目次
風呂ふた特集

風呂ふた特集

家族の入浴時間が離れている時や、光熱費を抑えたい時に便利な風呂ふた。
でも、種類もいろいろ、サイズも豊富で選びにくい!ということはありませんか?
折りたたみタイプやシャッタータイプ、組み合わせタイプ、サイズ…。
迷った時にはまず、ご自宅のお風呂のサイズを測ってみましょう!
サイズの測り方を見る

風呂ふたの種類から選ぶ


折りたたみタイプ

折りたたみタイプ
折りたたみタイプ
たたんだ時に隙間ができず、とってもコンパクトに収納できる「折りたたみタイプ」の風呂ふたは、収納性No.1!アパートなどの狭いお風呂にもおすすめです。
また、凹凸が少なくフラットなので、比較的掃除がしやすいのもポイント。
デメリットは、毎日折り畳むのでつなぎ目から劣化しやすく、カビも発生しやすい点です。

折りたたみタイプのおすすめ風呂ふた

シャッタータイプ

シャッタータイプ
シャッタータイプ
コンパクトに丸められ、そのまま横置きもでき、床に立てることもできるので狭いお風呂に最適!
巻き始めから最後まで軽い力でくるくると巻けるので、お子様や高齢の方にもおすすめのタイプです。
デメリットは、折りたたみタイプや組み合わせタイプに比べて溝が多い分、掃除がしづらい点です。

シャッタータイプのおすすめ風呂ふた

組み合わせタイプ

組み合わせタイプ
組み合わせタイプ
凹凸がほとんどないので、お手入れラクラク!主婦のうれしい味方です。
保温性も高く、帰りの遅い家族がいるご家庭などにもおすすめのタイプです。
デメリットは、畳んだり巻いたりすることができないので、入浴中の収納場所には注意が必要なこと。浴槽のフチに立てていると、浴槽に倒れてくるかもしれません。

組み合わせタイプのおすすめ風呂ふた


風呂ふたのサイズから選ぶ

サイズの測り方

風呂ふたは、正しく浴槽のサイズを測って選びましょう。間違った測り方をしてしまうと、壁にぶつかってしまったり、隙間ができてちゃんと保温できなかったり、浴槽に落としてしまったりと風呂ふたがちゃんと機能を果たせなくなってしまいます。

間違った測り方

風呂フタサイズの間違った測り方の例1
浴槽の外寸より大きなサイズを選ぶと、浴室の壁面に当たるなど、正しく使用できない場合があります。
風呂フタサイズの間違った測り方の例2
浴槽の内側のサイズで選ぶと、隙間ができたり、浴槽に落ちてしまう場合があります。

正しい測り方

風呂フタサイズの正しい測り方
測る場所を確認する
正しい測り方は、浴槽の端から反対側のフチの中央までを測ります。フチに十分かかるサイズか、必ずご確認ください。

この図の場合は「左側のフチ」と「手前のフチ」をサイズを測り始める「端」とします。

を測る時は左端から右側のフチの中央まで
奥行を測る時は手前から奥側のフチの中央までを測ります。

サイズ一覧

「おうちにピッタリ」をオーダーメイド!

「ピッタリのサイズがなかった…」「普通のお風呂とは形が違うから、合うサイズがわからない…」。
そんな方へのオススメは、1cmから指定できるオーダーメイドの風呂フタです!
ちょっと変わった形のお風呂にも対応できるので、諦めずにぜひ、こちらもご確認ください!
オーダー風呂フタ特集

65×120cm

70×80cm

70×90cm

70×100cm

このサイズをもっと見る

70×110cm

このサイズをもっと見る

70×120cm

このサイズをもっと見る

70×140cm

このサイズをもっと見る

75×110cm

75×120cm

このサイズをもっと見る

75×140cm

このサイズをもっと見る

75×150cm

このサイズをもっと見る

75×160cm

このサイズをもっと見る

80×140cm

このサイズをもっと見る

80×160cm


見た目で選ぶ

くつろぎの時間を過ごすお風呂! 
おしゃれな風呂ふたで、バスルームの印象を上質な空間に変えてみませんか?

風呂ふたの収納用品

入浴中やお風呂掃除の後など、使用していない時の「風呂ふた」…置き場所に困っていませんか?
倒れやすかったり、広がってきてしまったり、乾きにくかったり…。
そんな風呂ふたをしっかり支える収納アイテム、あります!

風呂ふたの掃除用品

風呂ふたのお掃除用ブラシ、またはまるごと漬け置き洗いみたいな洗剤。
それともカビ取り剤とか防カビ剤とかも…?

おすすめの特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