度付きスイミングゴーグルやダイビングマスクの度数の選び方

 通常眼鏡は空気中で使用します。これに対しスイミングゴーグルやダイビングマスクは水中で使用します。メガネの度数は空気中で使用するのに快適な度数に調整しておりますが、その度数はそのまま水中での快適な使用にあてはめる事はできません。眼鏡の場合、眼があり、空気があり、レンズ、そして空気があります。スイミングゴーグル等の場合は、眼、空気、レンズ、水の順になります。ここで問題となるのは空気(nd=1)と水(nd=1.33)の屈折率の違いです。例えばコップにさしたストローを横から見た場合、水面でストローが折れ曲がって見えたり、水中メガネで水中を見た場合、物が大きく見えたりするのはこの為です。ですから、眼鏡の度数と同じ度数のレンズを水中で使用しても同じ効果は得られません。例えばスイミングゴーグル等で眼鏡と同じレンズの効果を得ようとした場合には近視では眼鏡より少し弱い度数ですみます。
  オーダーメイド品以外の水中ゴーグル、ダイビングマスクでは乱視の度数は入りません。また、レンズ左右の中心点の距離と眼の左右の距離(瞳孔間距離=P.D)も厳密には一致しません。P.Dが一致しない場合にはレンズのプリズム作用により、視線のズレが生じ、二重に見えたり、疲労の原因となります。しかし短時間の使用の場合には特に強い近視や遠視、乱視の場合を除き、そこまでシビアに考える必要も無いかと思います。

 選び方にはふたつの考え方ががあります。ひとつはプールサイド等、水中以外での見え方を重視する場合。もうひとつは水中での見え方を重視する場合です。現在ご使用のメガネの度数、もしくは眼鏡処方箋より度数を決定する事が出来ます。(メガネの度や眼鏡処方箋の見方

  • プールサイド等、水中以外での見え方を重視する場合....プールの場合、規則や簡便性によりプールサイドにメガネを持ち込まない場合があります。ずっと水の中に入っているわけではありません。プールサイド等空気中での使用をメインに考えた場合には、メガネや眼鏡処方箋と同じ度数で問題ありません。オーダーメイド品以外では、乱視の度数は入りませんが、シビアに考えない場合は、近視の度数に乱視の度数を考慮したもの(等価球面値)に一番近い度数のものを選ぶと良いでしょう。オーダーいただけます場合、下記の等価球面値計算機をご利用くださいませ。
    等価球面値計算機

  • 水中での見え方を重視する場合....水中で快適な視力を得たい場合、前述のようにメガネの度数そのままでは、近視の場合には水中使用において強すぎてしまいますので、少し弱めの度数を選びます。少し..というのはどのくらいかが問題ですね。オーダーいただけます場合、下記の度付きスイミングゴーグル簡易計算機で算出された数値に一番近い度数をお選びください。この場合、プールサイド等、空気中で使用した場合は、少しボヤケて見えます。
    度付きスイミングゴーグル簡易計算機

  • オーダーメイド品をご注文の場合....より快適で正確な視力を水中で得たい場合、オーダーメイド品では近視、遠視、乱視またP.Dまでお選び頂けます。遠視の方、近視や乱視の強い方のスイミングゴーグル。スキューバダイビングでのより快適な水中視力を得たい場合のダイビングマスクはオーダーメイド品をお選びくださいませ。オーダーの際の度数は下記計算機で算出された数値に一番近い度数をお選びください。この場合、プールサイド等、空気中で使用した場合は、少しボヤケて見えます。
    オーダーメイド度付きスイミングゴーグル/ダイビングマスク簡易計算機

選び方の目安(店長栗原の主観がかなり入ってますので、当てはまらない場合もあります)
スイミングゴーグルの場合
水中での見え方も大切ですが、水面から顔を出し、インストラクターの指示やタイマーを確認する場合も多々ありますので、水中での見え方を重視しすぎると、これらが見えずらくなってしまう場合があります。
また、水中で見ているのは短時間であることから、現在お使いのメガネや処方箋の度数、そのままでお使いお使いいただく事が良好な結果になると思います。
乱視がある場合
処方箋やメガネデータにCとかCylと記載されているものが乱視の度数です。この数値が記載なし(0.00)〜-1.00Dの場合、短時間の使用である事を考えると、若干見え方は落ちますが、費用対効果を考えた場合には乱視なしでお使いいただいても影響は少ないと思います。→オススメのスイミングゴーグル:SPALDING FO-1、SWANS SW-29
乱視の数値が-1.50Dより強い場合、乱視を無視してしまうと水中でも水上でもボヤケやにじみが生じます。乱視付きのタイプでの製作が良いと思います。→オススメのスイミングゴーグル:SPALSING SPS-10、SWANS SWOP-01

ダイビングマスクの場合
度数とマスクタイプの考え方

まずは、ご自身のダイビングスタイルを思い浮かべてください。ビーチエントリーが多い場合や水中撮影をするにあたりモニターを見る機会が多い場合には、水上ではさほど遠景を見る必要は少ないと思いますので、水中の見え方を重視したほうが良好と思われます。但し30歳以下でしたら、眼の調節力も旺盛ですので、現在お使いのメガネや処方箋での製作されたほうが水上、水中ともよく見えて良いと思います。乱視の考え方は前述の項を参考にしてください。乱視がない近視の場合にはレディメイドタイプ、遠視や乱視のある場合にはオーダーメイドタイプでの製作をオススメします。45歳以上の場合には遠近両用タイプが良いと思います。
ドリフトダイビングが多い場合には、浮上後に船の位置を確認したい時に、遠景がボヤケてしまうとストレスになります。(実は私にはこの経験があります)このため水上での遠景の見え方も重要になりますので、現在お使いのメガネや処方箋での製作が向いていると思われます。但し、この場合、特に注意していただきたいのが老眼の問題です。個人差はありますが45歳以上の場合、近くが見えずらくなりますので、残圧計やダイコン等の計器類やカメラモニターの確認がしずらくなりますので遠近両用タイプをお選びください。ドリフトダイビングがメインでも、水中の遠景ではなく、小いさなエビや無脊椎等の観察が好きな方は水中での見え方を重視された方が良いと思います。