イベント一覧 ≫

TOP >> ママナビ >> パンのレシピ >> 実りの秋(かぼちゃときのこのパン) 

実りの秋(かぼちゃときのこのパン)






旬の食材を使っておいしい秋のパンを作りませんか! もちもち食感の生地と、ゴロっとしたベーコン、ほっくりしたかぼちゃが食べ応えたっぷり。香草の香りがアクセントになった秋いっぱいのパンです。
難易度:★★★★☆

所要時間:5時間(発酵時間などを含まない)
総時間:26時間(下準備などを含む)
材料

【生地】
北海道産強力粉(キタノカオリ) 50%
北海道産全粒粉(キタノカオリT85) 50%
 2%
・水 80%
酵母 0.6%

【香草パン粉】
・パン粉(粗め) 適量
アーモンドホール お好み
パセリ お好み
・バジル お好み
粉チーズ お好み

【香草バター】
無塩バター 適量
・にんにく お好み
パセリ お好み
 お好み
ブラックペッパー

【具材】
・かぼちゃ 適量
・きのこ 適量
・ベーコン 適量




作り方

1.下準備1.
とかち野酵母を起こします。
今回は砂糖を使用していません。
酵母と温水で酵母を起こしてください。

詳しい起こし方はこちらへ→とかち野酵母

2.下準備2.
【野菜等の下準備】
かぼちゃはサイコロ状に、きのこは適当なサイズにカットします。



また、ベーコンブロックは大きめにカットします。

【きのこのソテー】
きのことかぼちゃを軽く炒めます。



【香草パン粉】
すこし粗めのパン粉、砕いたアーモンドホール、パセリ、バジル、粉チーズをお好みで混ぜ合わせておきます。



【香草バター】
無塩バターに、にんにく、パセリ、塩、ブラックペッパーをお好みの量混ぜ合わせておきます。
※お好みでハーブなどを入れても美味しくお召し上がりいただけます。



3.ミキシング
【キッチンエイド使用】
ボールに生地用の材料を入れて捏ねます。
生地がまとまったらグルテンの膜をチェックし、艶のある生地になっていれば完成です。
※捏ね上げ温度が23℃になるように材料の温度を調整しましょう。
夏場など室温が高い時(28℃以上)は、パンの出来上がりが悪くなるので、必ず冷水(約5℃)を使い、粉などの材料も冷やしておきます。
※冷水は、あらかじめ冷蔵庫で冷やした水に氷を入れると手軽に5℃以下に出来ます。

4.フロアタイム(一次発酵)
温度27℃、湿度75%で約60分発酵させます。
その後、冷蔵庫(4℃以下)で18時間冷蔵庫にて休ませておきます。

5.復温・分割
生地を冷蔵庫から取り出し、生地温度を14℃を目安に戻します。
その後、生地を一つ50gに分割し丸めます。

6.ベンチタイム
生地を30分休ませます。



7.成形
生地を一つ取り出し、平たく伸ばします。



生地の上にかぼちゃ、きのこ、ベーコンをのせて包みます。



下準備で作っておいた香草パン粉を全体につけて、綴じ目が下になるようにして天板に置きます。



8.ホイロ(最終発酵)
温度30℃、湿度75%で約50分発酵させます。

9.焼成
生地の表面を少し乾かします。
中心部を手で開き、下準備で作っておいた香草バターを約5g入れます。



予熱しておいたオーブンに入れ、蒸気をかけてから250℃で約20分焼成します。
※オーブンの機種等の違いにより焼き上がり時間・焼き上がり方は異なります。お持ちのオーブンに合わせて、温度や時間を調節してください。




備考
レシピ作成者:Sugie、photo:Sawai



BLOG ≫


PAGE TOP