修理について

ミシンに不具合がある場合は、お手数お掛け致しますが、お問い合わせフォームより当店までご連絡ください。
※窓口が異なる為、お電話でご連絡いただいた場合でも、ご返答はメールにてご案内となります。予めご了承下さい。

ご依頼の際は、下記の情報をご準備の上、お問い合わせください。

ご注文番号:
お客様氏名:
お電話番号:
メーカー/機種:
ご購入日:
縫い目の状況(縫える・縫えない等):
症状(具体的に):



※修理の際にパーツ交換があった場合は、パーツ代はお客様負担となります。
※ダンボールは修理の際に必要になりますので保管することを推奨致します。





※ご依頼前にこちらをご確認ください。

ミシンが動かない
■ 下糸巻き軸が右になっていませんか?
→ 下糸巻き軸が右になっていると下糸巻きモードとなっているので、左にしてください。
上糸が絡む・切れる
■ 上糸が天びんにかかっていますか?
→ 上糸のかけ方が間違っています。押え上げレバーを上げて、上糸をかけ直してください。

■ 糸絡みした糸くずは残っていませんか?
→ 釜の掃除を行ってください。

■ 糸に結び目やこぶがありませんか?
→ その部分を取り除いてください。

■ 糸に合った針を使用していますか?
→ 糸に合った針を使用してください。

■ 上糸調子が強すぎませんか?
→ 上糸調子を弱くしてください。

■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしてませんか?
→ 新しい針に交換してください。

■ 針は正しく取り付けられていますか?
→ 針が正しく取り付けられているかどうか確認してください。

■ 針板の穴の周囲に傷がありませんか?
→ 破損している為、針板を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 押えの穴の周辺に傷がありませんか?
→ 破損している為、押えを交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 内釜に傷がありませんか?
→ 破損している為、内釜を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。
下糸が切れる
■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしてませんか?
→ 新しい針に交換してください。

■ 針は正しく取り付けられていますか?
→ 針が正しく取り付けられているかどうか確認してください。

■ ボビンのセットの向きはあっていますか?
→ 糸が左巻きになるようにボビンをセットして、内釜の切りミゾへ糸を通してください。

■ 下糸は、ボビンに、正しく巻かれていますか?
→ 糸こまを正しくセットし、糸が手前から出るようにして、下糸を巻いてください。

■ 糸が絡まっていませんか?
→ 上糸・下糸が絡まっていないか確認してください。釜の掃除をしてください。

■ 針板の穴の周囲に傷がありませんか?
→ 破損している為、針板を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 押えの穴の周辺に傷がありませんか?
→ 破損している為、押えを交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 内釜に傷がありませんか?
→ 破損している為、内釜を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。
縫い目が飛ぶ
■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしてませんか?
→ 新しい針に交換してください。

■ 薄地やのびる布地の場合に、ぬい目がつれたり布がうまく送られていない場合がありませんか?
→ 布地の下にハトロン紙などの薄い紙を敷いてぬってみてください。

■ 上糸のかけ方が間違っていませんか?
→ 一度取り外し、正しく上糸をかけ直してください。

■ 下糸のセットの仕方が間違っていませんか
→ 一度取り外し、正しく下糸をセットしてください。

■ 釜に糸くずやほこりがたまっていませんか?
→ 釜の掃除を行ってください。

■ 布地に合った糸と針を使用していますか?
→ 布地に合った糸と針を使用してください。

■ 針の取り付け方が間違っていませんか?
→ 針を正しく取り付け直してください。
糸が釜に絡まった
糸が釜に絡まってミシンが動かなくなった時は、プーリー(まわし車)を無理に回さないでください。

プーリーを無理に回すと、ミシンのタイミングがズレて縫えなくなってしまいます。絡まった糸は、針板をはずしハサミやカッターなどで糸を切り取ってください。
下糸がぐちゃぐちゃになる
■ 上糸が天びんにかかっていますか?
上糸が正しくかかってないと、糸調節の機能が働かず、上糸がたくさん布に対して、縫われ(送られ)てしまい、布の裏からボビンにかけて、糸が絡んでしまいます。

→ 押え上げレバーを上げて、上糸をかけ直してください。
その後、針穴に糸を通す前に押え上げレバーを下げて、上糸を引っ張り、上糸に抵抗があることを確認してください。

