• 商品の詳しい説明
  • メンテナンス
  • クィーンロング
  • 日本製
  • ウクライナ
  • グース
  • ダウン90%
  • DP390
  • 詰め物量1.0kg
  • フレッシュアップ加工
  • サニタイズ加工
  • プラズマクラスター
  • 立体キルト
  • 上質綿100%
  • 抗菌防臭加工







■この商品は、クィーンサイズ(210×210cm)です。

私たちが選んだのは、高い品質と、誰もが知っているその信頼『東京西川』。
厳しい品質管理のもとつくられた羽毛合掛け布団は、すばらしい仕上がりです。
『高い品質×都会的なデザイン』に、働く女性たちが、必要な機能をプラス。
本当にいいものを、お届けします。


1 . 東京西川厳選のウクライナ産グースダウン90%。商品ごとに産地証明No付。
2 . ダウンはきれい清潔!『サニタイズ』の抗菌加工
3 . 生地には、西川厳選の上質な綿を100%使用。
4 . 洗えない羽毛布団には嬉しい!抗菌防臭加工付き。
5 . 春秋に心地いい。詰め物1.0kgの東京西川・標準仕様。
6 . 安心&信頼の品質。東京西川、日本製。
7 . 取扱い方法など、初めてのかたにもわかりやすい説明書付き。


西川産業のダウン、グッドデザイン賞を受賞。
西川産業のダウンは、一般的なメーカー基準の羽毛を比較して、格段にクリーン。丁寧に、ベストな状態で輸送された羽毛をとっても綺麗に磨き上げます。唯一、国内で洗浄が行っている理由は、細かいところまで目が行き届くから。フレッシュアップ加工を終えた羽毛は、ふんわりとしてにおいも抑えられ、とっても暖か。些細なことまで、真心こめて。ものづくりに対する意識の高さが評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。
※2015年度受賞ですが、製品は新作です。




『羽毛合掛け布団』暑すぎず、寒くもない。春秋に丁度の厚さです。
冬用羽毛布団では暑いし、夏用肌布団では寒い。春秋の寒暖差が大きい季節の変わり目も、朝までぐっすり、気持ちよく眠りたい。そんな微妙な季節に、とっても人気。
しかも、この商品は、快適性を高めるために、生地には天然素材『綿100%』を採用。体調を崩しやすい季節の変わり目も、元気にしっかり乗り切きるお手伝いができれば、うれしいです。


厳選ダウン「ウクライナ産グースダウン90%」
ウクライナは、ヨーロッパでも一、二をあらそう肥沃な土地を持ち、豊かな穀倉地帯が広がる農業国です。水鳥の飼育も盛んで、黒海に注ぐドネプル川の支流周辺で飼育されている水鳥は、広々とした自然環境の中で豊富な飼料に恵まれ、その羽毛はダウンボールも大きく、純度も高く優れた品質をそなえています。かさ高性、保温性、圧縮回復性などに富んでいます。


ダウンパワー390!
ダウンパワーとは、羽毛1gあたりのふくらみを体積で示した値。羽毛布団の暖かさはダウンパワーと詰めもの量で決まるといっても過言ではありません。

ダウン量は、幅広いニーズに対応した『 東京西川 標準1.0kg 』
羽毛合掛け布団は、主に春秋に使います。寒暖の差がある季節ですので、適度にしっかりとした保温力と、暖か過ぎない丁度の保温力が重要となります。だからこそ、ダウン量は、薄過ぎず、厚過ぎず、使い心地のいい東京西川標準の『1.0kg』。幅広いニーズに対応した仕様にしました。

ダウンに抗菌加工。より清潔!より快適!
この商品に使用しているダウンには、サニタイズ社が開発した衛生加工≪サニタイズSanitized≫を施しています。バクテリアの発育、悪臭などの発生を抑え、清潔で快適にご使用いただけます。中のダウンから、『キレイ』ってうれしいですね。

東京西川の厳しい基準に基づいてダウンをしっかり洗浄!

原毛にはニオイの元となる油脂分や不純物があります。東京西川では、厳しい基準に基づいて良質な水と洗剤で何度も洗浄を繰り返します。業界基準の2倍の長さ1000mm透視度計でチェックしながら、洗った水が透き通るまで洗浄します。


透視度1000mm、業界基準2倍をクリアした東京西川の清潔な羽毛
こちらの羽毛布団はニオイの少ない透視度1000mmをクリアした キレイに洗われた羽毛を使用しています。
業界基準の2倍の「透視度1000mm」「清潔さ」が際立つのは、「東京西川の日本製」だからこそ。
東京西川の高い品質基準と伝統の技術で、気になる羽毛のニオイを より少なく、清潔に仕上げました。


さらにフレッシュアップ加工↓↓↓



さらにグース以上のダウンには下記を導入↓↓↓


厳しい基準に基づいてダウンをしっかり検査!
東京西川では、厳しい8項目のダウンの検査を行っています。確かな品質をお客様に届けるために、検査員が何度も何度も、東京西川にふさわしい品質の羽毛かどうかを確かめています。


