ハワイアンジュエリーの歴史について

ハワイアンジュエリーは、世界中で人気のジュエリーですが、そんなハワイアンジュエリーには長きにわたる歴史があるのをご存知でしょうか。こちらでは、ハワイアンジュエリーの歴史についてご紹介します。

ハワイアンジュエリーの起源

17世紀後半に、イギリスで流行していた「センチメンタル・ジュエリー」とよばれるゴールドジュエリーが、ハワイアンジュエリーの起源とされています。センチメンタル・ジュエリーは、友人や家族へ愛の言葉などを彫り込んだものでしたが、イギリスの最盛期である19世紀に再び流行することになります。

想いがこもったハワイアンジュエリー

19世紀のイギリスでは、芸術などあらゆる分野が発展をとげましたが、イギリス王室のビクトリア女王は最愛の夫、アルバート公を亡くしてから、享年まで夫の死を悼んで喪服を着用し、ジュエリーも喪服に合う黒いものを身につけていたといわれています。

ビクトリア女王と親交のあった、ハワイ王国のリリウオカラニ女王は、夫を亡くし気を落としているビクトリア女王のために、ヴィクトリアンスタイルのジュエリーを作らせました。それは、金のブレスレットに黒いエナメルで文字を入れたもので、ハワイ語で「ホオマナオ・マウ Ho'omanao mau (永遠の思い出)」という言葉が刻まれていました。
このブレスレットが、ハワイアンジュエリーのはじまりといわれています。

ハワイアンジュエリーの流行

リリウオカラニ女王は、大切な恩師であった女性にも「アロハ・オエ(貴方が愛されますように)」と言葉を彫った、ハワイアンジュエリーのブレスレットをプレゼントしました。その恩師であった女性は女学校の校長をしていたことから、それを見た女子生徒が似たようなブレスレットを身につけるようになり、ハワイアンジュエリーは流行していったのです。

ハワイアンジュエリーは大切な人への贈り物

こうした伝統が物語るように、ハワイアンジュエリーは、代々受け継がれる宝、家宝であり、ハワイでは祖母から母へ、母から娘へと大切に受け継がれるものです。家族や恋人、友への愛情を表現するもの、それが、ハワイアンジュエリーのスピリットであり、時を越えて、ハワイアンに愛される理由がそこにあるといえます。

通販でネックレスなどハワイアンジュエリーをお探しでしたら、当店をぜひご利用ください。ネックレスや、リング、ピアスなど様々なハワイアンジュエリーを皆様にお届けします。クロスやハートのペアネックレスは、恋人へのプレゼントにもおすすめです。当店は刻印・名入れは無料で、誕生石(有料)もセッティングできますので、自分だけのオリジナルアクセサリーにすることも可能です。

モチーフの意味合いを考えながら、とっておきのお気に入りをお選びいただけます。メール便、または3,980円(税込)以上のお買い物にて送料無料になりますので、ハワイアンジュエリーをお求めの際は当店をご利用ください。