イベント一覧 ≫


TOP
>> ママナビ >> パンのレシピ >>デニッシュバラエティ

デニッシュバラエティ



ウィーンが発祥の地と言われ、このパンの本場であるデンマークでは、Wienabrot(ヴィエナブロート)と呼ばれています。しかし、現在のような油脂を折り込んだタイプが普及したのは、クロワッサンの同時期である1900年代であると思われます。

  デニッシュは、クリームやフルーツを組み合わせて焼く、お菓子に最も近い位置にあるパンです。ここでは、冷凍のデニッシュ生地を利用して、クリームとフルーツなどの組み合わせを体験します。

難易度:★★☆☆☆

所要時間:

材料 デニッシュ バラエティー(3種類)



作り方
1.
 ダークチェリーの汁を利用して、ポワールを漬け込みます。(約2時間程度)
2.
 冷凍のデニッシュ生地を解凍します。(常温で約40〜60分)
 乾燥しないように、ラップやパンマット等をかぶせましょう。
3.
 生地が柔らかくなり、室温に戻ったら、成型をします。
 ここでは、生地の四隅を中央に折り曲げます。(しっかりと押さえること!)
4.
 温度32℃、湿度75%の発酵室で二次発酵を行います。(60分間)
5.
 発酵した生地の中心部にカスタードクリームを絞ります。
6A.
 ダークチェリーを3〜5粒トッピングします。
6B.
 ダークチェリーの汁に漬けたポワールを薄くスライスして、トッピングします。
6C.
 ポーションタイプのクリームチーズをそのままトッピングします。
7.
 190℃で約15分焼成します。15分以上焼成することで、余分な水分を飛ばします。
8.
 焼き上がったら、フルーツに艶を持たせるため、ナパージュをぬります。また、生地には、粉糖で作ったフォンダンで化粧をして見栄えをUPすれば出来上がり!
   

 


BLOG ≫


PAGE TOP