目次
布団収納特集

布団収納特集 布団収納袋・布団圧縮袋

収納するときに場所を取ってしまったり、そもそもしまうのが大変だったり。
何かと面倒な布団の収納ですが、それでも出しっぱなしにしておくわけにはいきません。
どうせ仕舞わなければならないのなら、少しでも綺麗にスッキリ片付けたくはありませんか?
布団の収納の強い味方、おススメの布団収納袋・圧縮袋をご紹介します!

種類別 布団収納アイテム


布団を痛めにくい、収納袋

収納袋のメリット・デメリット
収納袋のメリット・デメリット
圧縮袋ほど布団をコンパクトにはしませんが、それでもピッタリサイズの収納袋に布団をしまうことで、押し入れやクローゼットの中はスッキリ整理できます。
収納袋に出し入れする手間はかかりますが、見た目的にも綺麗に整頓出来ますし、布団の移動も楽になります。
押入れやクローゼットに詰め込むだけの収納から、是非収納袋に入れて「整理しやすい」収納にしてみてはいかがでしょうか。

イチオシ布団収納袋

当店の中でも人気の布団収納袋や、ちょっとお得な機能の収納用品をご紹介します!

敷き布団用 収納袋

掛け布団用 収納袋

羽毛布団に使える 収納袋

もっと 布団収納袋 を見る

省スペースに!圧縮袋

圧縮袋のメリット・デメリット
圧縮袋のメリット・デメリット
圧縮袋は、布団のサイズがグッと小さくなるので狭いスペースでも収納出来るのが、やっぱり魅力的ですよね。また、酸素を抜くので虫やカビの被害を防ぎやすいという点もあります。ですが、袋に入れる前にしっかりと清潔にしておかないと、かえってダニやカビが発生してしまう可能性も。布団の熱気や湿気を飛ばしておくのも大切です。
デメリットとしては、一度圧縮してしまうと同じ形状には戻ってくれません。少しでも布団を痛めないように、圧縮し過ぎないよう気を付けましょう。

イチオシ布団圧縮袋

敷き布団用 圧縮袋

掛け布団用 圧縮袋

布団一式用 圧縮袋

羽毛布団にも使える 圧縮袋

もっと 布団圧縮袋 を見る

布団収納のコツ・注意点

押入れ・クローゼットに収納するなら

布団の収納場所というと、やはり押入れやクローゼットというご家庭が多いのではないでしょうか。
押入れやクローゼットに布団を収納するときに、抑えておきたいポイントをご紹介します。
押入れに収納する場合
押入れに収納する場合
間口が広く、布団の出し入れもしやすい押入れ。ですが、やはり押入れには布団以外にも色々と仕舞いたいものが多いですよね。
収納した布団の上に物を置いてしまうと、当然ですが布団の出し入れがしにくくなるので、収納ケースや整理棚を活用してなるべく独立した布団収納スペースを確保するようにしましょう。
また、そのまま収納するよりも収納袋や圧縮袋に入れた方が、もちろん省スペースにもなりますし見た目もスッキリします。

押入れ収納のおすすめアイテム

クローゼットに収納する場合
クローゼットに収納する場合
最近は押し入れの無い住宅も多く、布団収納にクローゼットを活用するご家庭も増えています。
押入れよりもスペースが少ない場合が多いクローゼット。
かさ張る布団も、出来るだけコンパクトにまとめてしまいたいですよね。
圧縮袋や収納袋を活用して、なるべく面積を小さくして収納しましょう。クローゼットは中段に棚がないので高さがあるため、立てて収納出来る円筒形収納袋もオススメです!

クローゼット収納のおすすめアイテム


使わない時はクッションとして活用

押入れにもフローゼットにも収納出来ない、というご家庭ももちろんあるでしょう。
それでも部屋のどこかには置いておかなければならない…と、お困りではありませんか?
そんな時に便利なアイテム、もちろんあります!
押入れに収納する場合
部屋のどこかに置いておくなら
最近では、使わない布団を収納袋に巻いて入れるだけでクッションとして活用出来るアイテム、なんてものもあります。
こういったアイテムを使って部屋のどこかに置いておく場合、収納スペースからの「出し入れ」の手間がかからないというのはメリットですよね。
ですが、やはりきちんと収納されているわけではないので形がつぶれてしまったり、劣化する可能性もあります。取り扱いには注意するようにしましょう。

押入れ収納のおすすめアイテム


布団を収納する前にすべきこと

布団を収納する前にしっかりと除湿対策などをしておくことが、布団を長持ちさせる秘訣です。
カビや虫対策をして、次に使う時も快適に。

布団収納に役立つアイテム

布団収納アイテムは、圧縮袋・収納袋だけではありません。
合わせて使えば、より快適に布団を収納出来ます。

おすすめの特集をPickUp

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