• ·印鑑登録の方法・印鑑登録に必要なもの

    印鑑登録ができるのは原則として日本在住で16歳以上で、登録場所は本人が住民登録している市区町村役場になります。印鑑登録の方法としては、下記の必要なものをもって、市区町村役場の窓口に出向きます。
    (1)実印登録する印章(はんこ)
    (2)免許証など身分を証明できるもの
    (3)費用(200~500円)

    ·何かをしたい時、そこには必ず印鑑が登場します。

    お店お事業を開いた場合、はんこというものはなくてはならないのです。 代表者印もいりますし、もちろん銀行印も必要です。会社などを設立する際には、普段領収書などの書類に押す角印も大事なはんこの1つで、なくてはならないものになります。はんこは、押印することによって本人の意思表示となり、契約書や公文書に記名、捺印した場合は、その契約を締結した本人の意思とみなされます。
    印鑑は様々な用途により使い分けられており、を盗難や紛失すると日常生活において、特に銀行の取引や様々な契約において非常に困ります。

    ·最近では、見たこともない印鑑が出ている?

    お店お事業を開いた場合、はんこというものはなくてはならないのです。 代表者印もいりますし、もちろん銀行印も必要です。会社などを設立する際には、普段領収書などの書類に押す角印も大事なはんこの1つで、なくてはならないものになります。はんこは、押印することによって本人の意思表示となり、契約書や公文書に記名、捺印した場合は、その契約を締結した本人の意思とみなされます。
    印鑑は様々な用途により使い分けられており、を盗難や紛失すると日常生活において、特に銀行の取引や様々な契約において非常に困ります。

    ·人生の節目には必ず印鑑を使います!

    新しい自分への出発点には「印鑑を書面に押す」ということがよくあります。 人生の節目節目に行われる大事な出来事にはんこはつきものです。