ブルガリ クロエ ロクシタン グッチ フェラガモ人気香水 ,コスメを激安で

香りのつけ方

  • 香水のつける場所

  • 香水をつける場所によって、その香り立ちが微妙に変わってきます。 TOPや目的に応じてつける場所や量を変えて使えたら香りを纏うのがさらに楽しくなるでしょう。
  • ◆耳の後ろ 濃度が高い香水やオードパルファムなどを指先に少量とり、軽く押さえるようにつけます。顔を近づけたときにドキっとするような新鮮な印象を与えます。
  • ◆うなじ 女性なら髪がかかるので直射日光を避けられます。濃度の高いものを少量だけつけるようにしましょう。ゆっくりと髪になじんで耳の後ろよりも優しく香ります。
  • ◆髪の先 敏感肌の人も安全な箇所。ロングヘアーの毛先に軽くつけておくと、髪がなびくたびに香りが広がります。
  • ◆胸(左胸) 心臓の上あたりが効果的。自分自身の鼻に直接香りが届く箇所なので、量は控えめにしましょう。心臓の鼓動の暖かさがそっと香りを立たせてくれます。ふとしたときに優しく香ります。
  • ◆ウエスト トワレやコロンをひとふきすると優しく香ります。食事のシーンなど香りに気をつける場所へ行くときはここより下につけましょう。体臭となじんで自然な優しい柔かい香りになります。
  • ◆手首の内側(脈のところ) 脈打つたびに香りが立ち、動きによって周囲に広がります。付け足しもここが効果的。意識的に香りをアピールしたい時につける場所。香水そのものの印象を強くアピールできます。
  • ◆ひじの内側 スプレータイプの軽い香りを両腕につけましょう。ただし、直射日光が当たる季節は要注意。腕時計やアクセサリーをつけているときは手首を避けてこちらにしましょう。
  • ◆指先 デートの時や友達に会う時に。手の動きに合わせてほのかに香ります。ハンカチに香りを含ませてそっと指先を包みましょう。(手を洗うと飛んでしまう香りがあるために本来のバランスが損なわれます。手を洗う度にハンカチで香りをつけましょう。少し上級な使い方です。)
  • ◆ももやひざの内側 静脈の上につけると効果的です。かすかに香るためジャマになりません。付け足しもしやすい場所です。自然に貴方の香りを印象付けられます。
  • ◆足首(アキレス腱) 歩くたびに適度な香りが立ちあがります。衣類を身につける前にトワレなどをひと吹きしましょう。
  • 上手な香りのつけ方

  • - 効果的な香りの使い方ポイント -
    香りは同じ香りでも人によって香り立ちが違ったり、つけ方で印象が変わってくるほどデリケートなものです。 香りを上手に」楽しむために、使い方のポイントを工夫しましょう。
  • ◆清潔な場所につけましょう 香水を直接肌につける場合、肌を清潔にしておくことが大切です。汗をかいている肌につけると、汗の匂いと香水の香りが混じって、せっかくの香りも台無しです。ですから肌を清潔にして、汗をかきやすいところをさける方が無難です。
  • ◆点と線と面 香水は点で、トワレは線で、コロンは面でつけると効果的と言われます。香水の濃度によって香りの持続時間が違います。ですから、香りのつけ方も特徴によって違ってきます。一番濃度の高い「香水」はポイント的につけましょう。1〜2滴を点の状態でつけます。「オードトワレ」は少し量を増やして線状に香りをひろげましょう。更に軽いコロンは手のひらにとってボディ全体に面の状態でつけましょう。
  • ◆アトマイザーを使用すると効果的です ボトルから直接つけるよりも、アトマイザーを使ってスプレーした方が、均一に広範囲につけることができます。しかし、肌が濡れた感じになるのはつけ過ぎです。20僂曚瀕イ靴謄轡絅辰塙瓩蠅量犬里覆に腕うぃくぐらせるような感じでつけると良いです。
  • ◆体温の高い部分につける 香りは温度の上昇によってにおいを放ちます。その性質を生かして手首、ひじ、ひざの内側、耳の後ろなど、比較的体温の高いところや、髪で隠れる部分につけると香り立ちがよくなります。香りは揮発性なので温められると立ちあがります。せっかくの香りをもっと楽しむためには、できるだけ体温の高い箇所や下半身、脈打つところにつけると立ち上がります。
  • ◆つけ始める時間 出かける20分くらい前につけると、香りに丸みが出ます。なぜならトップの香りはどうしてもシトラスやスパイシーの刺激的な香調であるためです。ミドルノートがその香水の最も表現される香調です。
  • ◆付け足す間隔 「香水」と「オードトワレ」では香りの持続時間が違います。「香水」でしたら6時間後、「オードトワレ」でしたら4時間後位経過したら付け足すと良いでしょう。