FR
完全無欠のオールラウンドピュアレーサー


FRは現代ロードレーサーへのFELTの解答です。最高のパフォーマンスを発揮するにはライダーとバイクがエンジンとマシンの様に調和することが必要です。急峻な超級山岳へのヒルクライムからテクニカルなダウンヒル、危険なパヴェでのブレークアウェーから最高速でのゴールスプリント、そこに至るまでの道がどんなに厳しいものであったとしても、FRはライダーの最高のパフォーマンスを引き出します。  
選手からの信頼も厚い完成されたレーシングジオメトリーは基本的に踏襲。そこに200km先のフィニッシュでフレッシュなスプリントをするための快適性と路面追従性を加えるために、最新の解析技術と蓄積した研究成果を駆使し、フレーム形状を一新しました。  FRにはさらに最新のコンポーネントとパーツに最適化されたデザインを取り入れています。コンポーネントは、有線と無線、両方の電動式に対応し、機械式にも完璧に対応するよう、シンプルなケーブルシステムを開発。タイヤクリアランスは拡大され28Cまで対応します。ライダーの好みに合わせてコンポーネントとパーツを幅広く選択可能です。  
驚異的な重量剛性比とニュートラルかつキレのあるハンドリング、そして垂直方向の柔軟性を大幅に向上させ、どんなレースシーンでも100%のパフォーマンスを発揮する快適性と路面追従性を獲得。FELTの歴史で最高と自信を持って言えるロードレーサーがFRです。




PERFORMANCE COMPLIANCE
ラフな路面を走行する場合、路面の凹凸を吸収しホイールを常に路面に接地させ、エネルギーのロスを防ぐことが重要です。FRの開発ではリアエンドに垂直方向の柔軟性を与えるために、シートステイ周辺のデザインに特にこだわりました。シートステイはシートチューブの外側を通りトップチューブへ接続。
サドル~BBのフレキシビリティが12%向上し、ステイ間の幅が広がったことにより横方向の剛性も高まっています。またブレーキブリッジをなくして作ったサンプルを解析した結果、ブリッジは剛性には影響せず快適性に悪影響を及ぼしていることが判明。ブリッジを取り払い、チェーンステーへダイレクトマントブレーキを配置しています。同様にフロントフォークもエネルギーを奪う路面の衝撃を吸収するよう垂直方向の柔軟性を意識してデザインされています。垂直方向の柔軟性でタイヤを常に路面に接地させエネルギーロスを防止。さらにライダーの疲労も軽減。モトGPバイクのサスペンションのようにスピードを得るためのサスペンションシステムです。
BRAKING FELTらしい合理的な選択
リアブレーキをチェーンステー下に配置することで、ライダーは制動力の向上を体感するはずです。これは従来のシートステイブリッジに配置したブレーキは、高速で走行するバイクを制動する際にたわんでしまっていたことを意味します。チェーンステーのBB付近はペダリングパワーを受け止めるために元から剛性が確保されています。ここに装着されたブレーキは高い制動力を発揮します。シートステイのブリッジも不要になるので軽量化と垂直方向の柔軟性向上にも寄与。低重心化にも貢献します。(※アルミモデルのブレーキ台座はシートステーマウントです。)
GEOMETRY
最新のポジショニング理論により
ヘッドチューブ長を変更しパワーセーブ
レーシーなジオメトリーを特徴としていたFELTのロードレーサーですが、そのフィロソフィーはFRにも受け継がれています。ワールドクラスのレーサー達のフィードバックにより磨かれたジオメトリーは、直感的に操作できるニュートラルなハンドリングと荒れた路面での安定性を同時に実現しています。唯一の変更点は、プロライダーにとっても短い場合が多かったヘッドチューブ長がより多くのライダーにフィットするよう最適化されています。余計な力を使わない効率的なライディングポジションを提供します。
PRECISION FIT FRAME CONSTRUCTION
さらに進化したフレームチューニング


FELTはすべてのフレームサイズで”FAST, LIGHT, SMOOTH”なバイクを市場に送り出すために、サイズごとのフレームチューニングを行っています。FELTはFRの開発で今までよりさらに一歩先へ進み、ヘッドセットのロワーベアリングをサイズにより変更しています。それぞれのライダーに過不足ない剛性を確保し、剛性をそこまで必要としない小さいサイズには軽量性を与えています。(※FR50、FR60のみ、ロワーベアリングサイズは2種類です。)
タイヤクリアランス28mm

