イベント一覧 ≫

TOP >> ママナビ >> パンのレシピ >> 宇治抹茶のおもちあんパン


宇治抹茶のおもちあんパン






薫り高い宇治抹茶を使ったパン生地に、求肥餅と粒あんを包んだ贅沢なあんパンです。
キレイな色の抹茶生地を編み込むことで、可愛らしい見た目に仕上げました。
抹茶や粒あんとの相性抜群の求肥餅は、電子レンジを使えば、ご家庭でも簡単に美味しくお作りいただけます。
いつもとは一味違い、宇治抹茶の風味とお餅の食感が楽しめるあんパンに、是非チャレンジしてみてください。
難易度:★★★☆☆

所要時間:3時間

材料 8個分

【パン生地】
(1個あたり45g)
強力粉(春よ恋ブレンド) 400g
抹茶パウダー 20g
上白糖 32g
 8g
スキムミルク 15g
セミドライイースト 金 5g
太白胡麻油 24g
・全卵 100g
・牛乳 140g
生クリーム 40g

【求肥餅】
(1個あたり25g)
もち粉(牛皮銀) 50g
上白糖 70g
トレハロース 5g
・水 100g
・片栗粉(取り粉用) 適量


小倉あん 200g
(1個あたり25g)
・全卵(塗り玉用) 適量



作り方

1.求肥餅
上白糖とトレハロースをよく混ぜ合わせておきます。



餅粉に混ぜ合わせた上白糖とトレハロースを加え、よく混ぜ合わてから水を加え、さらによく混ぜ合わせます。



裏ごししながらボウルに入れ、ラップを掛けて600Wの電子レンジで約2分温めます。



よく混ぜ合わせます。



さらに1分程温め、よく混ぜ合わせます。



この時、透明感がまだ出ていなかったら、さらに30秒程温めて混ぜ合わせる工程を透明感が出るまで繰り返します。
透明感が出てくれば、片栗粉を敷いた型(バットなど)に流し入れ、形を整えます。



熱が取れるまで冷ましてから好みの形に切り出します。



2.ミキシング
<キッチンエイド使用>
強力粉と抹茶パウダーを混ぜます。



全材料をボウルに入れて捏ねます。



しっかりと混ざり、伸びのある生地になればグルテンチェックをし、薄く伸びのある生地になっていれば、軽く丸めてボウルに入れ醗酵させます。



4.フロアタイム(1次醗酵)
温度30℃、湿度75%の醗酵器で、約60分醗酵させます。
(醗酵後、紐状に成形するため約1.2倍ほどに膨らみを抑えます。)

5.分割・ベンチタイム
1個45gに分割して、俵形に整えておきます。



約25分休ませます。

6.成形
約40cm程度の紐状に伸ばして成形した生地を2本1組で編み込んでいきます。



4つ編みに成形した生地の上に求肥餅を乗せ、更にその上から小倉あんを乗せます。



手前から巻き上げて成形します。



カップなどに入れて、天板に乗せます。



7.ホイロ(最終醗酵)
温度34℃、湿度80%の醗酵器で、約50分醗酵させます。

8.焼成
塗り卵をしてから220℃に予熱しておいたオーブンに入れ、温度を200℃に設定し直して約10分焼きます。
※オーブンの機種や小麦粉の違いにより、焼き上がり時間や焼き上がり方は異なります。お持ちのオーブンに合わせて、温度や時間を調節してください。



備考
レシピ作成者:Shimizu、photo:Oda



BLOG ≫


PAGE TOP