シェードカーテン 知られざる人気の秘密!

お問い合わせ   ●お問い合わせの前に
TEL : 0120-86-9071
MAIL : kurenai_10@shop.rakuten.co.jp
営業時間10:00~18:00(定休日/日・祝日除く)

シェードカーテン 知られざる人気の秘密

シェードカーテン通販店

当店は、国内最大級の品揃えを誇るカーテン専門店ですので、もちろんシェードカーテンも販売しております。シェードカーテンをお求めの際は、くれないをご検討くださいませ。

信頼のシェードカーテンメーカー

カーテンくれないは、カーテンの総合メーカーですので、シェードカーテンも製造しており ます。1965年創業で、業界では老舗の部類に入り、モノづくりの品質にも自信を持っており ます。ぜひ、ご検討ください。

シェードカーテンとは

シェードカーテンが、一般的なカーテンと違うのは、ヒダがありません。
そして、開閉が一般的なカーテンが、左右なのに対し、シェードカーテンは上下に開閉します。
生地を選ばれる際でも、一般的なカーテンとほとんど同様の生地からお選びいただいて製作可能です。(※一部シェードでは、お取り扱いできない生地があります。)

ロールスクリーンとの違い

ロールスクリーンと良く誤解されることも多いです。シェードカーテンとロールスクリーンは、上下に開閉するという点は、同じなのですが、閉じた時の生地の仕舞われ方が違います。
シェードカーテンは、コードを操作するだけで、自然な形で生地を平行にたたみ上げて上下させる事ができ、ロールスクリーンは、チェーンもしくはプルコードなどを操作して生地を巻き上げる形で昇降できます。
生地の仕舞われ方に関して言えば、シェードカーテンは、たたまれる分、上部に場所をとってしまう事、たたみジワがついてしまうことがデメリットと言えます。
逆にメリットは、ロールスクリーンの場合、丸めるために少し硬い生地を使わないといけないのに対し、シェードカーテンの場合、生地をより自由にご選択頂けるため、高機能の生地を選べたり、好きな柄の生地を選べる事などがあります

シェードカーテンの価格・オススメ商品はどれ?

シェードカーテンの価格ですが、楽天にて調査してみました。検索窓で「シェードカーテン」と検索してみたのですが、日よけなどが多く室内用は、取り扱いが少ないようでした。
ですので、当店の価格を参考までのご紹介します。
価格は、サイズによって異なるのですが、人気ナンバー1の「プレンティシェード」が1枚6,150円(税別)~、艶のある上質な生地の「シルキーグロスシェード」1枚7,180円(税別)~、目隠し・UVカットレース生地の「プライバシーミラーレースシェード」が5,660円(税別)~、「ツインシェード」タイプが16,200円(税別)~で、ご予算に合わせてお選びいただけます。

シェードカーテンの見積もり

シェードカーテンの見積もりですが、これは生地の種類・サイズによって値段が変わってきます。例えば、当店の代表的商品の「プレンティシェード」のサービスサイズを目安としてご紹介しますと、幅45cm×丈135cmで6,150円(税別)、幅60cm×丈180cmで7,000円(税別)、幅90cm×丈200cmで8,020円(税別)、幅130cm×丈200cmで9,050円(税別)、幅180cm×丈200cmで10,080円(税別)となります。

シェードカーテンの注意点

シェードカーテンのオーダー前の注意事項

シェードカーテンはのオーダー方法ですが、窓枠の天井面につけるか、正面につけるかで注文するサイズが変わってきます。天井付けの場合、すっきりと納めることができます。
一方、正面付けの場合、窓枠をすっぱり覆うので、遮光性などを気にされる方にオススメの方法です。

サイズ採寸について

さて、サイズですが天井付けの場合、窓枠の「内側」を基準に考えます。窓枠の内側の幅・高さから1cm引いたサイズでご注文ください。そうすると設置した時に、キレイにすっきり納める事ができます。
正面付けの場合ですと、窓枠の「外側」を基準に考えます。幅に関しては、窓枠の外側の幅5cm~10cmプラスした長さで、高さはほぼ同じで大丈夫です。(お好みで少し長くしても問題ありません。)レール付けの場合の、注文サイズも正面付けと同様です。詳しくは、シェードの寸法の測り方ページをご覧ください。

シェードカーテンの取り付け方法

シェードカーテンの、取り付け方法ですが、これは各メーカーによって異なります。今回は、当店くれないで販売しているシェードカーテンについてご紹介します。
実際の取り付け方法ですが、3タイプあります。窓枠の内側・天井面に設置する方法(天井付け)、窓枠の正面に設置する方法(正面付け)、カーテンレールに設置する方法です。詳しくは、シェードの取付け方法ページをご覧ください。

シェードカーテンの取付け部品

くれないで販売しておりますシェードカーテンには、①天井壁面用ねじ、②カーテンレール用取り付けねじ、③プレート、④ブラケットの4つの部品が付属しています。ちなみに、取り付けに関しまして、プラスドライバー、脚立などは、お客様でご用意ください。

シェードカーテンの紐?

シェードカーテンの開閉する紐は、一般的には、操作コードと呼ばれます。当店の代表的な商品のプレンティシェードは、コード式を採用しており、操作が簡単です。
シェードを開ける際はコードを軽く下へ引っ張って頂き、シェードを折りたたむ際にはお好きな位置に上がるまでコードを下へ引っ張って頂き、お好きな位置までシェードが上がったらほんの少しコードを下に引っ張って頂いて止めて頂きます。
ちなみにコード式は、畳み方が美しいというメリットがあります。

シェードカーテンも機能がこんなにスゴイ!

シェードカーテンの遮光性

シェードカーテンも、ドレープカーテンと同様、遮光性を気にされるお客様も多いと思います。当店のプレンティシェード」は、遮光1級生地を使用しており、遮光率99.99%以上となっております

■シェードカーテンのレース

レースカーテンの生地で、シェードをつくる事もできます。例えば、当店のプライバシーミラーレースカーテンという生地があるのですが、こちらの生地でシェードをつくるメリットとして、①採光できて昼夜目隠しできる、②紫外線カット率約91%といったメリットがあります。
厚手生地とは違い、外の光を採光するというところは、決定的に違いますので、ライフスタイルに合わせてご検討くださいませ。