BB386EVO規格を採用することで、BBシェル幅を最大化。
フレーム剛性がアップすると同時にハイパフォーマンス維持したまま28mmのワイドタイヤまで装着することを可能にしました。
レースシーンでは23Cタイヤ、トレーニングやロングライドシーンでは28Cタイヤという使い分けが可能です。
レースのためのケーブルルーティング

フレームのパフォーマンスを最大化するため、フレームへの穴あけ加工を最小化。
大きな穴を開けると、それを補うための加工が必要になります。それを避けるために、メカニカルシフトケーブルは全てフレームの外側をルーティング。
フレームパフォーマンスの向上と同時にレースシーンでのトラブル対応のスピードアップを両立。
パフォーマンスに影響が少ない電動シフトケーブルとリアブレーキケーブルはフロントトライアングルのみフレーム内装式。
驚くべき進化。

旧モデルのFシリーズと比較してヘッドチューブを4%伸ばしてフレームが大きくなったにもかかわらず、5%軽量化。 さらにヘッドチューブが伸びれば剛性が下がる物理法則を打ち破り、4%のヘッド剛性アップ。 リア三角の横剛性は30%アップし理想のレスポンスを実現。 リタイヤの路面追従性も30%アップしパワー伝達効率が向上。




Design

全ては最高の品質と安全のために
FELTのバイクは長い年月をかけて幾度の試行錯誤を重ねて開発されます。まず、ものづくりを始める前に技術者、企画担当とプロ選手が自らの理念をぶつけあい、設計を担当するエンジニアがコンピューター上に描いた3Dのフレームにディレーラーやブレーキ、ホイールなどが組み込まれ、各部の機能性や耐久性が幾度もチェックされます。サイズごとにチューブの形状や肉厚を計算したデータを数値流体力学(CFD)ソフトウェアで何百時間も費やして分析。何十回もフレーム形状が見直され、いよいよプロトタイプ制作に入ります。こうして形になったものを更に風洞実験室で検証し、改良を加えていきます。 完成したプロトタイプは、精度や表面仕上げなどを厳格にチェックした上で、最終的にパーツを組み付けてテストライドされます。最終段階で開発チームとプロ選手が納得しなければ市販化されることはありません。簡単に開発し、それなりの価格で市販することはできますがそれはFELTの選択すべき道ではないのです。 時間はかかっても、より良いバイクだけを生産していくことがFELTのデザインを貫く信条です。




Quality 
FELT社ではCPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)が求める数値を大きく上回る社内規定を設けており、テストラボでは厳密な静荷重・剛性テストが日々繰り返し行われています。コンピューター上でのシュミレーション、プロライダーによるテストライド、そして耐久性を確認する衝撃テスト、これら全てをクリアした商品だけが市場に出ることを許されます。





HISTORY
フレームの魔術師ジム・フェルトによる質実剛健なバイクデザイン。
FAST=速く、LIGHT=軽く、SMOOTH=乗り心地の良さ、を追求してきたFELTの歴史。




1980年代、モトクロスのメカニックだったジム・フェルトが当時のスーパースター、ジョニー・オメーラのためにトライアスロンバイクを設計したのがFELTの始まりです。




製作にあたり、空気抵抗の削減とライディングスタイルの最適化を重視したフェルトは、幾度も風洞実験を重ねてバイクのデザインを練り上げました。開発されたバイクは驚異的な性能を誇り、ジョニーは優勝、やがて彼の名声はチューブメーカーであるEASTON社に伝わり、EASTONブランドのチューブの開発を依頼されるようになりました。カーボン、アルミ、チタンといった素材を独自の理論でブレンドしたチューブは、GT、トレック、スペシャライズドなど名だたるブランドに採用されたのです。




最初のトライアスロンバイクを作ってから10年後にドイツでFELT社を設立しました。「To design, develop, and deliver the best bicycles in the world.」という言葉は、実直に、より良い製品づくりを目指す思いを表しています。ジム・フェルトのバイクへの情熱は今も変わらず、今年のトライアスロンワールドカップの現場でも、ジム・フェルトは最前線で選手のセッティングを自ら行っています。




独自の理論によりアスリートの能力を極限まで引き出すフレームを開発し、ツール・ド・フランス、世界選手権、五輪、アイアンマンで数多くの勝利を獲得したFELTは、世界で最も尊敬されるレーシングブランドの1つになりました。



近年はカーボン生成方法を改良し、数年前までトップグレードモデルにしか採用されていなかったカーボンを惜しみなくローエンドモデルに採用することで、バイクの性能を飛躍的に向上させました。さらにエアロダイナミクスの考えをロードレースに持ち込み、さらなる進化を続けています。
FELTの限界への挑戦は決して終わることがありません。