■ ボビンのセットの向きはあっていますか?
→ 糸が左巻きになるようにボビンをセットして、内釜の切りミゾへ糸を通してください。

■ 糸絡みした糸くずは残っていませんか?
→ 釜の掃除を行ってください。

■ 針板の穴の周囲に傷がありませんか?
→ 破損している為、針板を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 押えの穴の周辺に傷がありませんか?
→ 破損している為、押えを交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 内釜に傷がありませんか?
→ 破損している為、内釜を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。
布が食い込む
■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしていませんか?
新しい針に交換してください。

■ 布地に合った糸や針を使用していますか?
→ 布地に対して太い針や糸を使っていると食い込みの原因になります。布地に合った糸や針を使用してください。

■ 糸が絡まっていませんか?
→ 上糸、下糸が絡まっていないか確認し、釜の掃除をしてください。
布を送らない
■ 縫い模様に対して使用している押えは合っていますか?
模様と押えの組み合わせを確認してください。

■ 厚地に対して細い針を使っていませんか?
→ 厚地を縫う場合、16番または14番の針をお使いください。

■ 薄地や伸縮地の布を縫っていませんか?
→ 薄地や伸縮地の布を縫っている場合、食い込むことがあります。布地の下にハトロン紙などの薄い紙を敷いて縫ってみてください。

■ 布の裏で、糸が絡んでいませんか?
→ 上糸のかけ方が間違っている場合があります。正しく上糸をかけ直してください。
布にしわがよる・上糸が吊る
■ 上糸の調子が強すぎませんか?
→ 上糸調子を調整してください。

■ 上糸のかけ方が間違っていませんか?
→ 正しく上糸をかけ直してください。

■ 下糸のセットの仕方が間違っていませんか?
→ 正しく下糸をセットし直してください。

■ 糸コマは正しくセットされていますか?
→ 糸コマを正しく取り付けてください。

■ 布地に合った糸や針を使用していますか?
→ 布地に対して太い針や糸を使っているとしわの原因になります。布地に合った糸や針を使用してください。

■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしていませんか?
→ 新しい針に交換してください。

■ 薄地の場合に、縫い目がつれたり布がうまく送られていない場合がありませんか?
→ 布地の下にハトロン紙などの薄い紙を敷いて縫ってみてください。
針が折れる
■ 針は正しく取り付けられていますか?
→ 針が正しく取り付けられているかどうか確認してください。
平らな面を後ろ側に向けてストッパーに当たるまで差し込み、針止めネジをしっかりとしめてください。

■ 布地を無理に引っ張っていませんか?
→ 布地は軽く押さえて縫ってください。

■ 厚地に対して細い針を使っていませんか?
→ 厚地を縫う場合、16番または14番の針をお使いください。

■ 縫い模様に対して使用している押えは合っていますか?
→ 模様と押えの組み合わせを確認してください。

■ 上糸のセットの仕方が間違っていませんか?
→ 上糸を正しくかけなおしてください。

■ 上糸調子が強すぎませんか?
→ 上糸調子を弱くしてください。

■ 内釜の切りミゾに糸は通っていますか?
→ 切りミゾに糸が通っていることを確認してください。

■ 針板の穴の周囲に傷がありませんか?
→ 破損している為、針板を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 押えの穴の周辺に傷がありませんか?
→ 破損している為、押えを交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。

■ 内釜に傷がありませんか?
→ 破損している為、内釜を交換する必要がございます。※パーツ費用が掛かります。
費用につきましては、機種により異なりますので、一度お問い合わせください。
ミシンから異音がする
■ 上糸が天びんにかかっていますか?
→ 上糸のかけ方が間違っています。押えレバーを上げて、上糸をかけ直してください。

■ 針は正しく取り付けられていますか?
→ 針が正しく取り付けられているかどうか確認してください。

■ 針が曲がっていたり、針先がつぶれていたりしてませんか?
→ 新しい針に交換してください。

■ 布地に合った糸や針を使用していますか?
→ 布地に対して太い針や糸を使っていると食い込みの原因になります。布地に合った糸や針を使用してください。

■ 部品がこすれるような音がしたり、部品があたるような音がしませんか?
→ 以前と比べて音が大きくなった場合や、原因が特定できない場合は、修理点検の必要がございます。一度お問い合わせください。


上記で解決しない場合は、お手数お掛けしますが、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム





閉じる