北斗が如く

北斗が如く

「北斗」の常識を、ぶち壊す。

最終戦争の業火により、あらゆる生命体は滅びたかに見えた。
しかし……人類は死滅していなかった。
すべての文明が吹き飛ばされ、何も生み出されない時代が到来。
強き者がわずかに残された食糧や資源を全て手に入れる、
まさに暴力が支配する世界となっていた。
そんな世界の片隅に“奇跡の街”と呼ばれる場所があった。
北斗神拳伝承者【ケンシロウ】

1800年の永きに渡り営々と受け継がれてきた 一子相伝の暗殺拳、北斗神拳の伝承者。
胸に北斗七星をかたどった“七つの傷”を持つ。
南斗聖拳の使い手・シンに敗北し、 婚約者のユリアを奪われるも、 再びの死闘を制し、復讐を果たす。しかし、 シンから告げられたのは、ユリアの死だった。
ケンシロウは絶望のどん底に叩き落されるが、 ユリアが生きている、という噂だけを生きる希望にし、 荒野をさまよった果てに「奇跡の街」エデンへと辿りつく。
アドベンチャーの基本システムは「龍が如く」同様、 多数のプレイスポットやサイドミッションが満載。

数ある北斗作品でこれまでに見たことが無い 新たなケンシロウの魅力を体感できる。
龍が如くスタジオが贈る、新たなる「北斗」のバトルでは、 北斗神拳の代名詞である「秘孔」を中心とした、 新感覚アクションを楽しむことができる。