〈ポイント〉
エンゲージリングでは
0.3〜0.5ctが主流です。
大粒も揃います。
〈ポイント〉
エンゲージリングの場合はFカラー以上が多く、色は目で見て分かりますので実際に確かめて下さい。
〈ポイント〉
SI1までは肉眼でどれも美しいです。価値観の違いですが、綺麗なものが欲しい場合はこだわってみては。
〈ポイント〉
カットは一番重要です。EXTであれば最高に輝きます。ハートアンドキューピットやトリプルエクセレントであればなお良し
 

重さ(Carat)、カラー(Color)、クラリティー(Clarity)、カット(Cut)
この頭文字Cがいわゆる4つのCで、これを総合的に調べることによって、
ダイヤモンドの 価値がきめられます。
 
Carat      カラット(重さ)     
宝石の重量を表す単位のことです。 1カラットは約0.2g。重量が大きいほど、
希少性が増し、価値は高くなります。
Color        カラー(色)      
無色透明に近いほど価値は高く、最高はDから始まりZまで細かく等級分け
されます。
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N………Z
無色
ほとんど無色
少し黄味
黄味



※大きさを重視される時はカラーをGHにしてもよいかもしれません。
Clarity    クラリティー(透明度)   
ダイヤモンドの結晶が生長時に、内部に取り込まれた包有物や傷の有無を
10倍に拡大して判断します。
FL
IF
WS1
WS2
VS1
VS2
Sl1
Sl2
I1
I2
無傷
拡大して発見が
非常に困難
拡大して発見が困難
肉眼で発見が困難
肉眼で発見
できる
 Cut       カット(プロポーション)   
ダイヤモンドの輝きを一番左右するのがプロポーション。 最も理想的なカットは
Excellentカットです。
Excellent
エクセレント
Verry Good
ベリーグッド
Good
グッド
Fair
フェアー

Poor
プアー

ダイヤモンドがバランスよくカットされると非常に美しく輝きます。
カラーとクラリティーが高くてもカットが悪いと輝きませんので
カットは重要になります。


◆ハート アンド キューピット◆
特殊なスコープでダイヤモンドを上方から見ると8本の矢が確認できます。(キューピット) 同様に下方から見ると8個のハートが確認できます。矢でハートを射抜くキューピットになぞらえてハート&キューピットと呼ばれています。

トリプルエクセレント◆         
  鑑定書にはカットに関してランク分けをする項目が3つあります。
   トリプルエクセレントとは、下記3つの項目全てで、エクセレントの評価を得 たものを言います。
  • カットグレード(CUT GRADE) ・・ ダイヤモンドの外形を評価しています。
  • ポリッシュ(POLISH)  ・・・・・・・ 各面が如何に綺麗に磨かれているかを評価しています。
  • シンメトリー(SYMMETRY)  ・・・ 各面の合同性と立体的な対照性を評価しています。