厳重な品質管理『西川産業』さすがです。
西川産業(東京西川)は、厳格な独自の基準の基に管理された羽毛原料を使用しており、製品の表示は適切に行われています。一部報道の羽毛ふとん産地偽装におきましてもそのような心配はございませんのでご安心ください。
*詳しくは西川産業HPにも記載されています。
*当社がこれまでに販売した商品及び現在販売している商品においてご心配はございません。


私たちは『ぶれない』その販売姿勢を今までも、これからも。
私たちはお客様の安心と信頼を最優先に品質管理されたものを厳選し販売して参りました。今までもこれからも、安心と信頼を最優先に思う販売姿勢がぶれることはございません。これからも変わりなく、厳重な品質管理された商品の販売に力を入れて参ります。その販売姿勢はこれからもずっと!

徹底的に品質管理されたダウン
商品1つ1つに、産地証明のシリアルNo.付き。品質管理が徹底されています。その徹底ぶりが、高い品質を生み、使ってよかったとご満足いただける信頼に繋がっています。





柔らかくてしなやかな細番手、上質な綿100%使用!

東京西川の技術は生地の質にも。ポリエステル混の軽量生地が多い中、こちらは上質な細番手の綿100%にこだわりました。どこまでも柔らかく、なめらかでしっくりくるなじみのある肌ざわり。綿の吸湿性は、ポリエステルの約20倍。カバーを掛けて使うものの、やはり、側生地綿100%の吸湿性、使い心地はポリエステル混の生地より優れています。

生地に抗菌防臭加工を施しています。繊維上の菌の繁殖を抑制して衛生的にお使い頂けます。洗うことが難しい羽毛布団ですから、抗菌防臭加工は嬉しいポイントですよね。

   ※本商品は、綿100%サテンの生地を使用しております。

しかも、しなやかで滑らかな新疆ブランド綿をサテン織りに。

生地に使われているコットンの質や織り方も様々。東京西川こだわりのこちらの生地は、品質が安定して上質な、ブランド新疆綿を使用しています。
さらに織り方も、一般的なツイルではなく、よりタッチの優しいサテン仕上げに。ツイルは安価ですが、生地がやや厚く、触れたときに固く感じがち。比較するとサテン織りはよりしなやかで滑らかに。

東京西川ならではの技術で高密度に仕上げているため、生地は薄めで軽く、しかも丈夫。シーツ類との相性も良く、まさに、いいことづくしなのです。

その肌に吸い付くような滑らかさと、蒸れにくく快適な使い心地をお試しください。

上質な生地は『からだ』+『お財布』に、やさしい
生地が上質なものは目詰みがしっかりとしており、目の粗い生地に比べホコリが出にくく耐久性も高くなります。羽毛ふとんは長く使いますから、生地も重要なポイント。いいものを長く使うって経済的ですよね。

また、トップブランド東京西川の製品ですから、とっても安心品質。技術を結集した工程すべてがしっかりと施されていますのでダウンの吹き出しも少なく耐久性にも優れた仕上がりとなりました。ホコリが出にくいのはうれしいですね。


・取り扱い表示


・干す際は陰干し
・ふとんのがわ地が汚れたらすぐにつまみ洗いをし、十分乾燥して下さい
・どんな小さな穴でも羽毛が飛び出しますので、絶対に針や安全ピンで衿カバーなどをつけないで下さい


睡眠環境寝具指導士より。品質で『こころ』を届けたい。
この商品は、とにかく『ダウン品質・綿100%の生地・デザイン』の3点にこだわりました。

1、ダウンは臭いも少なく上質な東京西川厳選のシリアルNo付のウクライナ産グースダウンにしました。そしてコスパにも優れた90%を使用。もっと、安いダウンはいくらでもありますが、臭いが強かったりしますので、この品質+コスパを大事にしました。

2、生地は、綿100%でどうしても作りたかった。正直、綿100%は材料費も高く、販売価格的にも厳しくなってきます。でも、どうしても、綿100%の生地は、実際に使って気持ちがいいんです。特に気温差が大きい春夏に使う合掛け布団は、汗もしっかり吸湿してくれ、ムレ感のない快適さも重要。上質な綿100%にはこだわり抜きました。

3、こころが楽しくホッとする柄を作りたい。一つ一つのお色に思いをよせて作りました。気持ちよく少しでも幸せにお休み頂けたら、とってもうれしいです。

品質にもデザイン性にも徹底的にこだわった羽毛合い掛け布団。商品が届いて、実際に使ってみて、喜んでいただけたら!製作スタッフみんなでそう思ってます。


掛け布団カバーをお求めの際には210×210cm(一般的クィーンサイズ掛け布団カバー)でご用意ください。



他の厚みやサイズをお探しの方へ…



・取り扱い表示


・干す際は陰干し
・ふとんのがわ地が汚れたらすぐにつまみ洗いをし、十分乾燥して下さい
・どんな小さな穴でも羽毛が飛び出しますので、絶対に針や安全ピンで衿カバーなどをつけないで下さい