寸胴鍋ナビ
ラーメン用スープのオススメ寸胴
ラーメンスープは何十人分のスープを大量に調理しなければいけないので大容量のモノを必要とします。
大型の寸胴鍋ですと直火にかけた場合、底面と上面での温度差により味にブレが生じます。
アルミは鍋の内部(上下)での温度差が少なく、スープ用に適しています。
タイプ: 寸胴
材質 : アルミ

カレーのオススメ寸胴
大量のカレー作りには弱火で長時間の煮込みが必要です。粘度の高いカレー等はステンレスですと
焦げ付きやすく(直火の当たる部分のみ高温となるため)、熱伝導の良いアルミが使われます。
タイプ: 寸胴・半寸胴
材質 : アルミ

麺茹で用のオススメ寸胴(ステンレスモリブデン) 
ラーメンに含まれるかん水はアルミ鍋の腐食の原因の一つとなります。
パスタを茹でる場合にもお湯の中に5%程度の塩を入れるため、アルミは腐食しやすく不向きです。ステンレスの方が腐食に強いため、麺茹でにはステンレスやモリブデンが使われます。麺を鍋に入れた場合、お湯の温度が下がりにくいのもステンレスの特徴です。
タイプ: 寸胴
材質 : ステンレス・モリブデン

煮込み料理用のオススメ寸胴
洋食、和食とも大量の煮込み料理には熱伝導の良いアルミが使われます。熱が鍋全体に均一に行き渡り、鍋の上面と下面での温度差が少なく調理しやすいためです。
タイプ: 半寸胴
材質 : アルミ

塩分の強い食材煮込み料理用のオススメ寸胴
塩分の強い食材の煮込みには耐食性に優れたモリブデンが向きます。
アルミは塩分に対し腐食しやすく不向きです。
タイプ: 半寸胴
材質 : モリブデン