ミガキイチゴニュース

ミガキイチゴ・カネットを持ってBBQへ♪キャップ付きの缶ボトルなので、アウトドアの乾杯に大活躍です!


/ 私たちが作っています \

ミガキイチゴストアにお越し頂きありがとうございます。私たちは宮城県山元町を世界一のイチゴの産地にするためにがんばっています!

私たちが作っています!

Q.イチゴのこだわりはなんですか?
100%真っ赤に熟するまで育てていること。
70%ぐらいの熟度で収穫してしまう農家さんがほとんどだけど、その状態のものを売るのは嫌なんだ。
しっかり真っ赤にして届けたい。
何より美味しいって言ってもらえるから。
Q.イチゴを作り始めたきっかけは何ですか?
イチゴ農家の長男だったもの。
親からイチゴ農業を継いだ時、親は何も教えてくれなかったから
自分でやって正解を探した。苦労したんだよ。


Q.「イチゴの扱いは子どもと一緒だ」と言っていたと聞いたことがあるのですが
そうだべや、これ(イチゴ)、子どもなんだぞ。
ちゃーんと手をかけてやんなきゃいけねぇ。
優しくな。子ども育てるのと一緒なんだから。
定植して、こういうふうに実を付けてくれると、
やっぱり嬉しいんだ。
毎年、気候によっても違ってくるから管理は
徹底してやらなきゃならない。
苦労して植えて実がとれなきゃがっかりすっぺ。


農業に携わってきて、食べ物は人を喜ばせるということに気がつきました。
被災地の東北に目を向け、何か役に立ちたいと思った時に、
農業以外の選択肢はありませんでした。
その中で、イチゴとの縁は偶然でしたが
イチゴは見ても、食べても人を笑顔にすることができます。
今、そのイチゴ作りに携わっていることが喜びであり
やりがいでもあり、イチゴ作りが天職だと感じています。

夢はイチゴのワールドカップを開催すること!
その時はもちろんミガキイチゴが日本代表に!