※【画像表示について】
画像が表示されない場合は、お手数ですがsupport@majimaya.comまでご連絡下さいませ。

レシピ&お菓子フォト


基本のラウンドウェーブパン

update:2017.12

シンプルなパンですが、ラウンドに焼き上げることでいつもの食パンとはひと味違う雰囲気に。
型にぴったりに焼き上げれば綺麗なウェーブ模様がつき、模様をガイドにしてスライスすれば等間隔できれいに切れ、
サンドにするのにも見た目が良いです。

そのまま食べてもトーストしても、サンドイッチにも。
ふわふわのパンが流行りの厚焼き玉子サンドにもピッタリです。
いろいろアレンジしてお召し上がりください。

基本のラウンドウェーブパン
基本のラウンドウェーブパン
使用する商品
ラウンドウェーブパン型

ウェーブがついたラウンドパン型

材料

ラウンドウェーブパン型1個分

  • 国産強力粉:270g
  • 水:183g
  • 砂糖:14g
  • 塩:3g
  • スキムミルク:8g
  • インスタントドライイースト:3g
  • 無塩バター:10g
基本のラウンドウェーブパン
基本のラウンドウェーブパン
【コツ・ポイント】
ベンチタイムのあとの生地伸ばしでは、型の幅に合わせて伸ばしてください。
型に生地をおさめるときも、歪まないように入れると、綺麗な形に焼き上がります。
発酵の見極めもポイントです。何回か焼いてタイミングをつかむとよいでしょう。
準備
  • ・材料を計量しておく。
  • ・無塩バターは常温に戻しておく。
作り方

1. バター以外の生地の材料をすべてボウルに入れ手でざっと混ぜ、台の上に出して捏ねる。
ある程度捏ねたらバターを加え更に捏ね、生地の表面がつるんとしたら捏ね上がり。
丸めてボウルに入れ濡れ布巾をかけて、1次発酵。

2. 生地が約2倍まで膨らんだら一次発酵完了。(室温25℃~30℃で1~2時間)

3. 生地を台に出して三つ折りを二回し、固く絞った濡れ布巾をかけてベンチタイム10分。

4. 生地を麺棒で型と同じくらいの幅の四角に伸ばす。
手前からくるくると巻いて綴じ目をつまんでしっかり閉じる。

5. 綴じ目を下にして型に入れ濡れ布巾をかけて、30℃で50分前後、生地が型からはみ出しそうになるまで二次発酵。
その後蓋をしてストッパーを留め、更に10分前後発酵させる。

6. 220℃に予熱したオーブンで30分前後焼成。

7. 焼きあがったら蓋を開け、ガンと打ち付けて生地を型から外す。ケーキクーラーの上に粗熱が取れるまで立てて冷ましてできあがり。

ラウンドウェーブパン型 の感想

スライスするとまんまるのパンが現れます。くっきりついてくれるウェーブ模様も、スライス幅がちょうどよくとても切りやすいです。型は横開きでストッパーがついており、ふたを閉めたらストッパーを穴に差し込んで焼き上げます。しっかり押さえてくれるので、生地が膨らんでも蓋が持ち上がることなく綺麗に焼き上げることができます。

ラウンドウェーブパン型 >>