●毎日のお手入れ
・しっかりと厚みのあるハンガーを選んでかけましょう。
肩のラインを崩さないよう、しっかりとハンガーに合わせてかけます。
・布目の流れに沿って軽くブラッシングしておくとGoodです。
・風通しの良い場所で陰干しが好まれます。
・雨に濡れた場合はタオルで軽くたたくように水気を取り、自然乾燥が好まれます。
ドライヤーを使う場合は少し離して優しく風をあてましょう。

●アイロン
・あて布をして、中程度の温度でアイロンをかけます(シワになった時だけで大丈夫です)。
・アイロン台を上手く利用し、ラインが崩れないようにかけましょう。

●洗濯について
基本的に石油系の溶剤でドライクリーニングとなります。
水洗いはできませんので、家庭で洗濯するのではなく、クリーニング店に出すのがおすすめです。
頻度はワンシーズンに一度くらいで大丈夫です。

【洗濯表示】(必ずお手持ちの商品の洗濯表示をご確認下さい)

水洗いできません。
塩素系漂白剤による漂白はできません。
あて布をして、中程度の温度(140℃~160℃)でアイロンをかけられます。
ドライクリーニングができます。溶剤は石油系のものを使用します。

●長期の保管方法
・厚手のハンガーを使用し、直接日光が当たらない場所で保管します。
・目に見えない汚れも、思わぬカビや虫食いの原因ともなり得ます。
必ず長期の保管の前に一度洗濯しましょう。

●毎日のお手入れ
・脱いだらハンガーにかけて型崩れを防止しましょう。ハンガーはクリップ式のものがおすすめです。
・風通しの良い場所で陰干しが好まれます。
・雨に濡れた場合はタオルで軽くたたくように水気を取り、自然乾燥が好まれます。
ドライヤーを使う場合は少し離して風をあてましょう。

 

●アイロン
・あて布をして、小~中程度(お手持ちの商品の洗濯マークをご確認下さい)の温度で
アイロンをかけます(シワになった時だけで大丈夫です)。
・2、3本ずつプリーツを整えながら、裾からウエスト方向に向けてアイロンをかけます。

●洗濯について
基本的に石油系の溶剤でドライクリーニングとなります。
水洗いはできませんので、家庭で洗濯するのではなく、クリーニング店に出すのがおすすめです。
頻度はワンシーズンに一度くらいで大丈夫です。

マークがある商品は家庭でも洗濯が可能です。

30℃以下の水でゆっくり丁寧に押し洗いします。
洗剤を使用する際は中性おしゃれ着専用の洗剤を使用して下さい。
脱水の際も同様にゆっくり押しながら行って下さい。しぼっての脱水は生地を傷めたり、
シワの原因になりますので、お避け下さい。
洗濯機の使用は型崩れの原因になりますのでお控え下さい。

【洗濯表示】 (商品によって異なります。必ずお手持ちの商品の洗濯表示をご確認下さい)

水洗いできません。
水洗いできます。液温は30℃を限度とし、弱い手洗いが可能。中性洗剤が使用できます。
塩素系漂白剤による漂白はできません。
あて布をして、中程度の温度(140℃~160℃)でアイロンをかけられます。
あて布をして、低いの温度(80℃~120℃)でアイロンをかけられます。
ドライクリーニングができます。溶剤は石油系のものを使用します。
ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルエチレン、または石油系のものを使用します。

●長期の保管方法
・クリップ式ハンガーにつるし、直接日光が当たらない場所で保管します。
・目に見えない汚れも、思わぬカビや虫食いの原因ともなり得ます。
必ず長期の保管の前に一度洗濯しましょう。

―― 綿素材の場合

●毎日のお手入れ
・しっかりとたたんで、直節日光が当たらない乾燥した場所に収納しましょう。
その際、型崩れを防ぐためポケットの中のものは出して収納します。
・ハンガーにかけるのは伸びる原因となりますのでNGです。

●アイロン
・あて布をして、中程度の温度でアイロンをかけます(シワになった時だけで大丈夫です)。
・ジグザグではなく、一方向にすべらすようにかけるときれいな仕上がりになります。

