イベント一覧 ≫

TOP >> ママナビ >> お菓子のレシピ >> イースターエッグ


イースターエッグ






ドーナツ型とレモン型で焼いたフルーツケーキを、巣ごもり卵に似せて仕上げた、日本でも近年定着してきたイースターにぴったりのお菓子です。
生地を混ぜて焼くだけのシンプルで手軽なバターケーキと、簡単に可愛らしく仕上がるチョコレートトッピングの組み合わせは、手作り初心者さんにも、お子様と一緒に作るおやつにもオススメです。
ケーキの具材やトッピングをお好みの物にアレンジすると、様々なバリエーションをお楽しみいただけます。
難易度:★★☆☆☆

所要時間:1時間

材料 2個分

薄力粉(ドルチェ) 50g
上白糖 50g
・全卵 50g
発酵バター(溶かしバター) 50g
・お好みのドライフルーツ 50g

【デコレーション】
コーティング用ホワイトチョコレート 適量
カラースプレー 適量
ダークチョコレート 適量
純金箔粉 適量

【型】
シリコン加工 レモン天板
シリコン加工 ドーナツ型天板



作り方

1.バターケーキ生地
ボウルに薄力粉をふるい入れ、上白糖を加えてよく混ぜ合わせます。



溶きほぐした全卵を加え、よく混ぜ合わせます。



さらに溶かしバターを加え、よく混ぜ合わせます。



お好みのドライフルーツを加え、よく混ぜ合わせます。



絞り袋に入れて、レモン型は4個分、ドーナツ型は2個分の6分目まで絞ります。





170℃で予熱しておいたオーブンに入れ、約15分焼成します。
※オーブンの機種等の違いにより焼き上がり時間・焼き上がり方は異なります。
お持ちのオーブンに合わせて、温度や時間を調節してください。



すぐに型から外し、粗熱をとります。



2.デコレーション
レモン型で焼いた生地の膨らみ部分が、平らになるよう包丁でカットします。



溶かしたホワイトチョコレートを接着剤代わりにして、レモン型の生地を2個を貼り合わせ、卵形にします。



網などの上で縦に置きます。



溶かしたホワイトチョコレートをコーティングします。



表面のチョコレートが固まりきる前に、金箔粉とカラースプレーをまぶします。



そのままで少し時間を置き、チョコレートが固まるのを待ちます。



溶かしたダークチョコレートをパイピング(小さな絞り袋)に入れて、ベーキングシートの上に絞り出し、線状に固めます。



卵型の生地のチョコレートが固まったら、ドーナツ型で焼いた生地にのせます。
ベーキングシートから線状に固めたチョコレートを取り外し、お好みのサイズに折ったりしながら素早くまとめて、下部分を覆うようにデコレーションして仕上げます。



備考
レシピ作成者:Shimizu、photo:Sawai



BLOG ≫


PAGE TOP