ジェニフィック ジェニフィック
  • *1 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)
  • *2 角質層まで
  • *3 マンノース、α‒グルカンオリゴサッカリド、ポリムニアソンチホリア根汁、ビフィズス菌培養溶解質、酵母エキス、乳酸桿菌(すべて整肌成分)
5秒に1本売れているランコムNo.1美容液 5秒に1本売れているランコムNo.1美容液

5秒*1に1本売れている
ランコムNo.1美容液*2

ジェニフィック アドバンスト N(美容液)

初めての方へ

30mL
11,550円(税込)

ご購入はこちら

ご愛用の方へ

50mL
16,170円(税込)

ご購入はこちら
  • *12021年1月~2021年12月までの日本・フランスなど世界35か国における
    販売数に基づく
  • *22019年9月~2022年6月 国内美容液売り上げ本数に基づく。
    ランコム調べ。

正規品保証

日本専用フォーミュラ 日本専用フォーミュラ

日本専用フォーミュラ

みずみずしい
テクスチャーが
心地よく肌になじみます。

使用するタイミングは、「洗顔後すぐ」。

スキンケアステップを重ねる日本女性のために
開発された
「日本専用フォーミュラ」です。

ジェニフィックの使用タイミング ジェニフィックの使用タイミング
ジェニフィック ジェニフィック
  • *1 乾燥によるくすみの目立たない肌のこと。
  • *2 肌にうるおいを与え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌のこと。

ジェニフィックの原点、「美肌菌*」とは

ジェニフィックの原点、「美肌菌*」とは

知っていましたか?

1.「美肌菌*」は誰もが肌に生まれ持つ微生物群
(=マイクロバイオーム)のことで、そのバランスはDNAや
指紋のように一人ひとり異なる唯一無二のものです。

2.「美肌菌*」は肌のバリア機能を深くまで強化し、
回復を促す重要な役割を果たしています。

3.「美肌菌*」のバランスが崩れることで、今の肌トラブルや、
将来の肌悩みにもつながることもあります。

* 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)
* 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)
ジェニフィック ジェニフィック
  • *1 マンノース、α―グルカンオリゴサッカリド、ポリムニアソンチホリア根汁、ビフィズス菌培養溶解質、酵母エキス、乳酸桿菌(すべて整肌成分)
  • *2 角質層のこと。
  • *3 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)
  • *4 角質層まで
美肌菌の研究室 美肌菌の研究室

ランコム15年の美肌菌*研究

美肌菌*研究から明らかになった真実。
美肌菌*のスペシャリストが解説。

あなたのお肌の不調も、
実は美肌菌*バランスの崩れが原因かもしれません。

スキンケア博士 スキンケア博士
* 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)
肌にいるマイクロバイオーム

「美肌菌*とは?

肌にいる数十億もの微生物群(=マイクロバイオーム)のこと。
ランコムではそれを「美肌菌*」と呼んでいます。
美肌菌*の種類は1000以上あり、そのバランスは一人一人異なります。

日本ロレアル R&I基礎研究所センター スキンケア博士 まさにDNAや指紋のように、
一人一人違うのです。

健康的で美しい肌の鍵
「美肌菌*の役割

1.守る

外部刺激から
肌を守ります。
外部刺激から肌を守るイメージ画像

2.回復をサポート

肌のバリア機能の
強化・回復を促します。
肌のバリア機能の強化・回復するイメージ画像

3.整える

肌の異変に反応し、
健康的な肌をサポートします。
健康的な肌をサポートするイメージ画像
* 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)

美肌菌*とバリア機能の深い関係

バリア機能は、肌表面だけでなく、肌深くまで存在します。
ランコムは新たに、美肌菌*が4段階のバリア機能を強化することに着目しました。

美肌菌*は、4段階のバリア機能を肌深くまで強化

角質層・表皮・真皮
美肌菌*バリア機能
外的刺激から肌を守り、バリア機能をサポート
生化学バリア機能
外的要因から肌を守り、肌の健康的な状態を
保つ
物理的バリア機能
肌内部のうるおいを保ち、バリア機能の回復を
促す
深層のバリア機能
異物の侵入を感知、肌外部へ放出する
美肌菌のバランスのイメージ画像 美肌菌のバランスのイメージ画像

強さの秘訣は、
美肌菌*のバランス

美肌菌*は、肌を外的刺激から守り、バリア機能をサポートする重要な役割を果たしています。
バランスのとれた美肌菌*を持つことが、健康的で美しい肌への鍵なのです。

日本ロレアル R&I基礎研究所センター スキンケア博士 ダメージを受けにくくバリア機能
が整った肌のためには美肌菌*
バランスが大切です。

美肌菌*バランスが
変化する原因は…

しかし、美肌菌*は日常的な要因によってその量とバランスが変化します。美肌菌*バランスが崩れ、バリア機能が低下した肌では、トラブルが起こりやすくなっています。

日本ロレアル R&I基礎研究所センター スキンケア博士 洗顔や気候の変化も、美肌菌*の
量とバランスに影響を与えます。
日常的な要因 年齢・紫外線・食生活 日常的な要因 年齢・紫外線・食生活
* 皮膚常在菌叢(ランコムとしての定義)

使用方法

ポイント

  • 肌の調子が気になる時や特別の日のケアとしては4滴のご使用がお勧めです。
  • 7mL入りのお試しサイズのスポイトでは自動的に吸い上げられません。パール粒大を目安にご使用ください。

使用するタイミングは、「洗顔後すぐ」。

ジェニフィックの使用タイミング ジェニフィックの使用タイミング
レビューをもっと見る レビューをもっと見る
製品ラインナップ 製品ラインナップ

製品ラインナップ