の内部を拭き取ります。アルコールを揮発させれば完了です。

レシピ中の単位「大さじ・小さじ」「spoon」について

レシピ中の単位「spoon」は、少量用の計量スプーンを使用した際の分量です。
以下の対照表をご参照ください。

大さじ1 15ml
小さじ1 5ml
1spoon 1ml
1/2spoon 0.5ml
1/4spoon 0.25ml
1/10spoon 0.01ml
  • 少量用計量スプーンは本サイトでも販売しております。
  • 原料によってgとmlの単位が混在しています。全てスプーンで計量できるように表記していますので参考にして計量してください。

作り方

1 【ホホバオイル・オーガニック】、【乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニック】をビーカーなどの耐熱容器に入れ、電子レンジで約80℃になるまで加熱します。
これを油系原料とします。
2 精製水をビーカーなどの耐熱容器に入れ、電子レンジで約80℃になるまで加熱します。
精製水を加熱しすぎると、完成量が少なくなってしまいます。
3 ビーカーに【キサンタンガム】を入れ、2の温めた精製水を少しずつ中に入れ、電動泡立て器でとろみがつくまで混ぜます。
これを水系原料とします。
4 水系原料、油系原料ともに約80℃になっていることを確認し、水系原料のビーカーの中に油系原料を少しづつ加え、電動泡立て器で約10分程混ぜてください。
ここで約80℃になっていないと、乳化ができません。
5 粗熱がとれたら、【ビタミンC誘導体・油溶性(VCIP)】を加え、泡立て器で均一にまぜ、容器に入れて完成です。

おすすめ原料

お悩み 商品 配合量 ポイント
肌荒れ ビタミンB3原末(ナイアシンアミド) 1.5g(小さじ1/2×1) 手順5で加え、よくかき混ぜててください。

必ずお読みください

  • 原料の相性により、調合の際に成分が変質する場合がありますので、基本的に公式サイトに掲載のレシピをご利用ください。 アレンジはお客様の責任においてのみお願いいたします。
  • すべての原料間の相性を調べるのは非常に困難です。相性に関するお問い合わせは受けかねますのでご了承ください。
  • 原料間の相性については、現時点でわかっているものについては各原料の説明ページに記載しております。

レシピ