●洗濯について
・汚れてきたら家庭でも洗濯が可能です。
30℃以下の水でゆっくり丁寧に押し洗いします。
脱水の際も同様にゆっくり押しながら行って下さい。
しぼっての脱水は生地を傷めたり、シワの原因になりますので、お避け下さい。
※洗濯機によっては「手洗いモード」があるものがございます。
もし洗濯機を利用する場合は必ずネットに入れて下さい。
ネットに入れる際はポケットの中の物を取り出し、
汚れの付着している部分が表にくるようにたたんで入れてあげるとより効果的です。
ご家庭の洗濯機の取扱説明書をご確認下さい。

・洗剤はおしゃれ着専用の洗剤がおすすめです。
・干す時はは形を整えてから平干しします(ハンガーに干すのは伸びる原因となります)。

【洗濯表示】 (必ずお手持ちの商品の洗濯表示をご確認下さい)

水洗いできます。液温は30℃を限度とし、弱い手洗いが可能。
塩素系漂白剤による漂白はできません。
あて布をして、低いの温度(80℃~120℃)でアイロンをかけられます。
ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルエチレン、または石油系のものを使用します。

●長期の保管方法
・たたんで、詰め込み過ぎず収納しましょう。
・乾燥剤や防虫剤も一緒に入れておくと安心です。
・目に見えない汚れも、思わぬカビや虫食いの原因ともなり得ます。
必ず長期の保管の前に一度洗濯しましょう。

―― ウール素材の場合

●毎日のお手入れ
・しっかりとたたんで、直節日光が当たらない乾燥した場所に収納しましょう。
その際、型崩れを防ぐためポケットの中のものは出して収納します。
・ハンガーにかけるのは伸びる原因となりますのでNGです。

●アイロン
・あて布をして、低い温度でアイロンをかけます(シワになった時だけで大丈夫です)。
・ジグザグではなく、一方向にすべらすようにかけるときれいな仕上がりになります。

●洗濯について
・汚れてきたら家庭でも洗濯が可能です。
30℃以下の水でゆっくり丁寧に押し洗いします。
洗剤を使用する際は中性おしゃれ着専用の洗剤を使用して下さい。
脱水の際も同様にゆっくり押しながら行って下さい。しぼっての脱水は生地を傷めたり、
シワの原因になりますので、お避け下さい。
※洗濯機によっては「手洗いモード」があるものがございます。
もし洗濯機を利用する場合は必ずネットに入れて下さい。
ネットに入れる際はポケットの中の物を取り出し、
汚れの付着している部分が表にくるようにたたんで入れてあげるとより効果的です。
ご家庭の洗濯機の取扱説明書をご確認下さい。

・干す時はは形を整えてから平干しします(ハンガーに干すのは伸びる原因となります)。

【洗濯表示】 (必ずお手持ちの商品の洗濯表示をご確認下さい)

水洗いできます。液温は30℃を限度とし、弱い手洗いが可能。中性洗剤が使用できます。
塩素系漂白剤による漂白はできません。
あて布をして、低いの温度(80℃~120℃)でアイロンをかけられます。
ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルエチレン、または石油系のものを使用します。

●長期の保管方法
・たたんで、詰め込み過ぎず収納しましょう。
・乾燥剤や防虫剤も一緒に入れておくと安心です。
・目に見えない汚れも、思わぬカビや虫食いの原因ともなり得ます。
必ず長期の保管の前に一度洗濯しましょう。

■シミや汚れへの対応策
天気の変化、食事など、シミや汚れがついてしまったら?
慌てずに、「たたく、つまむ、こすらない」。シミの種類によってシミ抜きの方法は変わります。
シミには冷静・すばやくの対応が有効とされています。

●油溶性の場合
(マヨネーズ、口紅、ファンデーション、クレヨンなど)
1:ベンジンを含ませたタオルなどで、たたくように汚れを落としていくのが有効とされています。
  シミのついた反対側からベンジンのついた歯ブラシや綿棒などでたたくのも有効とされています。
2:水を絞ったタオルで優しくたたきながら汚れを落とす。

●水溶性の場合 (ジュース、コーヒー、しょうゆ、アイス、ケチャップなど)
1:タオルなどを衣類の下にひき、水で固くしぼったタオルでたたくのが有効とされています。
  頑固な汚れの際は、薄めた中性洗剤をつけてたたくのが有効とされています。
2:もう一度しぼったタオルで使用した洗剤を落とします。

●不溶性の場合 (泥、血液など)
1:水や中性洗剤を含ませたタオルでたたくように落とすのが有効とされています。
2:頑固な汚れのときはクリーニング屋さんに相談することをおすすめします。