度付きスイミングゴーグルの度数の選び方

 通常眼鏡は空気中で使用します。これに対しスイミングゴーグルやダイビングマスクは水中で使用します。メガネの度数は空気中で使用するのに快適な度数に調整しておりますが、その度数はそのまま水中での快適な使用にあてはめる事はできません。眼鏡の場合、眼があり、空気があり、レンズ、そして空気があります。スイミングゴーグル等の場合は、眼、空気、レンズ、水の順になります。ここで問題となるのは空気(nd=1)と水(nd=1.33)の屈折率の違いです。例えばコップにさしたストローを横から見た場合、水面でストローが折れ曲がって見えたり、水中メガネで水中を見た場合、物が大きく見えたりするのはこの為です。ですから、眼鏡の度数と同じ度数のレンズを水中で使用しても同じ効果は得られません。例えばスイミングゴーグル等で眼鏡と同じレンズの効果を得ようとした場合には近視では眼鏡より少し弱い度数ですみます。

 選び方にはふたつの考え方ががあります。ひとつはプールサイド等、水中以外での見え方を重視する場合。もうひとつは水中での見え方を重視する場合です。現在ご使用のメガネの度数、もしくは眼鏡処方箋より度数を決定する事が出来ます。(メガネの度や眼鏡処方箋の見方

オーダーメイド品をご注文の場合....より快適で正確な視力を水中で得たい場合、オーダーメイド品では近視、遠視、乱視またP.Dまでご指定頂けます。オーダーの際の度数は下記計算機で算出された数値に一番近い度数をお選びください。この場合、プールサイド等、空気中で使用した場合は、少しボヤケて見えます。
※上記は最高の視力が得られる状態での処方が基本となります。やや弱めの度数となっている場合には、そのままの度数でご指定ください。
オーダーメイド度付きスイミングゴーグル/ダイビングマスク簡易計算機
プールサイド等空気中での見え方を重視する場合には、メガネや眼鏡処方箋と同じ度数で問題ありません。